jazz

「ビッグ・リトル・ライズ」のあらすじは?
映画サイトでの評価は?
印象に残ったシーンは?

なかなかの問題作です…。

エミー賞で話題になっていて、俳優陣がとても豪華なのですごく気になっていました。HBOが制作しているドラマということもあり、放送コードに縛られない大胆で過激な描写と重厚な脚本が特徴です。

リース・ウィザースプーンの出演作品なので期待大です。

記事を書いているのは…

元劇団四季、テーマパークダンサー。年間100公演ほど舞台を観に行ったことのある劇場フリーク。社割で映画が1,000円で観られたときは毎週劇場へ行っていました。最近はネットで映画をたっぷり。

Amazon Prime 30日間無料トライアル

kazu

この記事は「ビッグ・リトル・ライズ」のあらすじと感想、映画サイトの評価です。

※3分ほどで読み終わる記事です。

頭脳派女優リース・ウィザースプーン

「ビッグ・リトル・ライズ」では家庭内の様々な問題が描かれています。

リース・ウィザースプーンとニコール・キッドマンのアカデミー賞女優たちが主演だけでなく製作総指揮をつとめています。

2018年のゴールデングローブ賞をとった時のスピーチ映像です。とくに2018年は女性全員が黒いスタイルで参加したことが話題となりました。リース・ウィザースプーンの受賞コメントがピカイチなので紹介します。


Big Little Lies Wins Best Limited Series at the 2018 Golden Globes

リース・ウィザースプーンのスピーチを意訳してみます。

意訳

「生活しているだけで難しい問題が起こります。この作品では、他者からわからないプライベートな秘密を描き出しています。私は間違っていること(虐待やハラスメント)を声に出しはじめた人たちを讃えます。本当に勇気がいることです。虐待やハラスメントをあつかう作品がもっと出てほしいと思っています。虐待、差別、ハラスメントを受けている人々で何も声を上げられないことはもちろんあると思います。ですが、声を上げるときが来ました。私たちが全力でサポートします。」

2018年は、ハーヴェイ・ワインスタインによるセクハラ騒動で女性たちが黒いスタイルにドレスアップし大きな話題となりました。黒いドレスは抗議の意を表しています。

「セクハラや性的虐待をないものにするのは終わり」という「#MeToo」運動と、このスピーチが完全にリンクしていて、本当に頭のイイ女性だと感じる動画です。

リース・ウィザースプーンはスピーチがうまいし、声もよく通るし、発音もすごくきれないので、英語を第2言語としている人にもメッセージがダイレクトに伝わります。

「ビッグ・リトル・ライズ」のあらすじ

カリフォルニア州モントレーの高級住宅街。立ち並ぶ豪邸、ビジネスで成功する人々、そして可愛い子どもたち、すべてが完璧に見えるセレブライフ。

そんなある日、子どもたちの通う小学校で謎の事件が起こる。子どもたちのささいなトラブルをきっかけに親たちのトラブルに発展してしまう。嘘、ウワサ、嫉妬がトラブルをどんどん深めていってしまう。

そこであぶり出される偽りにあふれたママたちの裏の顔。

子育て、不倫、DV、離婚など、夫婦間における女性の悩み。加害者になることもあれば被害者になることもある。

こどもたちのトラブルを解決できるのか。ママたちのトラブルを解決できるのか…。

1話50分で、7話というのもとても観やすいです。7話で一定の答えがでるのも納得感があります。

評価は高い?低い?

ビッグ・リトル・ライズ(シーズン1)の評価

「Filmarks」より

高評価とともに、良いコメントが多くあります。特に女性からの評価が高いです。

キャスト

製作総指揮・脚本:デヴィッド・E・ケリー

監督:ジャン=マルク・ヴァレ、アンドレア・アーノルド

役名:役者(吹替版)

マデリン・マーサ・マッケンジー:リース・ウィザースプーン(小島幸子)
セレステ・ライト:ニコール・キッドマン(田中敦子)
ジェーン・チャップマン:シャイリーン・ウッドリー(寿美菜子)
レナータ・クライン:ローラ・ダーン(塩田朋子)
ボニー・カールソン:ゾーイ・クラヴィッツ(鷄冠井美智子)
ペリー・ライト:アレクサンダー・スカルスガルド(桐本拓哉)
エド・マッケンジー:アダム・スコット(加瀬康之)

製作総指揮・脚本のデヴィッド・E・ケリーがさすがだな…、と。ちなみにデヴィッド・E・ケリーはミシェル・ファイファーと結婚しています。個人的にデヴィッド・E・ケリーが製作総指揮をつとめた「アリー my Love」というドラマが好きでした。

役にハマりまくり

俳優陣がすごいハマってます。リース・ウィザースプーンのどすこい母ちゃんっぷりが楽しく、ニコール・キッドマンのそこはなかとなく漂う暗さ、シャイリーン・ウッドリーの純粋な感じがすごくマッチしています。

僕は留学前、「アメリカ人は意見をはっきり言って、自分の思うままに生きている!」という恐ろしい誤解をしていました。

アメリカ人は日本人と同じようにしっかり空気を読むし、理不尽なことに歯を食いしばっている人、気の小さい人もたくさんいました。日々の生活の悩みは経済状況が似ていればどの国でも大きな違いはないんだと思います。

「ビッグ・リトル・ライズ」ではいろいろな問題が出てきますが、結局のところ当事者にならないとどう反応するかわからない。不倫、家庭内暴力、ご近所トラブルに対しダメだとわかっていても、どう反応するかなんてその状況にならないとわからないものです。人物同士のかかわり方がとても人間的で、そしておろかです。

見ていて腹立たしくなることもあります。それだけ登場人物のキャラクターが丁寧に描写されているので、リアリティがあります。

シーズン1である程度の結論が出ますが、続編(シーズン2)も制作されています。大御所メリル・ストリープが新たに登場しています。

リース・ウィザースプーン

リース・ウィザースプーンは出演する作品選びに長けている印象です。

当たり役も多く、豪華なキャストに囲まれている作品も多い。そんな中でも主演も張れるのがリース・ウィザースプーンだと思います。好きな作品を少しご紹介。

「クルーエル・インテンションズ」

18世紀のフランスの小説「危険な関係」の現代版ですごくスタイリッシュな作品。今は離婚してしまいましたが前夫のライアン・フィリップと共演。

「カラー・オブ・ハート」

何もかもが完璧に思える50年代の白黒テレビドラマの世界に主人公の兄妹ふたりが入り込みます。多様性を描いているとても素敵な作品です。脚本がとにかくいいです。

「メラニーは行く!」

能天気なラブコメの女王街道をまっしぐらにひた走っていた時の作品です。この後、路線がどんどん変わっていきます。でも能天気なリース・ウィザースプーンはやっぱりいいんですよね。(笑)

そういえば、海外ドラマの「フレンズ」ではレイチェルの妹役でも存在感を放っていました。

Amazon Prime 30日間無料トライアル

「ビッグ・リトル・ライズ」は現代の問題をすごく掘り下げている作品です。挿入されている曲にも実は意味があるみたいです。

注意事項としてはニコール・キッドマンが脱いでいたり、お色気シーンがあるので、家族でみるのはあまりおススメしません…。

kazu

今回は「ビッグ・リトル・ライズ」のご紹介でした。 ぜひぜひチェックしてみてください。
ありがとうございました。