jazz

アメリカ留学で宗教に誘われたことはある?
怪しくない?
どう対処した?

アメリカでは新型コロナウイルスのワクチン接種がどんどん進んでいます。人口3億2820万人中、1億3183万に接種が完了しています。順調に進み、だいたい40%ほどの接種率となっています。

ただし、ここからが難しい局面に入ると言われています。大きな理由は宗教観です。

この記事を書いているのは…

アメリカのダンス学部に行くためTOEFL80点を取得。帰国後は大学生向けの英語学校でTOIECや留学向けの指導をしていました。日常会話を重視していましたが、ビジネス英語も勉強しTOEIC905点をゲット。

kazu

今回は「アメリカ留学でちょっと悲しくなってしまった経験」です。

※3分ほどで読み終わる記事です。

アメリカ留学とキリスト教。孤独につけこまれたように感じた経験

保守的?

キリスト教と科学はアメリカでも重要なトピックです。医療ドラマでもこのテーマはよく扱われます。確かERでこんなエピソードがありました。

こどもが病気になり病院に来た家族。輸血が必須です。しかし、両親の宗教観から輸血をどうしても受け入れてくれません。ですが、輸血をしないとこどもは死んでしまう…。生死にかかわることも、宗教観が優先されてしまうこともある、というエピソードです。

ピッツバーグで宗教に誘われる

ぼくは最初ピッツバーグに留学していました。アメリカ北東部のペンシルベニア州にあり、都会でもなく、田舎でもない都市です。

保守的な人も多い地域でキリスト教の人も多かったです。

大学の学部で日本人は僕だけで、ほかの学部にも日本人がひとりしかいませんでした。日本人が少なかったので、心細い部分もありましたが、現地の友達にも助けてもらい充実した時間を過ごしていました。

本当の優しさか疑ってしまう

そんなとき、アジア系のアメリカ人でいつもやさしくしてくれる先生がいました。その先生の授業を受けていたわけではないのですが、なぜか気にかけてくれていました。「元気?」「楽しい?」「困ったことない?」とよく気にかけてもらい、かつアジア人ということもあり親近感を持っていました。実際にいろいろ大変なこともあったので相談もしていました。

そんなとき、「よかったら相談乗るよ」と言われ、ありがたいなー、と思っていました。ですが、よくよく話を聞くと「一緒にキリスト教会に行こう」という流れに話が変わっていきました。

そのとき、一気にガックリしてしまいました。

その人はすごく優くて、「キリスト教にあまり興味ないです」と伝えると、すんなりその話は終わりました。無理やり勧誘されることもありませんでした。ただ、なんとも悲しい気持ちになってしまいました。

そのときは僕に近づいたのはキリスト教に勧誘したかっただけなのかな、と…。孤独につけこまれた気がして嫌な気分になりました。そうして、その先生からは自然と離れていきました。

留学と孤独

ぼくは留学するとき「孤独になる」ということに対して覚悟をしていました。

TOEFLの勉強をしていたので日常会話は問題ないとしても、英語力に関してはそこまで自信がなかったし、積極的に友達関係を構築するようなタイプでもなかったので交友関係はそこまで広がらないだろうな、と思っていました。

ただぼくの場合、こういうスタンスでいったおかげか予想以上に友達ができました。留学では、みんながオープンでみんなが親切ですぐに友達ができる、と考えている人も一定数いると思います。もちろん日本に比べるとオープンな人も多いし、フレンドリーな人も多いです。ですが、知り合いと友達はやっぱり違います。

留学ではある程度の孤独を覚悟していくほうがいいんじゃないか、と思います。

話すための英語上達法

基礎である英文法を中心にリーディングとリスニングの勉強を行い、ある程度身についたらスピーキングとライティングの勉強に移行するのがオススメです。

基礎と実践を同時に

基礎・・・リーディング・リスニング(授業、アプリ、本など)
実践・・・スピーキング・ライティング(オンライン会話など)

「話すための英語」に関する勉強法はこちらでまとめています。

kazu

今回は「留学で宗教に勧誘されそうになった話」でした。
どうもありがとうございました。