jazz

アシュタンガヨガ(八支則)とは?
ディヤーナ、サマーディって何?
感情と理性を切り離すとは?

心を瞑想状態にするマインドフルネスが流行っています。手軽に瞑想できるとれますが、実際にはうまくいかない人も多いと思います。やはり瞑想は難しいです…。そういう場合、段階を踏んでいく必要があります。

記事を書いているのは…

元劇団四季、テーマパークダンサー。ニューヨーク留学中にヨガにハマる。ヨガ歴15年以上でRYT200に挑戦中です。

kazu

今回は「アシュタンガヨガ(八支則)のディヤーナ(DHYANA)サマーディ(SAMADHI)」についての紹介です。

※3分ほどで読み終わる記事です。

アシュタンガヨガ(八支則)の⑦ディヤーナ⑧サマーディとは?瞑想について

八支則はっしそく(アシュタンガヨガ)

ヨガの考えは科学的かそうでないかといわれると微妙なところですが、知っておくのもいいことだと思います。知ってから、肯定、否定どちらかの立場をとるといいと思います。ちなみに僕はあいまいな立場です。信じるものもあれば、そうでないものもあります。

聖人パタンジャリはヨーガ・スートラに基づき、八支則(アシュタンガヨガ)という「悟りに至るための方法」を提唱しています。

八支則(アシュタンガヨガ)では人生において「どのように生きるべきか」「どのように振る舞うべきか」「どのように反応するべきか」が具体的に示されています。八支則(アシュタンガヨガ)の概念を知っているのと知っていないのとではヨガの取り組み方が変わります。

八支則(アシュタンガヨガ)

①ヤマ(YAMA):自己規律
②ニヤマ(NIYAMA):考え方
③アーサナ(ASANA):ポーズ
④プラーナヤーマ(PRANAYAMA):呼吸
⑤プラティヤハーラ(PRATYAHARA):感情のコントロール
⑥ダラーナ(DHARANA):集中
⑦ディヤーナ(DHYANA):瞑想
⑧サマーディ(SAMADHI):解脱・悟り

①「ヤマ」②「ニヤマ」は、日々の生活に対する心得です。マットの上でエクササイズするヨガは、③「アーサナ」④「プラーナヤーマ」。集中力を高める、⑤「プラティヤハーラ」⑥「ダーラナ」。そして最終段階として瞑想である、⑦「ディアーナ」⑧「サマーディ」があります。

内面に焦点を当てた4種類(⑤~⑧)がなかなか難しいとされています。

習得の過程

概念⇒ルール⇒練習

概念を理解し、ルールを知る。そして練習していく。感覚だけでは理解しづらい部分も多いので、頭で理解し意識的に考えて練習していきます。自分自身を苦しめるほど厳しくおこなう必要はありません。どれだけ実践するかも自分で判断していきましょう。

⑦ディヤーナ(DHYANA)

ディーは「置き換える」、ヤーナは「心」という意味です。瞑想のことを指します。八支則(アシュタンガヨガ)の①〜⑥を理解・実践すると自動的に瞑想ができると考えられています。

頭のごちゃごちゃを外に出し、心を一つの位置で維持することで瞑想状態になれる、とされています。

瞑想の方法

瞑想しやすい状況を自分自身で理解することも重要です。環境や服装に気をつかうと瞑想しやすくなります。部屋の温度や、服装も重要です。ちなみに靴下を脱ぐのも大事なポイントのひとつです。スマホと距離をとるのもプラスになります。

そして、瞑想には大きく2つの方法があります。

瞑想の方法

・セルフセンター:呼吸に注目する
・アウトセンター:キャンドルなどモノに集中する

自分に合った方法を見つけていきましょう。ただし、瞑想は思った以上に難しいので、頑張りすぎてもよくありません。出来ないときは一旦諦めるのも大事です。

そして、また改めて挑戦していきます。

⑧サマーディ(SAMADHI)

最後のステップです。サマーには「悟り」という意味があります。①~⑦のステップをしっかり踏んでいると、自然にサマーディの状態になるといわれています。

サマーディまで来ると、ものごとを俯瞰ふかん(広い視野でものごとを見る)して見られるようになるといわれています。

以上、八支則(アシュタンガヨガ)の8つのステップをご紹介しました。

オススメの本

ヨガのポーズだけでなく哲学や食事など幅広い内容がつまっています。

3,500円ほどで、この1冊あれば大満足という内容です。

ヨガにハマる

SOELUのオンラインレッスンです。1ヶ月3,000円ほど。ヨガだけでなくピラティス、筋トレなどなどのプログラムが無限にありコスパがイイです。

資格を取る

ヨガのポーズ、筋肉の構造、哲学を中心に、日々の生活、スポーツにも応用できる知識が学べます。

kazu

今回は八支則(アシュタンガヨガ)のディヤーナ(DHYANA)サマーディ(SAMADHI)についてご紹介しました。
どうもありがとうございました。

ヨガに関してはさらにこちらでまとめています。

上達のためのトレーニング情報をぜひご覧ください。