jazz

2014年に公開されたミュージカル映画は?

2014年は「アニー」「イントゥ・ザ・ウッズ」「ジャージー・ボーイズ」「ラスト5イヤーズ」「サンシャイン 歌声が響く街」と舞台版の映画化が多い年でした。

記事を書いているのは…

元劇団四季、テーマパークダンサー。社割で映画が1,000円で観られたときは毎週劇場へ行っていました。最近はネットで映画をたっぷり。

kazu

この記事は「2014年に公開されたミュージカル映画」の紹介です。

※3分ほどで読み終わる記事です。

「アニー」「ジャージー・ボーイズ」【2014年】ミュージカル映画まとめ

2014年に公開された作品はこちらです。

2014
「ANNIE アニー」(Annie)
「ブック・オブ・ライフ 〜マノロの数奇な冒険〜」(The Book of Life)
「ジェームス・ブラウン~最高の魂(ソウル)を持つ男~」(Get on Up)
「ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール」(God Help The Girl)
「ハッピー・ニュー・イヤー」(Happy New Year)
「イントゥ・ザ・ウッズ」(Into the Woods)
「ジャージー・ボーイズ」(Jersey Boys)
「ラスト5イヤーズ」(The Last Five Years)
「オズ めざせ!エメラルドの国へ」(Legends of Oz: Dorothy’s Return)
「ザ・マペッツ2/ワールド・ツアー」(Muppets Most Wanted)
「マイリトルポニー・ガールズ: 虹の冒険」(My Little Pony: Equestria Girls – Rainbow Rocks)
「ブルー2 トロピカル・アドベンチャー」(Rio 2)
「絶叫のオペラ座へようこそ」(Stage Fright)
「サンシャイン 歌声が響く街」(Sunshine on Leith)
「踊るアイラブユー♪」(Walking on Sunshine)
Bang Bang Baby
Barbie and the Secret Door (animated)
Make a Move

ここから日本で公開された作品を紹介していきます。(本国での公開年となっています。)

「ANNIE アニー」(Annie)

出演: ジェイミー・フォックス、クヮヴェンジャネ・ウォレス、ローズ・バーン、ボビー・カナヴェイル、キャメロン・ディアス
監督:ウィル・グラック

日本でも毎年上演されているミュージカル「アニー」舞台版。赤毛のカーリーヘアがトレードマークですが、今回は黒人版になっています。さらに設定は現代です。ニューヨークの街で実際にロケをしているので、舞台版よりも奥行きがあります。

孤児院で生活しているアニーが大金持ちのスタックスに助けられることで人生が変わりはじめる…。

予告編

「ブック・オブ・ライフ 〜マノロの数奇な冒険〜」(The Book of Life)

出演:ディエゴ・ルナ、ゾーイ・サルダナ、チャニング・テイタム、クリスティナ・アップルゲイト
監督:ホルヘ・グティエレス

メキシコ人の持つ死生観、死後の世界観をメキシコ的サウンドで描くストーリー。ディズニー・アニメ「リメンバー・ミー」と同じテーマのため、埋もれがちですが素晴らしい作品です。

理想の自分の姿をどう目指すかという若者たちの苦悩が描かれます。そして死にしっかりと向き合う作品です。

予告編

Mumford & Sons の「I Will Wait」のカバーも登場し、スペインサウンドになっていて作品にマッチしています。

「ジェームス・ブラウン~最高の魂(ソウル)を持つ男~」(Get on Up)

出演:チャドウィック・ボーズマン、ネルサン・エリス、ダン・エイクロイド
監督:テイト・テイラー

ファンクの帝王と呼ばれたソウル・シンガーのジェームス・ブラウン。波乱万丈の人生を描いた伝記映画です。

主演のチャドウィック・ボーズマンはマーベルの「ブラックパンサー」で有名です。2020年ガンにより他界しています。

予告編

チャドウィック・ボーズマンの歌い方がジェームス・ブラウンそのものです。

「ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール」(God Help The Girl)

