jazz

腸内環境を良くするには?
植物性乳酸菌って知ってる?
ダンス上達とお腹の調子は関係ある?

お腹の調子が悪いだけで、気分が落ち込むこともあると思います。ダンスの世界でもお腹の調子はけっこう重要です。僕が尊敬するダンスの先生もよく腸内環境について話していました。

「腸内環境を良くするとパフォーマンスがよくなる」と自信をもって教えてくれました。

記事を書いているのは…

元劇団四季、テーマパークダンサー。30分のショーから2時間の舞台まで出演回数は5,000回以上。ダンス、ヨガ、ピラティス、ジムにも20年ほど通っています。

kazu

今回は「腸内環境を改善する3つの方法と、植物性乳酸菌」の紹介です。

※3分ほどで読み終わる記事です。

手軽に腸内環境を改善する3つの方法。植物性乳酸菌なら腸まで届く!

いいパフォーマンスに欠かせないお腹の調子

腸内環境が改善すると体調がかなり良くなると思います。特にダンスを踊るとき、お腹の調子は重要です。

ダンスでは、常に腹筋の中にある丹田たんでんに力をいれてい踊ります。体幹をしっかり使った状態で、身体の芯に力を込めつつ、ほかの部分は適度にリラックスしながら踊ります。 お腹の調子が悪いと、丹田に力を入れるのが難しくなってしまいます。

丹田に関してはこちらにどうぞ。

お腹に力を入れるためには腸内環境が良くないといけません。つまり、パフォーマンス向上にとても役立つのが腸内環境改善です

恩師の教え

僕がお世話になった先生は「お腹の調子を整えることが大事」とレッスンでよく言っていました。その先生は、毎朝白湯を飲み、キャベツに砕いたナッツを入れたサラダを食べると言っていました。

朝、白湯を飲むとお腹の調子がよくなります。そしてキャベツには食物繊維がたっぷり含まれているので、とても理にかなった方法だと思います。

50度の白湯さゆ

50度の白湯で腸内環境を改善する

白湯はお湯のことです。50℃ほどの温かい白湯をゆっくり飲むと、胃腸を中心に体の内部をゆっくり温めることが出来ます。白湯を飲むと全身の血行が良くなり、身体が温まります。すると、内臓の動きが活発になり、消化作用が促進されます。すると、胃腸の働きが良くなります。

便通が良くなり老廃物が排出されるので、肝臓や腎臓の働きが良くなります。特に朝一番で白湯を飲むと、就寝中に溜まった老廃物を排出することができます。

キャベツ

キャベツとナッツを食べて腸内環境を改善する

葉野菜はやさいの中でもキャベツは栄養がとにかく豊富です。特に食物繊維が豊富に含まれるため、便通が良くなる効果があります。ナッツ類を入れ、オリーブオイルをかけると食感もよく、たくさん食べることができます。

ボールいっぱいのキャベツ。今はコンビニでも100円程度で1食分の千切りキャベツが売っているのでオススメです。

グルテンフリー

腸内環境が改善すれば体調がすこぶる良くなります。僕は実際に腸内環境を改善することで体調の変化をすごく感じたうちの一人です。僕が実践したのはグルテンフリーでした。グルテンフリーを試すことによって腸内環境が改善され体調がすごく良くなったのを覚えています。

この経験から今も体調が悪くなったらなるべく小麦粉を取らないようにしています。たったこれだけで腸内環境が改善するのが分かります。

2種類の乳酸菌

今回オススメしたいのが乳酸菌です。

乳酸菌を摂取することでお腹の調子がぐーっとよくなります。実は乳酸菌には動物性乳酸菌と植物性乳酸菌があります。乳酸菌と聞いて真っ先に思い浮かぶであるヨーグルト。こちらは牛乳を発酵させてつくる動物性乳酸菌です。

それに対し、お漬物やキムチは野菜を発酵させてつくる植物性乳酸菌です。オススメは植物性乳酸菌です。

腸内環境改善には植物性乳酸菌がおすすめ

ヨーグルトなどに含まれる動物性乳酸菌は胃で溶けてしまいます。ですが、植物性乳酸菌は胃で溶けることなく腸にまで届くことがわかっています。

腸内環境は善玉菌、悪玉菌、日和見菌の3種類の菌によって環境が保たれています。

腸内細菌

善玉菌:腸内環境を良好に
悪玉菌:腸内環境を悪化
日和見菌:善玉菌になったり悪玉菌になったりと立場をコロコロ変える

この日和見菌は悪玉菌が多くなると悪玉になってしまいます。

理想の比率

善玉菌:日和見菌:悪玉菌

2 : 7 : 1

日和見菌を悪玉にしないため、善玉菌を20%にする必要があります。

めがね

善玉菌は腸内細菌のうちの20%あれば大丈夫というのは、意外に低く感じるのではないでしょうか?

死滅した菌でも効く?

動物性乳酸菌は胃酸や腸液によって死滅してしまいます。ヨーグルトには生きて腸まで届くという風に書いてありますが生きて腸に届くのは、動物性乳酸菌ではなく植物性乳酸菌ということが分かっています。

死滅した菌と聞くと、効果がないように思われますが、生きた菌と同じ効果があります。そのため、なんの心配もいりません。

ヨーグルトを毎日食べていて身体の調子がいい場合、ぜひそのままヨーグルトを食べ続るのがオススメです!

ヨーグルト毎日食べられますか?

kazu

ヨーグルト…。毎日は食べられない…。

僕もヨーグルトは嫌いではないですが、毎日食べるのは正直きついと思っていました。しかし、腸内環境改善のために毎日食べるようにしていました。ヨーグルトにはたくさん動物性乳酸菌が含まれていますが、実は苦手という人もいるのではないでしょうか。

ヨーグルトは日本人にあまり合っていないというケースもあります。昔は身長を伸ばすためや、健康のために牛乳を飲んでいましたが、年齢を重ねるうち牛乳を飲むとお腹の調子が悪くなるようになりました。牛乳は大好きだったので残念ですが、今は豆乳を飲んでいます。

僕みたいにヨーグルトがあまり合わないという方にオススメなのが植物性乳酸菌です。

植物性乳酸菌が含まれる食べ物

日本では植物性乳酸菌が含まれる食材はたくさんあります。一番かんたんなのはお漬物です。特にぬか漬けがオススメです。

野菜

ぬか漬け、キムチ、水キムチ、柴漬け、すんきづけ、すぐきづけ、たくあん、ザワークラウト、ピクルス、メンマ、ザーサイ

それ以外

納豆、味噌、醤油、塩麹、チャツネ、甘酒、マッコリ、日本酒

浅漬けやキムチに関しては乳酸菌が含まれていない商品もあるので食品表示に注意してください。

1ヶ月1,400円ほど。サプリメントから簡単に乳酸菌をとることができます。

kazu

今回は「腸内環境改善と植物性乳酸菌」のご紹介でした。 ぜひぜひチェックしてみてください。
ありがとうございました。