jazz

ダンスで引き上げがうまくいかない?
床反力とMP関節ってなに?
足裏を正しく使う方法は?

あまり知られていない床反力。世界トップのマリインスキーバレエ団のダンサー・石井久美子さんによるトレーニング動画がバズりました。

この動画はバレエだけでなく、すべてのスポーツに適用できる内容です。

記事を書いているのは…

元劇団四季、テーマパークダンサー。レッスンを受けるのが大好きで、ひたすら踊りまくっていました。

kazu

今回は「床反力を得るためにMP関節とかかとを押す」がテーマです。

※3分ほどで読み終わる記事です。

床反力で安定したパフォーマンス。バレエで重要なMP関節って知ってる?

床反力ゆかはんりょく

バレエで安定したパフォーマンスをするためには床反力が欠かせません。

体重が60kgある人について考えてみます。自然に立っているときは、床から60kgの力が上方向にかかっていると同時に、60kgの力が床方向に向かっていて、バランスが保たれています。

床反力で安定したパフォーマンスを

体重計を想像するとわかりやすくなります。体重計に乗るのではなく、両手で60kg押すことを想像してみてください。手で60kg押すのは大変です。

床反力ゆかはんりょく

床からカラダにかかる力(カラダにかかる力=体重)

床反力の測定

床反力は動きが加わると、身体にかかる負荷がアップします。下の動画では短距離走の選手と、長距離走の選手の床反力をはかっています。

動画をまとめます。

それぞれの床反力

短距離走・・・体重の5倍の床反力
長距離走・・・体重の3倍の床反力

動きが加わると、体重以上の力が身体にかかります。そのため、そのパワーに合わせた床反力が必要になります。

運動強度の高いバレエでもまったく同じことが起こります。特にダンスではつま先立ちになることがあります。つま先だけで体重の何倍ものパワーを支えなければいけません。つま先立ちは上に伸びていくイメージが強いのですが、実は床を押しつける力がポイントです。

足裏への負担

足裏は、身体の表面積のうちのたった2%しかありません。わずか2%の表面積で身体全体を支えなければいけません。使い方が上手い人ほど、負担が軽減されていきます。

「MP関節」と「かかと」に力を入れるべし

床反力をうまく使うためには、足の裏をしっかり使う必要があります。そのとき使うのが「MP関節」と「かかと」です。

趾骨(しこつ)、MP関節、中足骨

「MP関節」とは「趾骨しこつ」と「中足骨」をつなぐ関節のことです。中足骨は、ちからを入れると皮膚表面に骨がうっすらと見えるので、MP関節がどこにあるかわかりやすいと思います。

足裏の3つのアーチと3つの支点

MP関節とかかとを床方向に押すと自然と土踏まずが上がります。MP関節に関してはこちらでさらに詳しく解説し、トレーニング動画も紹介しています。

上に伸びるために下に押す

ダンスではよく「引き上げる」という言葉を使います。引き上げることで身体を大きくみせることができます。引き上げるということは上方向へのちからを想像しがちですが、引き上げるためにはその逆のちからを使います。

床方向に押し付けることで、引き上げることができるようになります。そのための力が床反力です。

石井久美子さんの動画

最後に石井久美子さんの床反力動画をご紹介します。23分の動画ですが、さらに理解を深めたい場合はご覧になってみてください。

最強の自体重トレーニング

ダンス上達に柔軟性と体幹トレーニングは欠かせません。またダンサーはある程度スリムでありながら、爆発的な力やスタミナが必要なので筋トレでレベルアップできます。

まずは自体重トレーニングでバランスのとれた身体づくりを目指しましょう。自体重トレーニングは「プリズナートレーニング」がオススメです。

プログラムがしっかりしているので、継続しやすくこの本を一冊持っていればOKです。1,500円ほどです。

kazu

今回は「床反力」ご紹介しました。
ありがとうございました。