出演:エミリー・ブラウニング、オリー・アレクサンダー、ハンナ・マリー
監督:スチュアート・マードック

ロックバンド「ベル・アンド・セバスチャン」のスチュアート・マードックが2009年にリリースしたソロアルバムが原作。スチュアート・マードックが脚本と監督です。

入院中のイヴが病院を抜け出しライヴハウスへ行く。それをきっかけにジェームズとキャシーの3人で一緒に音楽をつくりはじめる。ファッションがとてもスタイリッシュで話題になりました。

予告編

とてもキュートな音楽・映像です。

「ハッピー・ニュー・イヤー」(Happy New Year)

出演:シャー・ルク・カーン、ディーピカー・パードゥコーン、アビシェーク・バッチャン
監督:ファラー・カーン

とてもハッピーになれるインド映画です。3時間を超える大作です。いまはネットフリックスでみることができます。

ダイヤモンド強奪のためにドバイへ。世界ダンス大会にまぎれるために、イケてない男達を集めて挑戦する。

『India Waale』

『India Waale』。大人数で踊る迫力のあるナンバーです。

「イントゥ・ザ・ウッズ」(Into the Woods)

出演:メリル・ストリープ、エミリー・ブラント、アナ・ケンドリック、クリス・パイン、ジョニー・デップ
監督:ロブ・マーシャル

スティーブン・ソンドハイムによるブロードウェイ・ミュージカル舞台版の映画化。シンデレラ、赤ずきん、ジャックと豆の木、ラプンツェルなどの童話の登場人物たちが登場するおもしろい作品です。

予告編

これぞミュージカル、というようなセリフが歌に乗り移ったようなナンバーが多いです。

「ジャージー・ボーイズ」(Jersey Boys)

出演:ジョン・ロイド・ヤング、エリック・バーゲン、マイケル・ロメンダ、ヴィンセント・ピアッツァ、クリストファー・ウォーケン
監督:クリント・イーストウッド

2004年から2017年まで4642回上演されたブロードウェイ・ミュージカルの映画化です。ブロードウェイ・ミュージカルは地方からの観光コースに選ばれたりと、年配の客に人気があった作品です。

1960年代に活躍した「フォー・シーズンズ」の伝記映画で、メインボーカルのフランキー・ヴァリに焦点があたっています。イタリア系である彼らとマフィアの関係も描かれます。

予告編

フランキー・ヴァリを演じるジョン・ロイド・ヤングは、ブロードウェイ版でも同役を演じています。そのときトニー賞の主演男優賞も受賞しています。

「ラスト5イヤーズ」(The Last Five Years)

出演:アナ・ケンドリック、ジェレミー・ジョーダン
監督:リチャード・ラグラヴェネーズ

ジェイソン・ロバート・ブラウンが作詞・作曲・台本をつとめたオフ・ブロードウェイの舞台版の映画化です。

女優の卵キャシーと、小説家ジェイミーの出会いから別れの5年間の物語です。2人の時間軸にズレがあり、ジェイミーは出会いから別れに向かい、キャシーは別れから出会いに向かっていきます。大掛かりなミュージカル映画ではなく、ふたりの心に焦点があたっています。

予告編

ミュージカル作品にひっぱりだこのアナ・ケンドリックとジェレミー・ジョーダンです。

「オズ めざせ!エメラルドの国へ」(Legends of Oz: Dorothy’s Return)

出演:リア・ミシェル(坂本真綾)、メーガン・ヒルティ(沢城みゆき)、ダン・エイクロイド(三木眞一郎)、オリバー・プラット(茶風林)
監督:ダニエル・サンピエール、ウィル・フィン

「オズの魔法使い」のその後の冒険を描いたファンタジー・ミュージカル・アニメ。

ロック・ミュージシャンのブライアン・アダムスが音楽を担当しているのも見どころです。

予告編

ミュージカル・ドラマ「glee」の主演であるリア・ミシェルが主演、日本語吹替版も「glee」同様、坂本真綾さんが演じています。

「ザ・マペッツ2/ワールド・ツアー」(Muppets Most Wanted)

