jazz

金子扶生ふみさんとは?
プリンシパルに昇進した?
プロフィールは?

2021年5月18日、英国ロイヤル・バレエ団で昇進の発表がありました。その中でも一番注目を集めたのが日本人である金子扶生さんの昇進に関するニュースです。最高位である新プリンシパルの登場です。

記事を書いているのは…

元劇団四季、テーマパークダンサー。舞台、特にバレエを観に行くのが大好きで、年間100公演観に行った記録があります。

kazu

今回は「英国ロイヤル・バレエ団」をご紹介します。この記事では踊りの映像も紹介しています。

※3分ほどで読み終わる記事です。

祝!金子扶生(ふみ)さんがプリンシパルに昇格。プロフィールや映像も

英国ロイヤル・バレエ団より

プリンシパルに

2021年5月18日(火)に英国ロイヤル・バレエ団からダンサーの昇格の発表がありました。

金子扶生ふみさん、セザール・コラレス、マヤラ・マグリ、アナ=ローズ・オサリバンの4人がプリンシパルに昇格することになりました。金子扶生さんとセザール・コラレスはすぐにプリンシパルとなり、マヤラ・マグリとアナ=ローズ・オサリバンは9月からプリンシパルになります。

階級(2021年5月1日)

プリンシパル:15人
ファースト・ソリスト:15人
ソリスト:10人
ファースト・アーティスト:15人
アーティスト:28人

これでプリンシパルは19人になります。日本人のプリンシパルは平野亮一さん、高田茜さん、金子扶生さんの3人になりました。すごい快挙です。

金子扶生さんはジャパン・タイムズのインタビューでこう答えています。「夢みたいです。知らせを聞いたときは喜びで泣いてしまいました。今も信じられません」

ケガを乗り越えプリンシパルに

金子扶生さんは以前からずっとプリンシパルになるだろう、とウワサされていました。

経歴

3歳からバレエをはじめる
地主薫エコール・ド・バレエでバレエを学ぶ

2008年:ヴァルナ国際バレエ・コンクール、ジュニアの部、金賞
2009年:モスクワ国際バレエ・コンクール、ジュニアの部、銀賞
2010年:ジャクソン国際バレエコンクール、銀賞

2010年:地主薫バレエ団入団

2011年:英国ロイヤル・バレエ入団
2012年:ファースト・アーティストに昇進
2013年:ソリストに昇進
2018年:ファースト・ソリストに昇進
2021年:プリンシパルに昇進

2011年、英国ロイヤル・バレエ団に入団してからどんどん頭角を表します。1年後にはファースト・アーティストでありながら「くるみ割り人形」の主役である金平糖の精を踊り、大好評。2013年には「ドン・キホーテ」で主役のキトリを踊ります。このときからプリンシパルにいつなるのだろうか、と期待されている存在でした。

しかし2013年の「ドン・キホーテ」の公演中にケガをし、途中降板となってしまいます。このときヒザの靭帯を切るという大怪我になってしまいます。長期間舞台から離れることになりました。また、復帰後も別のヒザを怪我してしまい、再度長期間の療養に入ります。

この2度のケガで、手術も受けています。2回の長期休養を経て、舞台に復帰しました。

とくに2018年ごろから主演が多くなり、かつ代役で主役を踊る機会も多くありました。さらにはyoutubeのライブ配信リハーサルでも登場することが多く、いつプリンシパルになるのだろうか、と僕自身思っていました。

とくに評価が高かったのが2019年「眠れる森の美女」のライブビューイングです。別の役で登場予定でしたが、急遽主役のオーロラ姫を踊りました。そのときの感想と動画はこちらからどうぞ。

今回のプリンシパル昇格は多くの人にとって納得の結果じゃないか、と思います。

踊りの映像

金子扶生さんの踊りからは品性や大人の知性をすごく感じます。手足が長く、技術もピカイチなのですが、この雰囲気というのはなかなか作り出せるものではないので、天性の素質です。金子扶生さんが公演のキャストに入っていると、雰囲気が少し変わるような気がします。

そして、これがクラシック・バレエの美しい形なのか、と思わせてくれる踊りです。上半身の動きがとくに美しいです。英国ロイヤル・バレエ団のダンサーは足さばきの得意なダンサーが多いので、なおさら際立っているように思います。

ということで踊っている映像の紹介です。一緒に踊るのはファースト・ソリストのリース・クラークです。ちなみに金子扶生さんのボーイフレンドです。ちなみにちなみに、リース・クラークは英国ロイヤル・バレエ団で一番の長身です。

足の甲まで美しいです。

踊りを観るチャンスあり

ロイヤルバレエ団で発売されているDVDに金子扶生さんはたくさん登場しています。また英国ロイヤル・バレエ団のyoutubeチャンネルでもたくさん登場しています。

「くるみ割り人形」の人形のシーンより。後半から登場しています。ぜひいろいろ検索してみてください。

ぜひぜひチェックしてみてください。

kazu

今回は「金子扶生さんのご紹介」でした。
ありがとうございました。