jazz

英語系youtuberっていっぱいいるけど、誰を見ればいい?
英語脳をどうやってつくられる?
海外に行かなくても英語を習得できる?

youtubeには無料の英語レッスン動画がたくさん出ていて、かなり勉強になります。とはいえ、せっかく勉強するならリターンの多い動画を見るほうがお得です。

正直に言うと、日本の動画ではなく、自分が勉強したい分野の動画を英語でそのまま見てしまうのが究極の勉強法だと思います。ですが、いきなりそのレベルに行くのは難しいので、日本語の動画から勉強していきましょう。

この記事を書いているのは…

アメリカのダンス学部に行くためTOEFL80点を取得。帰国後は大学生向けの英語学校でTOIECや留学向けの指導をしていました。日常会話を重視していましたが、ビジネス英語も勉強しTOEIC905点をゲット。

kazu

今回は、英語の勉強法をわかりやすく伝えてくれるyoutuber「イングリッシュおさる」さんをご紹介します。

※3分ほどで読み終わる記事です。

「イングリッシュおさる」って誰?

英語系youtuberでかなりの伸びを見せているのがイングリッシュおさるさんです。話し方にとても特徴があります。英語の抑揚をそのまま日本語でも使っているので、慣れるのに少し時間がかかるかもしれません。

ですが、すぐ慣れます!

顔出しはなく、動画公開時はリアルなお面をかぶっていて音声が少し聞きづらいものでした。ですが、今はお面に代わり、音声も聞き取りやすいです。「イングリッシュおさる」さんは、英語が苦手な人にやさしい指導をしてくれます。

経歴

もともと高校まではバスケットで全国に行くほどの実力の持ち主。バスケ推薦をことわり大学に進学。大学で英語の勉強にどっぷりハマります。

入学当初はTOEIC280点。それが半年で900点までスコアを伸ばします。そして独学で英検1級、TOEIC970点など高得点を獲得。

大学卒業後は英語教員になり、教えた生徒も高得点をとる。同僚にも勉強法をシェア。今は独自の方法論でyoutubeや英語スクールで教えている。

英語脳を一撃で作る方法

英語を話せるようになるために「留学に行く」「外国人の友達や恋人をつくる」「英語をまわりにあふれさせる」といった方法があります。ですが、この状況をつくるのは簡単ではありません。

イングリッシュおさるさんは「外国に留学しない」「外国人の友だちがいない」状況において、実践的な英語を習得する方法を紹介しています。そのために必要なのが英語脳です。英語脳とは「英語で考えて、英語を口に出す」ということです。

めがね

英語で聞かれているのに、頭の中で「英語を日本語に変換→日本語で答えを考える→日本語から英語に変換→口から英語を出す」ということをしていませんか?

そうではなく、英語で聞かれたら日本語に変換せず、英語で感じたことを英語でアウトプットする簡単な方法が、イングリッシュおさるさんの動画で紹介されています。英語脳を、これほどはっきり言語化している動画は珍しいので、下の動画を一度見てみてください。

ここからは動画の内容をまとめていきます。

条件反射で英語を話す

英語を英語で考えられるようになると「英語が話せる」ようになります。冷静に分析してみましょう。

日本語に置き換えて考えてみます。日本語で話すとき、とっさに日本語が出てくるときがあります。この時、話す内容を脳内で考えているわけではなく、感情の条件反射で日本語が飛び出てきます。

「I’m tired.(私は疲れた。)」を例に解説します。「脳内で考えずに口から言葉に出す」というふだん日本語でやっていることを英語でもやっていきます。

英語が口から出てくる条件

・感情が出た時
・感情が動く場面に出会った時

つまり、疲れたときに、日本語の「疲れた」と英語の「I’m tired.」の両方が条件的に出てくるようになると英語が自然と口から出るようになります。

感情を込めて音読する方法

この条件反射をつくるためのポイントが「感情を込めて音読」することです。英語の例文を口に出して練習する音読のとき、心を込めずに読んでいるでしょうか。英語の音読では、場面をしっかり想像していきます。

感情とつなげる2つの方法

①写真を使ってイメージ:画像検索をしてイメージをつくる
②場面を想像:文章が使われる場面を想像

こうすることで実際に同じ状況になったときに英語が自然と口から出るようになります。すごくシンプルな方法ですが、とても理にかなっている方法です。

実践

感情を込めずに音読

疲れた → 頭の中で日本語から英語に変換 → I’m tired.

感情を込めて音読

疲れた → I’m tired.

例文を自分なりに変えたり、場面を想像したりするのは少し時間がかかります。ですが、この工程を加えるだけで、大きな違いとなります。

イングリッシュおさるさんの動画

最後に、イングリッシュおさるさんのオススメ動画の紹介です。

話すための英語上達法

基礎である英文法を中心にリーディングとリスニングの勉強を行い、ある程度身についたらスピーキングとライティングの勉強に移行するのがオススメです。

基礎と実践を同時に

基礎・・・リーディング・リスニング(授業、アプリ、本など)
実践・・・スピーキング・ライティング(オンライン会話など)

「話すための英語」に関する勉強法はこちらでまとめています。

kazu

以上「イングリッシュおさるさんがオススメする感情を込めて音読する方法」でした。
どうもありがとうございました。