jazz

英語の発音練習はボイストレーニングと似てる?
腹式呼吸の確認方法は?
あくびの発声とは?

英語を話すとき、多くの人が通常よりも声が低くなります。英語はお腹から声を出す腹式呼吸が必要で、そうなると声が深くなります。

この記事を書いているのは…

TOEIC905点を持ち、大学生向けの英語学校でTOIECや留学向けの指導をしていました。TOEIC900点を超えるまでサポートしていました。先生である僕よりも高得点をとる生徒が続出してしまい、自分の点数をひた隠しにしていた過去があります。(笑)

kazu

今回は「英語の発音でボイストレーニング」をテーマにしています。

※3分ほどで読み終わる記事です。

英語の発音を練習すると発声が良くなる?ボイストレーニング効果について

口や舌の動き・発声にこだわる方法と喉発音

現在、英語の発音に関しては2つのアプローチがあります。

2種類の発音法

・口や舌の動き、発声にこだわる方法
・喉発音

詳しくはこちらで紹介しています。

どちらも共通するのが、腹式呼吸をおこなうことです。

腹式呼吸

英語の発音で腹式呼吸ができているか確認する方法があります。それはティッシュペーパーを口の前にヒラヒラさせる方法です。日本語で話すと、ティッシュは動きません。ですが、正しく英語を発音をするとティッシュがよく動きます。

これが腹式呼吸ができているかの確認方法です。

腹式呼吸を強くするための方法にリップロールがあります。口をブルブルさせるもので、僕自身、英語の発音指導で使っていました。


~35秒までがリップロールです。

腹式呼吸ができないとリップロールはできません。一瞬ではなく長くできるようになればなるほど、腹式呼吸が強くなっていきます。

喉発音

以前も紹介しましたがおさらいです。喉発音にはボイストレーニングで使われるテクニックと被る部分があります。

喉発音の5つのSTEP

1:あくびをする
2:喉の力を抜く
3:息を出し続ける
4:音を出し続ける
5:英文で練習

「ロングトーン」「あくびの発声」

ボイストレーニングでよく使われる方法です。歌だけでなく、セリフの練習でもよく使われます。動画でご紹介します。

さきほどの5つのステップのうちの「1:あくびをする」「2:喉の力を抜く」は1:36~の部分です。「あくびの発声」はのどを開くための準備運動です。

5つのステップのうちの「3:息を出し続ける」「4:音を出し続ける」は0:29~です。「ロングトーン」といって声を一定に長く出すことで、声を思い通りにコントロール出来るようになります。

オススメ書籍2選

このように英語の発声が上達すると、自然とボイストレーニングになります。歌がうまくなる、というのはちょっと言い過ぎかもしれないですが、スピーチのときなどに関してはかなり役立つと思います。

英語の勉強は「声を良くする」という目的をそもそも持ってから勉強するとイイんじゃないか、と思います。

口や舌の動き・発声にこだわる方法

英語教材に関しては、口や舌の動かし方にこだわる発音の方の資料がたくさん出ています。そういった意味でも練習しやすいと思います。

2,300円ほど。動画とCDがついているのでとてもわかりやすいです。

喉発音

喉発音に関してはそこまで多くの資料はありませんが、こちらの資料がおススメです。作者の上川一秋さんは「喉発音とボイトレは違う」と言っていますが、この本を勉強すると歌もうまくなると思います。

2,600円ほど。こちらもCDがついています。

話すための英語上達法

基礎である英文法を中心にリーディングとリスニングの勉強を行い、ある程度身についたらスピーキングとライティングの勉強に移行するのがオススメです。

基礎と実践を同時に

基礎・・・リーディング・リスニング(授業、アプリ、本など)
実践・・・スピーキング・ライティング(オンライン会話など)

「話すための英語」に関する勉強法はこちらでまとめています。

char no=”1″ char=”kazu”]以上、「英語の発音でボイストレーニング」の紹介でした。
どうもありがとうございました。[/char]