jazz

ジャズダンスはどう発展していった?
1980年代のジャズダンスは?
ミュージカル?ダンス映画

前回は1970年代の「ダンスの多様性」について紹介しました。

記事を書いているのは…

元劇団四季、テーマパークダンサー。ジャズダンスを勉強中

kazu

今回は「1980年代のミュージカルと映画に影響を与えたジャズダンス」です。

※3分ほどで読み終わります。僕が習ったことや調べたことをもとに書いていることをご了承ください。

1980年代

1980年代はジャズダンスの発展に欠かせないダンサー、振付師が数多く登場します。

この時代、舞台・映画・テレビ・ミュージックビデオと数多くのダンス作品がつくられたことに理由があります。

ジャズダンスの歴史の流れ(1980年代~1990年代のアメリカ)

舞台や映画のような長編の作品と、テレビやミュージックビデオのような小作品に分かれていきます。

この記事ではミュージカル、映画について解説します。

ウエストエンドのミュージカル

ロンドンにあるウエストエンドは、ニューヨークのブロードウェイと同じく演劇が盛んな地域です。

1980年代最大のミュージカルヒット作を送り出したのはアンドリュー・ロイド・ウェバーです。『キャッツ(1981年)』『オペラ座の怪人(1986年)』と現在も上演がつづく作品がウエストエンドから生まれました。

ウエストエンド発のミュージカルがさらにブロードウェイに輸入されるようになります。

1988年ブロードウェイでスタートした『オペラ座の怪人』は現在も上演が続き、ブロードウェイのロングラン記録を更新し続けています。

『キャッツ』『オペラ座の怪人』の振付家ジリアン・リンは元英国ロイヤル・バレエ団出身です。ダンスはジャズバレエが基本となっています。

舞台版のDVDです。

舞台版のDVDです。

ブロードウェイ再開発

ドラッグ、犯罪がはびこるブロードウェイ。1982年、再開発計画が持ち上がります。

実際に計画がスタートするのは1992年ですが、この頃から政府主導で風俗店などの立ち退きが本格化し、治安が改善されていきます。

ダンス映画

1980年代は名作ダンス映画の宝庫です。

『フェーム』(1980年)

振付:ルイス・ファルコ

芸術学校を舞台にさまざまなダンスが登場します。

『フラッシュダンス』(1983年)

振付:ジェフリー・ホーナデイ

これぞジャズダンスです。ファッションも影響を与えました。

『ステイン・アライブ』(1983年)

振付:デノン・ロールズ、セイファー・ロールズ

パワフルなジャズダンスです。

『フットルース』(1984年)

振付:リン・レイラー・コーベット

誰もが踊れるようなジャズダンスです。

『ブレイキング』(1984年)

振付:ジェイム・ロジャース

ブレイキン、ヒップホップ、ジャズダンス、どれもクオリティがかなり高いです。

『ホワイトナイツ/白夜』(1985年)

振付:ローラン・プティ、トワイラ・サープ、ミハイル・バリシニコフ

バレエ界のスター(ミハイル・バリシニコフ)とタップ界のスター(グレゴリー・ハインズ)共演した名作です。

『ダーティー・ダンシング』(1987年)

振付:ケニー・オルテガ

社交ダンスとジャズダンスが融合しています。

この時代を経て、ダンス映画が新たなジャンルとして認められるようになりました。

振付のケニー・オルテガ、ジェフリー・ホーナデイは現代でも活躍しディズニー・チャンネルのミュージカル作品『ハイスクール・ミュージカル』『ティーン・ビーチ・ムービー』なども手掛けています。

ダンサー体型を目指す筋トレ・体幹トレ

ダンス上達のために身体づくりは欠かせません。身体づくりの知識をつけ、効率的かつ自分独自のメニューを作っていきましょう。

ダンサーのような軽い身体、柔軟性、芯のある機能的な筋肉をつくる基本は、自体重トレーニング・体幹トレーニングです。ケガしづらく、自分の身体に合った筋肉がついていきます。

1,500円ほど。

オンラインレッスン

ルーティーンを持つためにプロに頼ることは、時短かつ効率的です。オンラインレッスンはコスパがよく、先生が一流で、内容も充実しています。

筋トレ・ストレッチ・ヨガ・ピラティスを月3,300円ほどでほぼ受け放題できる「SOELU」。

ヨガに特化した業界大手の「LAVA」は月2,000円ほどでほぼ受け放題です。

ダンサー体型を目指すトレーニング情報をまとめていますので、ぜひご覧ください。

kazu

今回は「ジャズダンスにおける人種の融合とテクニックの確立」についてでした。次回に続きます。
ありがとうございました。

次の記事はこちら。