出演:リッキー・ジャーヴェイス、タイ・バーレル、ティナ・フェイ
監督:ジェームズ・ボビン

2011年に公開された「ザ・マペッツ」の第2段です。1からキャストが一新されました。カーミットをはじめとするマペッツが大活躍するミュージカル・コメディです。

前作のファイナルシーン直後から映画ははじまります。ヨーロッパツアーに出るマペッツたち。イギリス王室の宝を盗むために利用されてしまうマペッツ。そしてカーミットにそっくりな極悪人も登場します。

ゲストがとにかく豪華です。トニー・ベネット、ヒュー・ボネヴィル、トム・ホランダー、ジェマイン・クレメント、ショーン・コムズ(P・ディディ)、ロブ・コードリー、マッケンジー・クルック、トビー・ジョーンズ、セリーヌ・ディオン、レディー・ガガ、ザック・ガリフィアナキス、ジョシュ・グローバン、サルマ・ハエック、トム・ヒドルストン、フランク・ランジェラ、レイ・リオッタ、ロス・リンチ、ジェームズ・マカヴォイ、クロエ・グレース・モレッツ、ホーンズワグル、ミランダ・リチャードソン、シアーシャ・ローナン、ティル・シュヴァイガー、ラッセル・トーヴィー、ダニー・トレホ、スタンリー・トゥッチ、アッシャー、クリストフ・ヴァルツなどなど。

予告編

続編は微妙なことが多いけど、みんなでやれば素晴らしくなる、という皮肉のきいたオープニングナンバーからワクワクがある作品です。

「マイリトルポニー・ガールズ: 虹の冒険」(My Little Pony: Equestria Girls – Rainbow Rocks)

出演:タラ・ストロング(沢城みゆき)
監督:

擬人化マイリトルポニー映画の第2段です。音楽バトルがテーマです。

Welcome to the Show

音楽が子供向けだからと侮れないです。

「ブルー2 トロピカル・アドベンチャー」(Rio 2)

出演:ジェシー・アイゼンバーグ(山口勝平)、アン・ハサウェイ(恒松あゆみ)、ブルーノ・マーズ(勝杏里)
監督:カルロス・サルダーニャ

「ブルー 初めての空へ」の続編です。主人公のブルー家族が仲間を求めてアマゾンへ向かう珍道中の物語。アメリカ版は俳優陣が豪華です。1961年に公開された「ウエスト・サイド・ストーリー」でマリアを演じたリタ・モレノも参加しています。

また、カラフルな映像も健在で、引き込まれます。

予告編

アニメでありながらダンスシーンがスゴいです。

「絶叫のオペラ座へようこそ」(Stage Fright)

出演:ミニー・ドライヴァー、ミートローフ、アリー・マクドナルド
監督:ジェローム・サブル

ミュージカルホラー。呪われた舞台に出演する主人公の周りで、どんどん人が殺されていく…。

怖いシーンでも笑えます。これは珍作です。

予告編

オープニングから駄作の予感…。

「サンシャイン 歌声が響く街」(Sunshine on Leith)

出演:ピーター・ミュラン、ジェーン・ホロックス
監督:デクスター・フレッチャー

イギリスで2007年に上演されたミュージカルを映画化。スコットランドの人気バンド「プロクレイマーズ」のアルバム「Sunshine on Leith」を使ったミュージカル映画です。

スコットランドのリースで、結婚25周年をお祝いする夫婦。しかし次々と家族のトラブルが発覚しバラバラになってしまう…。

予告編

予告編の最後に流れている「500Miles」というナンバーがオススメです。イギリス人なら誰でも知っている曲で、パブで流れたら大合奏がはじまるといわれている曲です。すごいパワーを感じられるシーンになっています。

「踊るアイラブユー♪」(Walking on Sunshine)

出演:アナベル・スコーリー、ハンナ・アータートン、ジュリオ・ベルーチ、グレッグ・ワイズ、レオナ・ルイス
監督:マックス・ギーワ

80年代ポップスがふんだんに使われたドタバタ恋愛ミュージカル。ハッピーになれるミュージカルです。

予告編

歌手のレオナ・ルイスも登場しています。

kazu

今回は「2014年に公開したミュージカル映画」のご紹介でした。 ぜひぜひチェックしてみてください。
ありがとうございました。