バレエ『ドン・キホーテ』第2幕のストーリー・見どころ解説
jazz

『ドン・キホーテ』第2幕のストーリーは?
特徴は?
見どころポイントは?

ストーリーのクライマックスを迎える『ドン・キホーテ』の第2幕。コメディ感あふれる楽しいシーンです。

そして、ドン・キホーテの夢の世界が登場します。このシーンでは、幻想的な群舞のシーンを見ることができます。

バレエでは「バレエ・ブラン(白のバレエ)」と呼ばれ、整然とした美しさを象徴するようなシーンです。

記事を書いているのは……

元劇団四季、テーマパークダンサー。舞台、特にバレエを観に行くのが大好きで、年間100公演観に行った記録があります。

kazu

今回は『ドン・キホーテ』第2幕のストーリー・見どころポイントについてです。

※3分ほどで読み終わります。

王道バレエのシーン「バレエ・ブラン」

古典バレエでは「バレエ・ブラン(直訳:白のバレエ)」という群舞の見せ場があります。

バレエ・ブランでは全員が白い衣裳を着て、幽玄で幻想的な世界を作り出します。『白鳥の湖』『ジゼル』『ラ・バヤデール』などに登場します。

『ドン・キホーテ』では白い衣裳で統一されているわけではないので、厳密にはバレエ・ブランとはいえないのですが、幻想的な「夢の場」が登場します。

『ドン・キホーテ』の主人公キトリはちゃきちゃきで活発なキャラクターですが、「夢の場」ではガラッとタイプが変わります。

ドン・キホーテの夢の中の、理想化された姿で登場するため、たおやかな踊りを見ることができます。

登場人物

1600年代のスペインが舞台です。

主な登場人物

キトリ(ロレンツォの娘)/ドゥルシネア姫
バジル(床屋の青年)

ドン・キホーテ
サンチョ・パンサ(ドン・キホーテの従者)
ロレンツォ(宿屋の主人)

ガマーシュ(裕福な貴族)
エスパーダ(闘牛士)
メルセデス(街の踊り子)

キトリの友人たち
ロマ(ちょっと危険な流浪の民)

ドリアードの女王
アムール(キューピッド)

第1幕に関してはこちらで紹介しています。ぜひご覧ください。

第2幕 第1場:ロマの野営地

森の中へ逃げてきたキトリとバジル。そこで、ロマたちと出会う。

ロマ

ヨーロッパを中心に移動生活を続ける少数民族のこと。いわゆる流浪の民で、ジプシーとも呼ばれます。ロマによるスリの被害が多く報告されるため、危険視されることが多い。

2人を追って、ロレンツォ、ガマーシュ、ドン・キホーテ、サンチョ・パンサがやってる。

しばらくかくまってもらうキトリとバジル。

ロマたちは人形劇を披露する。悲劇の物語を見たドン・キホーテは納得いかず、人形劇の舞台を壊してしまう。すると天候が悪くなり、ロマたちは一斉に逃げていく。この混乱の間にキトリとバジルはまた別の場所に逃げていく。

一方のドン・キホーテは近くにある風車を怪物と勘違いし、果敢かかんに突進する。しかし、ドン・キホーテは風車に引っかかり地面に叩きつけられてしまう。

夢の場

朦朧もうろうとするドン・キホーテは夢を見る。キトリそっくりのドルシネア姫、森の妖精の女王、キューピッドが楽しく踊っている。

そして、ドン・キホーテが夢から覚める。

ポイント

「夢の場」は、群舞の美しさが際立つシーンです。

転婆てんばなキトリが、ドン・キホーテの理想であるドルシネア姫として登場します。同じ作品で異なる個性をどう演じ分けるかが見どころです。

ボリショイ・バレエ団のプリンシパルのスヴェトラーナ・ザハーロワが東京バレエ団と共演したときの映像です。

ドリアードの女王

ドリアードの女王のバリエーションもご紹介します。

ドリアード

ギリシャ神話に登場する木の精霊。美男性や美少年が森に迷い込むと、美しい娘の姿で木の中に引きずり込んでしまう。緑色の髪が特徴。

ドン・キホーテでは恐ろしい面はなく、森の妖精として登場。

マリインスキー・バレエ団のプリンシパルのアリーナ・ソーモワです。

第2幕 第2場

酒場に逃げ込んだキトリとバジル。

ロレンツォ、ガマーシュ、ドン・キホーテ、サンチョ・パンサが追いかけてくる。もう逃げられないと悟ったバジル。

ナイフを取り出し自分の胸に……。その場で倒れ込む。

駆け寄るキトリ。目を覆う周りの客たち。

しかし、これはバジルの奇策。狂言自殺をおこない、キトリとの結婚を承諾させようとしている。

バジルが死んだふりをしていることにすぐ気づくキトリ。キトリは嘆き悲しむふりをして、ロレンツォに結婚を許してほしいとお願いする。

キトリの愛に動かされたドン・キホーテがロレンツォに結婚を認めるよう迫る。

しぶしぶ認めるロレンツォ。結婚を認められたバジルはすぐに生き返りハッピーエンドとなる。

ポイント

バジルがどれだけ観客を笑わせてくれるか、というコメディーシーンです。

観客が素直に笑い声を上げても大丈夫なシーンです。

ジョセフ・ガッティによるバジル。エスパーダにボリショイ・バレエ団の元プリンシパルのアンドレイ・メルクリエフがいます。

オススメDVD

オレシア・ノーヴィコワとレオニード・サラファーノフによるマリインスキー・バレエ団の『ドン・キホーテ』。

のちにプリンシパルになるアリーナ・ソーモワの森の女王、メルクリーエフのエスパーダ、ボリショイ・バレエ団でプリンシパルになったオブラスツォーワのキューピッドと豪華なキャストです。

3,000円ほど。

動画配信サイトでもバレエの公演を見ることができます。

ぜひ無料期間を活用してみてください。

kazu

以上、バレエ『ドン・キホーテ』第2幕の見どころポイントでした。
ありがとうございました。

バレエ作品に関してはこちらにまとめていますので、ぜひご覧ください。