jazz

東京文化会館はどんな会場?
初心者でも楽しめる?
どこがおススメの席?

バレエの劇場として頻繁に使われるのが上野駅からすぐの「東京文化会館」です。会場も広く、バレエやオペラの公演でよく使用されています。

チケットを取るときに重要なのが、「どの席を選ぶか」です。

記事を書いているのは…

元劇団四季、テーマパークダンサー。舞台、特にバレエを観に行くのが大好きで、年間100公演観に行った記録があります。

kazu

今回は「東京文化会館でお得にいい席はどこか」というテーマです。

※3分ほどで読み終わる記事です。

東京文化会館でバレエを見るときの攻略法

バレエ公演といえば東京文化会館

東京文化会館はバレエの会場として一番使用されている劇場です。特に海外のバレエ団の公演がよくおこなわれる会場で、2300席もある大きな劇場です。

めがね

これだけ席があると、見づらい席があります。

東京文化会館の座席表

東京文化会館ホームページより

全体的に舞台が見やすい会場です。

2階~5階に大きな特徴があります。舞台に対してななめのサイド席があります。身体を若干ななめにしながら見る席です。2階のサイド席と2階正面席には高さに差があります。2階サイド席は1.5階、2階正面、3階サイド席(2.5階)、3階正面席、・・・、という構造になっています。

おススメの席は?

1階席はおススメです。前方だとダンサーの表情がしっかり見えます。後方は舞台全体を見渡すことができる席です。ただ1階席はそれなりに高額なので、今回はお得かつ、舞台の見えやすい席をご紹介します。

ということで2階席~の見やすい席をご紹介します。おススメは赤い線で印をしてあります。2階席の正面は1階席正面と値段が変わらないのでご注意ください。

東京文化会館の2階3階4階のオススメ席

舞台と意外に近いサイド席

サイド席は舞台とかなり近いので出演者の顔もしっかり見えます。特に2階はかなり近いです。さらに、L側の1桁台と、R側の30番台の席になるほど出演者に近くなります。

ただし、舞台に近くなりすぎるとかなり斜めから見ることになります。「見切れ」といって、舞台の一部がまったく見えなくなります。そしてかなり斜めのため、舞台袖の中まで見えてしまいます。舞台袖に下がった後のダラーっとした出演者が見えたりすると冷めてしまうことも…。(笑)

ダンサーの顔はバッチリ見えますが舞台に集中できなくなることも多いので、舞台に近すぎる席はあまりおススメできません。

逆に、正面席に近くなるほど、舞台からは遠くなりますが、全体をしっかり観ることができます。そのため、全体を観たいか、近くで見たいかをハッキリさせるといいと思います。

2階席以上のおススメは1列目

1列目はとにかく見やすいです。

2列目以降をおススメできない理由は、前に座っている人が邪魔になってしまうからです。もし前の席の人がちょこちょこ動く人だと頭の動きがかなり気になります。東京文化会館では前の人が身を乗り出していると、視界が遮られてしまいます。

めがね

3階サイド席は特に頭が気になるので気をつけてください。4階サイド席は前の列との段差が高くなっているので、多少気になる程度です。

3階、4階サイド席の一番後ろの列だと、たまに立って観ている人もいます。これは合理的だな、と思います。立ってしまえば前の人の頭は気になりません。ただ、周りの方の迷惑にならないよう注意してください。

5階席はかなり遠くなってしまうので、ダンサーが豆粒になるのであまりおススメしません。とはいえ1番お得な席です。

正面から見るなら

僕は5階正面で観たことがないのでわからないですが、2階席正面はかなり見やすいです。そのため2階席の料金は高いです。

kazu

3階・4階もとてもみやすく、料金も多少お得です。サイド席と違い、身体を正面に向けたまま見られるためストレスが少ないです。

サイド席はやはり、斜めからみる形になるので身体が疲れてしまいます。それに比べ正面席はその心配がありません。また、見切れ部分も全くなく、上から見下ろす形になるので、群舞の踊りも楽しめます。

1列目がおススメですが、サイド席に比べて後ろの列でもそこまで前の人の頭は気にならないと思います。

満席じゃない場合は・・・

どの公演でも1階席は埋まっていることが多いですが、2階より上の席が埋まっていない場合もあります。そうなるとサイド席も1列目だけ埋まっていて、2列目、3列目が空いてるということもあります。

特にゴールデンウィークなど、バレエ公演が同じ日にいくつかある場合は観客が分散することもあります。そんな時はゆったり観ることができます。

よく映画館で「後方真ん中ブロック」だけ人がたくさんいる、みたいなことがあると思いますが、バレエの劇場でもそういうことは起こります。もしチケットをとるのがギリギリの場合は、残席状況をみて、あえて後ろの方の席をとるとゆったり見られる場合もあります。周りに人がいない方が見やすいのは確実です。

以上、おススメの座席でした。

持っていった方がいいもの

ここからはプラスの情報です。

東京文化会館でスマートに振る舞うバレエ鑑賞の方法です。

かばんは席に持っていってもいい?

手ぶらで会場に入るとスマートです。

劇場では「コートを着ない、大荷物を入れない」というマナーが一応あります。僕は咳が止まらなくなるのが心配なので、ペットボトルが入る小さい荷物は客席に持っていきます。とはいえ、あまり大きなかばんは持っていかないようにしています。

めがね

静かにしなきゃいけないときに限って急に咳がでちゃうんですよね…。

ちなみに1階席は、おしゃれしている人も多いので気を遣います。座席数も多く、人の出入りもあるので大きな荷物を座席に持ち込むと、周りの人の邪魔になってしまいます。それに比べて3階席~は、セミフォーマルな人の割合がググーッとあがり、もっと気楽です。ちょっと大きめのかばんでも持って行っちゃいます。

「東京文化会館」にはクロークがあります。そのため大荷物で行っても、コートや荷物を預けることができます。クロークは劇場入ってすぐ左の階段を降りたところにあります。夏場はそこまで混みませんが、冬場はかなり混みます。ひとりで行ったときはカーテンコール(出演者の挨拶)の途中で、早めに会場をあとにすることもあります。

オペラグラス

オペラグラスとはミニ双眼鏡のことです。僕はレーシックを受けてから、遠くからでも表情がみられるようになりました。それでもオペラグラスは必須アイテムです。

2,500円ほどで質のいいオペラグラスが買えます。

もちろん会場でも貸出をしていますが、紛失対策に、保証料を5,000円ほど預けることになります。なかなか面倒なので、1つ持っておくと便利だと思います。

近くの人がオペラグラスを持っていると、自分もついつい見たくなっちゃうと思います。

栄養ドリンク

あとは、本当に疲れているときにおススメのものです。

僕は途中で眠ってしまわないよう、レッドブルなど栄養ドリンクを観劇前に飲むことがあります。バレエでは、ゆったりしたシーンが必ずあります。そんな時も栄養ドリンクはおススメです。

kazu

以上、「東京文化会館」攻略法でした。
ちなみにこれは僕の主観が多く入っているので、ぜひご自身でもお気に入りの席を見つけてみてください。