jazz

アシュタンガヨガ(八支則はっしそく)とは?
アーサナ、プラーナヤーマって何?
実際のレッスンでおこなうヨガ?

多くのヨガのレッスンは「アシュタンガヨガ」をもとにしています。アシュタンガヨガには、8つのステップがあります。ただし日本のレッスンでは、3番目と4番目のみ行うことが多いです。

3番目がポーズをとる「アーサナ」。4番目が呼吸法である「プラーナヤーマ」です。

記事を書いているのは…

元劇団四季、テーマパークダンサー。ニューヨーク留学中にヨガにハマる。ヨガ歴15年以上でRYT200に挑戦中です。

kazu

今回は「アシュタンガヨガ(八支則)のアーサナ(ASANA)プラーナヤーマ(PRANAYAMA)」についての紹介です。

※3分ほどで読み終わる記事です。

アシュタンガヨガ(八支則)の③アーサナ④プラーナヤーマとは?

八支則はっしそく(アシュタンガヨガ)

ヨガの考えは科学的かそうでないかといわれると微妙なところですが、知っておくのもいいことだと思います。知ってから、肯定、否定どちらかの立場をとるといいと思います。ちなみに僕はあいまいな立場です。信じるものもあれば、そうでないものもあります。

聖人パタンジャリはヨーガ・スートラに基づき、八支則(アシュタンガヨガ)という「悟りに至るための方法」を提唱しています。

八支則(アシュタンガヨガ)では人生において「どのように生きるべきか」「どのように振る舞うべきか」「どのように反応するべきか」が具体的に示されています。八支則(アシュタンガヨガ)の概念を知っているのと知っていないのとではヨガの取り組み方が変わります。

八支則(アシュタンガヨガ)

①ヤマ(YAMA):自己規律
②ニヤマ(NIYAMA):考え方
③アーサナ(ASANA):ポーズ
④プラーナヤーマ(PRANAYAMA):呼吸
⑤プラティヤハーラ(PRATYAHARA):感情のコントロール
⑥ダラーナ(DHARANA):集中
⑦ディヤーナ(DHYANA):瞑想
⑧サマーディ(SAMADHI):解脱・悟り

①「ヤマ」②「ニヤマ」は、日々の生活に対する心得です。マットの上でエクササイズするヨガは、③「アーサナ」④「プラーナヤーマ」。集中力を高める、⑤「プラティヤハーラ」⑥「ダーラナ」。そして最終段階として瞑想である、⑦「ディアーナ」⑧「サマーディ」があります。

内面に焦点を当てた4種類(⑤~⑧)がなかなか難しいとされています。

習得の過程

概念⇒ルール⇒練習

概念を理解し、ルールを知る。そして練習していく。感覚だけでは理解しづらい部分も多いので、頭で理解し意識的に考えて練習していきます。自分自身を苦しめるほど厳しくおこなう必要はありません。どれだけ実践するかも自分で判断していきましょう。

③アーサナ(ASANA)

アーサナはヨガのポーズのことです。多くの人がイメージするであろうヨガは、このアーサナです。

アーサナでは、柔軟性の高いポーズを取ることが最大の目的ではありません。ポーズを取ることで日々の身体の変化を感じることができます。心と身体が安定し、快適な状態でなければアーサナはうまくいきません。頭の中がごちゃごちゃしているとポーズがうまくいかないことも多いです。ポーズがいつもよりもうまくとれない場合は心が安定していない証拠ともいえます。

そして柔軟性や筋力がついてくるとポーズが洗練されていきます。ポーズから自分の成長を感じることもできます。

また、身体が不調だったり痛みがある場合は注意が必要です。身体に無理を強いると、健康になるためのアーサナが逆にダメージになってしまうことがあります。ポーズは快適であることが重要です。無理をすることと負荷をかけることは違います。しっかりと身体の調子を見ながら細かい動きにこだわっていきましょう。

④プラーナヤーマ(PRANAYAMA)

呼吸で心の動きをコントロールしていきます。「プラーナ」はエネルギー、「アヤーマ」はコントロールするという意味があります。

呼吸は人体のエネルギーとなります。呼吸のエネルギー産出には、ミトコンドリアが大活躍します。ミトコンドリアは、ひとつの細胞に数百個から数千個存在します。このミトコンドリアのエネルギー源が、酸素です。酸素を使い体内に入った栄養物を燃やすことにより、細胞が生きるために必要なほぼ全てのエネルギーを生み出しています。エネルギー生成という重要な役割は、すべてミトコンドリアが負っています。

ミトコンドリアはエネルギーを作る時、ゴミを出してしまいます。これは火力発電で電気をつくる過程と同じです。火力発電では天然ガスを燃やし電気エネルギーを作ります。ミトコンドリアにおける不要物は二酸化炭素などです。ただし、二酸化炭素は自然と口から放出されていきます。

エネルギーを呼吸で取り入れ、不要物を呼吸で吐き出しています。正しく呼吸をするとエネルギー効率が高くなります。とはいえ正しい呼吸は難しいです。呼吸は無意識でおこなっていることがほとんどですが、間違った呼吸をしている場合、修正する必要があります。

呼吸法

基本の呼吸は、鼻でしっかり吐いて、しっかり吸います。このために横隔膜をしっかり使います。

ゆったりとした呼吸は心を落ち着ける効果があります。よく「怒ったら10秒数えて」というのは理にかなっています。深い呼吸は自分自身をゆったり落ち着かせる効果が期待できます。

ちなみにヨガのレッスンでは、瞑想をおこなうこともあります。瞑想で呼吸に注目するのはとてもいいことです。呼吸をしていると自分の呼吸音が聞こえると思います。身体から発せられるノイズキャンセリング機能のようなものです。呼吸音に集中していくと瞑想状態に入りやすい人が多いです。

また、ヨガでは「カパラバティ(火の呼吸)」「肩鼻呼吸」など呼吸の方法がいくつもあります。それだけ呼吸が大事に扱われています。

呼吸の注意事項は空腹の状態でおこなうことです。食事をとった場合、だいたい食後2時間~3時間は空けるほうがいいと思います。

「カパラバティ(火の呼吸)」

カパラは「頭」、バティは「浄化」という意味です。息を吸ってから、少しずつ細く息を吐いていく呼吸法です。内臓に刺激を与え、血の巡りをよくすることで頭がスッキリする呼吸法です。

「片鼻呼吸(ナディショーダナ)」

片方の鼻で呼吸することで鼻腔周辺の血流がアップし、自律神経が整うといわれています。

以上、アーサナ、プラーマヤーナの紹介でした。

オススメの本

ヨガのポーズだけでなく哲学や食事など幅広い内容がつまっています。

3,500円ほどで、この1冊あれば大満足という内容です。

ヨガにハマる

SOELUのオンラインレッスンです。1ヶ月3,000円ほど。ヨガだけでなくピラティス、筋トレなどなどのプログラムが無限にありコスパがイイです。

資格を取る

ヨガのポーズ、筋肉の構造、哲学を中心に、日々の生活、スポーツにも応用できる知識が学べます。

kazu

今回は「八支則(アシュタンガヨガ)のアーサナ(ASANA)プラーナヤーマ(PRANAYAMA)」についてご紹介しました。
どうもありがとうございました。

ヨガに関してはさらにこちらでまとめています。

上達のためのトレーニング情報をぜひご覧ください。