jazz

「水晶宮」はどんなストーリー?
見どころは?
「シンフォニー・イン・C」との違いは?

ジョージ・バランシンの傑作バレエに「シンフォニー・イン・C」という作品があります。

「水晶宮」という作品が改訂され「シンフォニー・イン・C」となりました。

実は「水晶宮」は現在も上演されています。オリジナル版と、改訂版が上演され続けているとてもめずらしい作品を今回紹介します。

記事を書いているのは…

元劇団四季、テーマパークダンサー。舞台、特にバレエを観に行くのが大好きで、年間100公演観に行った記録があります

kazu

今回はジョージ・バランシン振付「水晶宮」の作品解説です。

※3分ほどで読み終わります。

パリ・オペラ座バレエ団のための作品

バランシン振付の「水晶宮」は宝石をテーマにしています。

英語の題名は「クリスタル・パレス(A Crystal Palace)」です。

クリスタル・パレス

クリスタル・パレスとは、ガラス張りの建造物のことをいいます。

「水晶宮」は4つのパートに分かれていて、それぞれにテーマとなる宝石(カラー)があります。

「水晶宮(クリスタル・パレス)」

第1楽章「ルビー(赤)」
第2楽章「ブラック・ダイヤモンド(青)」サファイアという説もあり
第3楽章「エメラルド(緑)」
第4楽章「パール(うすいピンク)」ダイアモンド、クリスタルという説もあり

「水晶宮」はパリ・オペラ座バレエ団のために創られた作品で、パリ・オペラ座の持つきらびやかさが反映されているような作品です。

制作

1947年、バランシンはパリ・オペラ座バレエ団のゲスト振付家として活動していました。

このとき「水晶宮」を制作します。30分の作品を2週間で創り上げました。

パリ公演は大成功だったと記録されています。

初演:1947年7月28日

フランス(ガルニエ宮):パリ・オペラ座バレエ団

振付:ジョージ・バランシン
音楽:ジョルジュ・ビゼー

バランシンはフランスの作曲家で振り付けをすることにこだわっていました。そこで音楽はジョルジュ・ビゼー(「カルメン」の作曲で有名)が17歳の時に作曲した「交響曲ハ長調」を使用しています。実はこの曲、60年ほど音楽院の図書館に埋もれていて、初めて演奏されたのは1935年のことでした。

ちなみにビゼーは他にも2曲の交響曲を作曲していますが、破棄されてしまったと言われています。

ストーリーがあった

もともとはストーリーがありました。

宝石たちの精が登場する物語です。

そのストーリーが削られたものの、各楽章ごとのイメージカラーはそのまま残りました。

総勢56人

たった30分の作品に、主役を踊るエトワール級(バレエ団の中で一番ランクが高い)のダンサーが4組も登場します。

出演人数(全4楽章)

1楽章ごとに、
・主役カップルが1組2名
・リードカップルが2組4名
・群舞の女性ダンサーが8名

第1楽章から第3楽章までは、エトワール(バレエ団の最上位ダンサー)が主役カップルを踊り、第4楽章は将来のエトワールと期待されるダンサーが踊る傾向にあります(たまに第4楽章でもエトワールが踊ることもあります)。

30分の作品で、バレエ団の実力者たちがどんどん登場するので、とにかく豪華です。

最後の第4楽章では、途中から第1楽章、第2楽章、第3楽章のダンサーたちが再度登場します。

そして、最終的に56人が舞台をいっぱいにし大団円を迎えます。

MEZZO LIVE HD より

パリ・オペラ座バレエ団より、フィナーレです。

「シンフォニー・イン・C」との違い

豪華でキラキラしている作品ですが、音楽のスピードが速く、合わせるための正確なテクニックが必要な、難易度の高いバレエです。

パリ・オペラ座バレエ団から第1楽章「ルビー」です。

「シンフォニー・イン・C」での同じ部分はこのように変化しています。

上演が許されている2つのバレエ団

この「水晶宮」は1948年に改訂されています。それが「シンフォニー・イン・C」です。

「シンフォニー・イン・C」と「水晶宮」のコンセプトはかなり違います。

「シンフォニー・イン・C」では宝石というテーマがなくなり、「音楽を踊りで表現する」ということがテーマとなりました。

このテーマにそって、衣装が白黒のモノトーンとなり、題名も音楽を大切にあつかうという観点から曲名に変更されました。また、振付も手直しされています。

世界中で知られているのは「シンフォニー・イン・C」で「水晶宮」はそこまで有名ではありません。

というのも「水晶宮」をレパートリーに持つバレエ団が世界に2つしかないからです。

東京バレエ団

ひとつは先ほど紹介したパリ・オペラ座バレエ団。そしてもうひとつは、日本にある東京バレエ団です。 

東京バレエ団のレパートリーに残っているというのは、総監督を務めていた故佐々木忠次さんの影響が大きいと思われます。自伝本を読んだことがあるのですが、その中で「シンフォニー・イン・C」のことを全否定していました(笑)。

そのため、改訂された「シンフォニー・イン・C」ではなく「水晶宮」の方が作品として価値が高いと感じていたのではないか、と思います。(とはいえ、東京バレエ団でも久しく上演されていません。)

パリ・オペラ座のバランシン

映像作品はほぼ出ていないのですが、「水晶宮」のリハーサル映像があります。

バランシンから直接指導を受けたことのある元エトワールのギレーヌ・テスマーが、パリ・オペラ座バレエ団の後輩であるダンサーに指導するというDVDです。

とてもおもしろいドキュメンタリーです。

ジョージ・バランシンは「水晶宮」の20年後である1967年、宝石をテーマにしたバレエ「ジュエルズ」を発表します。こちらも大成功となりました。

「水晶宮」から宝石というテーマを抜き取ったバランシンが、再度「ジュエルズ」で宝石をテーマに選びました。

「ジュエルズ」に関してはこちらで紹介していますので、あわせてどうぞ。

kazu

ジョージ・バランシン振付「水晶宮」についてでした。
ありがとうございました。

バレエ作品に関してはこちらにまとめていますので、ぜひご覧ください。