jazz

男でバレエ鑑賞の敷居は高い?
初心者でも楽しめる?
気をつけることは?

劇場に行くと、男性客は驚くほど少ないです。90%以上が女性客ということもあります。その証拠に劇場の男性トイレが女性トイレに変更されてしまうことがあるくらいです。

男性が圧倒的に肩身の狭い思いをしてしまうのがバレエ鑑賞です。ですが、実際に行ってみると思いのほか敷居の低さにびっくりするかもしれません。

記事を書いているのは…

元劇団四季、テーマパークダンサー。舞台、特にバレエを観に行くのが大好きで、年間100公演観に行った記録があります。

kazu

今回は初心者でもバレエ鑑賞を楽しむ方法です。

※3分ほどで読み終わる記事です。

はじめてのバレエ鑑賞

一緒に行く人がいなくても大丈夫?

よく聞く悩みです。知らない場所にひとりで行くのは、なんとも心細いものです。バレエ公演のお客さんは、90%以上が女性です。そのため男性のアウェー感は半端ないです。

ですが心配は無用です。ひとりで行って何も問題ありません。女性が90%という話をしましたが、男性でもまったく気後れする必要はありません。というのも、女性もひとりで来ている方が多くいます。そして皆さん、舞台に集中しています。

昔は劇場が社交場の役割を果たしていたこともあります。ですが現代の日本では純粋に舞台を観る空間になっていると思います。なので、堂々としていれば何も問題ありません。

服装の注意点:そこまで気を遣わなくてOK

そして気になる服装について。

バレエの場合はオペラと違って、服装の敷居はそこまで高くありません。バレエはどちらかというとミュージカルを観に行く感覚に近いと思います。バッチリ決めている人もいればラフな人もいます。

ただ傾向とすると、1階席など高い席ではオシャレしている人が多いです。階数が上に行くほど、ラフになっていきます。

kazu

せっかくなので少しおしゃれをするといいと思います。

おしゃれといっても、ジーパンにジャケットというスタイルでも十分です。

周りの雰囲気を楽しむのもバレエ鑑賞の醍醐味

舞台鑑賞は、開演前や休憩時間、会場の雰囲気も含めて「舞台鑑賞」です。「映画館のように作品だけ観る」という場所ではないかもしれません。

休憩が長いのでひとりで行くとけっこうヒマになってしまうこともあります。でもロビーの雰囲気はとても特別で、こうした雰囲気を楽しむこともバレエ鑑賞の一部です。まわりの様子をみながら探り探り楽しんでください。

ホワイエで軽食

幕間は「ホワイエ(仏:foyer)」でゆったり過ごすのも手です。ホワイエとは英語でいうロビーのことで、入り口から劇場までの広い通路のことです。

軽食やドリンク(アルコールも)を楽しむことができます。少し値段は張りますが、贅沢な気分が味わえるのでおススメです。

えっ!! そのタイミングで拍手??

バレエの公演で一番ビックリするのが拍手のタイミングかもしれません演劇やミュージカルの舞台では拍手は最後のカーテンコールだけというパターンが多いです。

ですがバレエの場合、特に「白鳥の湖」のような古典の作品は、ダンサーが踊り終えるごとに拍手が起こります。主役が登場するときも拍手が起こります。盛り上がった踊りのあとでも拍手が起こります。指揮者にも拍手をおくります。

kazu

ただ、無理に拍手をする必要はありません。

拍手は感動したときにすればいいので、無理に拍手する必要はありません。

すべてに拍手しようとすると疲れちゃうので注意です。

オペラグラス

舞台に近い席では必要ありませんが、持っておくと便利なアイテムがオペラグラスです。オペラグラスとはミニ双眼鏡のことです。

上のリンクのように、2,000円ほどで質のいいオペラグラスが買えます。会場でも500円~1,000円ほどで貸りることができますが、保証料を5,000円ほど預けることになります。

栄養ドリンク

舞台は慣れていないと、体力配分を間違ってしまうことがあります。予想よりも長いと終わりの方では眠くなってしまうこともあります。

そんなときは栄養ドリンクがおススメです。せっかく行くのであればすべての時間を楽しみましょう。

すべてを超える感動がある!

ダンサーが身体表現を目の当たりにすると、本当に感動します。テクニックを存分に楽しめる作品はもちろん、「ロミオとジュリエット」のようなストーリーがしっかりある物語バレエも感動します。

kazu

バレエは言葉がありません。言葉がないことで感覚が研ぎ澄まされるかもしれません。

これがバレエの良さです。僕は「ダンサーのジャンプ力がスゴイ!」「何回転もする!」といったテクニックも好きですが、感情表現を大事にする演劇的な作品も大好きです。そして、「生」で観る良さを味わってほしいです。「生」じゃないと感じられない感覚が間違いなくバレエにはあります。

ネットで予習を

とはいえ、いきなり生で観に行くのは難しいという場合は、ネットで予習もオススメです。ダンス映像がたくさん配信されています。舞台公演をそのまま放送していることが多いので拍手のタイミングなどよくわかります。

kazu

今回はバレエ鑑賞初心者が劇場に行く方法でした。
おススメの席なども随時アップしています。