jazz

「ドン・キホーテ」の第2幕後半、第3幕のあらすじは?
見どころポイントは?
どんな踊りが見られる?

物語の最高潮を迎える第3幕。何も考えずに楽しめるシーンが満載になっています。

記事を書いているのは…

元劇団四季、テーマパークダンサー。舞台、特にバレエを観に行くのが大好きで、年間100公演観に行った記録あり。

kazu

今回は「ドン・キホーテ」の第2幕後半、第3幕の見どころポイントです。

※3分ほどで読み終わる記事です。

こちらで「ドン・キホーテ」全体の解説、登場人物、歴史など紹介しています。

登場人物

1600年代のスペインが舞台です。

主な登場人物

キトリ(ロレンツォの娘)/ドゥルシネア姫
バジル(床屋の青年)

ドン・キホーテ
サンチョ・パンサ(ドン・キホーテの従者)
ロレンツォ(宿屋の主人)

ガマーシュ(裕福な貴族)
エスパーダ(闘牛士)
メルセデス(街の踊り子)
キトリの友人たち

第3幕

結婚を許されたキトリとバジルの結婚式が開かれる。盛大にお祝いが行われ、幸せな空気につつまれる。

そして、ドン・キホーテはまた旅立つのだった。

「グラン・パ・ド・ドゥ」

ガラ公演(名作バレエのハイライト集)で必ずと言っていいほど踊られるのが「ドン・キホーテ」第3幕の「グラン・パ・ド・ドゥ」です。ガラ公演ではトリを飾ることが多く、かなり盛り上がるシーンです。3年に1度日本で開かれる「世界バレエフェスティバル」では、ドン・キホーテのグラン・パ・ド・ドゥが最後の演目という伝統があるくらいです。

「グラン・パ・ド・ドゥ」

主役ダンサーによる、男女の踊りのことで、流れが決まっています。

・アダージョ(2人の踊り)
・ヴァリエーション(男性のソロ)
・ヴァリエーション(女性のソロ)
・コーダ(高いテクニックが必要な2人の踊り。一番盛り上がります。)

クライマックスで踊られるのが「グラン・パ・ド・ドゥ」です。

キトリのバリエーションは、扇を持つバージョンと、扇を持たないバージョンがあります。また、バレエダンサーによって踊り方が工夫されるため、ダンサーの個性が生かされる振り付けになっています。

実際の公演ではコール・ド・バレエ(群舞)によるアントレ(導入)と、キトリの友人2人の踊りが途中に追加され、通常のパ・ド・ドゥよりも豪華になっています。難易度の高い技がどんどん登場し、長いバランス、アクロバティックなリフト、豪快な技がたくさん出てきます。

タマラ・ロホ、クラウディオ・コヴィエッロ

タマラ・ロホ(元英国ロイヤル・バレエ団プリンシパル、現イングリッシュ・ナショナル・バレエ団芸術監督)とクラウディオ・コヴィエッロ(ミラノ・スカラ座バレエ団のプリンシパル)による超絶技巧です。

恐ろしいほどのバランス感覚を持つタマラ・ロホ。姉御感が強めです。最大の見せ場のフェッテでは3回転を余裕でどんどん入れてきます。表情に気合いが入りすぎて賛否が分かれるところですが、僕はいつもその気合いを見るのが楽しみです。

おすすめDVD

ミハイル・バリシニコ フとシンシア・ハーヴェイによる「ドン・キホーテ」のDVDです。1983年版ですが、今もなお販売され続けています。

パワフルな「ドン・キホーテ」です。バリシニコフ自身が振付をしているバージョンです。

kazu

以上、「ドン・キホーテ」第3幕の見どころポイントでした。
ありがとうございました。