jazz

英語の勉強にトラウマはありますか?
誰かにバカにされた事はありますか?
学校教育の問題点は?

日本はイイ英語教材であふれています。ですが、勉強がうまくいってない人も多いです。なぜなのかと考えると、英語の勉強でトラウマを感じている人が多いように思っています。

この記事を書いているのは…

アメリカのダンス学部に行くためTOEFL80点を取得。帰国後は大学生向けの英語学校でTOIECや留学向けの指導をしていました。日常会話を重視していましたが、ビジネス英語も勉強しTOEIC905点をゲット。

kazu

今回は、「AK-Englishさんの英語に自信をつけるための動画と、日本の学校教育の問題点と解決策」をご紹介します。

※3分ほどで読み終わる記事です。

英語のトラウマ

英語に苦手意識を持ってしまうと、その状態を抜け出すのはなかなか難しいと思います。大学生に英語を教えていたときに感じたのは、学生時代のトラウマを抱えている人が意外に多いということです。

人前で英語を話すことを極端に嫌がる生徒がけっこういました。グループレッスンでは変なことがよく起こります。

先生である僕と1対1で話すときはまったく問題がないのに、同年代とのグループレッスンになると一気に口が重くなる…。発音のうまい生徒が、わざと日本語っぽい発音にしているということもありました。瞬時に周りのレベルを読み取り、そのレベルに合わせて発音を変えていたり…。

kazu

ですがこの気持ち、僕も理解できます。

同じことを考えているのがyoutuberの「AK-English」さんです。

英語に自信がない理由

まずはこちらの動画をどうぞ。

この動画に共感する方は多いんじゃないでしょうか。とても素敵で、僕も定期的に見ます。

小さいことは気にしなくていいんだけどそうもいかない

この動画は本当に心理をついているんですが、そうもいかないのが現実です。「バカにする人は無視すべき」です。わかってるんです。ですが。ですが。周りの目を気にせず、積極的に授業に参加し続けるのはパワーが必要です。

本来なら英語の勉強に100%力を入れるべきですが、周りの目に力が取られる状況…。こうした点もあり、ぼくは中学・高校・大学では、よほど環境がよくない限り英語を習得するのは難しいと思います。

問題点

学校で英語の勉強をするのはすごく難しいです。それには2つ問題があると思っています。

2つの問題点

・モチベーションがバラバラ
・英語力がバラバラ

まず、英語を話したい人がどれくらいいるか、という問題があります。モチベーションがバラバラな場合、モチベーションの低い人に空気を引っぱられてしまうことがよくあります。やる気のない人と一緒に勉強するのは大変です。

もうひとつ問題は、初級者と上級者が混じってしまっている点です。とくに会話のレベルがバラバラだと、授業がうまく機能しづらいです。英語を話すには、たくさん英語を話す必要があります。ですがスピーキングの授業でレベルがバラバラどと話す環境が整っているとは言えません。

逆にいうと、この2点が解消されている学校では、「話す英語」を習得できると思います。

ひとつの解決策

ここからは「話す英語」を身につける方法を考えたいと思います。僕自身、中学・高校では話す英語を身につけるのは難しかったです。解決策を見つけたのは大学時代でした。

jazz

僕の場合、大学でリーディングとリスニング、仕事場でスピーキングを鍛えて英語を習得しました。

大学ではTOEFLのリーディングとリスニングを中心に基礎力の勉強をしていました。そして、大学に行きながらプロのダンサーとしてテーマパークで働いていました。ダンサーの現場では外国人と一緒に仕事をしていました。外国人の友だちができたおかげでコミュニケーションをとることができ、結果的にスピーキングの勉強になっていました。

詳しくはこちらの記事をどうぞ。

その結果、1年間で信じられないくらい英語力が上がり、ニューヨークひとり旅に行っても何も問題ないくらいのレベルになりました。

話すための英語上達法

基礎である英文法を中心にリーディングとリスニングの勉強を行い、ある程度身についたらスピーキングとライティングの勉強に移行するのがオススメです。

基礎と実践を同時に

基礎・・・リーディング・リスニング(授業、アプリ、本など)
実践・・・スピーキング・ライティング(オンライン会話など)

「話すための英語」に関する勉強法はこちらでまとめています。

kazu

以上「日本の学校教育の問題点と解決策」でした。
どうもありがとうございました。