バレエ『ラ・バヤデール』第1幕ストーリー・見どころポイント
jazz

『ラ・バヤデール』 第1幕の内容は?
見どころは?
バチバチの演技合戦とは?

インドの雰囲気漂う古典バレエ『ラ・バヤデール』 。

第1幕からドロドロとした展開です。

記事を書いているのは……

元劇団四季、テーマパークダンサー。舞台、特にバレエを観に行くのが大好きで、年間100公演観に行った記録があります。

kazu

今回は、バレエ『ラ・バヤデール』第1幕の見どころポイントです。

※ 3分ほどで読み終わります。

自分の運命は自分で決める

『ラ・バヤデール』の初演は、1877年です。

当時の新しい女性像を示したと言われます。

勇敢な戦士ソロルが運命に逆らうことができず、弱々しく見えるニキヤが意思を貫く。

ヒロインのニキヤはひそかに戦士ソロルと愛し合っています。

ですが、厳格なカースト制が 2人を邪魔します。

ソロルは領主に従い、領主の娘との結婚を受け入れます。

それに対し、ニキヤはソロルと別れるよう命令されても受け入れず、自らの死をもって運命を決めていきます。

登場人物

バヤデールとは、寺院に仕える踊り子のことです。

登場人物

ニキヤ:神殿の舞姫(バヤデール)
ソロル:戦士
ガムザッティ:ラジャの娘

ハイ・ブラーミン:大僧正
ラジャ:首長

マグダヴェーヤ:苦行僧の長
アヤ:ガムザッティの召使
ソロルの友人

第1幕 第1場:ストーリー

古代インド。

勇敢な戦士ソロルが虎狩りに向かう。出発前、ソロルは苦行僧の 1人に舞姫ニキヤを呼んでくるよう頼む。

しかし、大僧正と僧たちが寺院から出てきてしまいソロルは身を隠す。

僧侶たちは聖なる炎に祈りを捧げる。そこにバヤデール(踊り子)たちも加わる。

ひときわ目立つのがニキヤで、大僧正はその美しさに魅せられている。ニキヤに言い寄る大僧正。しかし、ニキヤには愛を誓うソロルがいるため拒否をする。

祈りが終わるとバヤデールたちは苦行僧に聖なる水を差し出す。

そのとき苦行僧がニキヤにソロルがいることを伝える。

祈りを終えた一同は、寺院の中に戻っていく。

しかし、すぐにニキヤは寺院の外に出てくる。そこで再会するニキヤとソロル。

2人で愛を確かめ合う。

それを物陰から見る大僧正。嫉妬の感情が燃え上がり、どうにかしてやろうと誓うのであった。

唯一の愛あふれるシーン

最初のニキヤとソロルのパ・ド・ドゥ( 2人の踊り)は、作中で唯一愛にあふれるシーンです。

ニキヤは大僧正の前では高貴に踊りますが、ソロルの前では自由に踊ります。

『ラ・バヤデール』では女性ダンサーが背中を柔軟に使います。

クラシックバレエのポジションよりもグーッと反ることでインドのエキゾチックな雰囲気が増し、色気を出しています。

インドを連想させるような振付がたくさん入っているのが特徴です。

ミラノ・スカラ座バレエ団(マカロワ版)より。スヴェトラーナ・ザハロワ(ニキヤ)とロベルト・ボッレ(ソロル)です。

ニキヤがソロルを探し、2人で踊るシーンです。

第1幕 第2場:ストーリー

ラジャの宮殿。

ラジャは娘ガムザッティに戦士ソロルと結婚するよう伝える。肖像画(お見合い写真)を気に入ったムザッティは快く受け入れる。

ソロルが呼ばれ、ラジャから結婚するよう告げられる。

ニキヤを愛しているソロルは困惑するものの、ラジャの命令に逆らうことができない。

なによりガムザッティの美しさを否定することはできなかった。

ラジャに呼び出されるガムザッティとソロル。2人の結婚が正式に決定する。

大僧正が呼ばれ、ラジャと話をしている。「ソロルにはニキヤという恋人がいる」と密告する。ニキヤはラジャの怒りを買ってしまう。

そして、この話をガムザッティが聞いてしまう。

ガムザッティがニキヤを呼び出す。宝石を与え、ソロルを諦めるよう詰め寄る。

断るニキヤ。プライドを捨て懇願するガムザッティ。

言うことをどうしてもきかないニキヤに激怒する。もみ合ううち、ニキヤが短剣でガムザッティに襲いかかってしまう。

かろうじて侍女が止めに入り、ニキヤはとんでもないことをしたことに気づき逃げていく。

ガムザッティはニキヤを亡き者にすることを誓うのであった。

バチバチの戦い

最大の見せ場はニキヤとガムザッティの直接対決です。

ニキヤはベテランダンサーが配されることが多く、ガムザッティは若手が配役されることが多いです。

ヒヤヒヤするシーンです。

ですが、遠慮なく度胸をみせるダンサーがいます。

舞台がさらにおもしろくなります。

英国ロイヤル・バレエ団(マカロワ版)より。マリアネラ・ヌニェス(ニキヤ)、ナタリア・オシポワ(ガムザッティ)。

この公演では 2人ともニキヤとガムザッティの両方の役を演じていたので、お互いの気持ちを理解していて深みのある公演でした。

パリオペラ座・バレエ団(ヌレエフ版)より。オーレリ・デュポン(ニキヤ)とリュドミラ・パリエロ(ガムザッティ)です。

マイムが多用されていますが、マイムの意味を知らずともわかるような展開になっています。

マイムの解説

乳母:「舞姫を呼んできました」
ガムザッティ:「連れて来なさい」
・うやうやしく挨拶するニキヤ
ガムザッティ:「そばに来なさい」
・ニキヤの美しさに戸惑ってしまうガムザッティ
ガムザッティ:「宮殿を案内しましょう」
・ニキヤにソロルの肖像画を見せる
ガムザッティ:「このヴェールはソロルと私が結婚する証。この美しい宮殿は私のもの。それに比べてあなたは?ただの舞姫でしかない」
ニキヤ:「お待ちになってください。ソロルは私と神に永遠の愛を誓いました」
ガムザッティ:「別れてちょうだい」
・ニキヤに手をあげるガムザッティ
ガムザッティ:「宝石をあげるから。受け取りなさい」
・ナイフを振り上げるニキヤ
・我に返るニキヤ
ガムザッティ:「絶対にニキヤを殺してやる」

インド風の挨拶も特徴です。

第2場はさまざまなバージョンがあります。

ガムザッティとソロルの結婚が決まったとき、ニキヤが呼ばれるバージョンもあります。このときソロルはそっと隠れ、何も知らないニキヤは踊りを披露、ガムザッティも喜びます。

さらにドラマチックな展開になっています。

オススメDVD

マカロワ版、ヌレエフ版、グリゴローヴィチ版の 3つのバージョンがオススメです。

英国ロイヤル・バレエ団(マカロワ版)

マリアネラ・ヌニェス、ワディム・ムンタギロフ、ナタリア・オシポワ主演。

ナターリヤ・オシポワの演技がとくに素晴らしく、初めてガムザッティに同情しました。

プリンシパルである高田茜さん、ヤスミン・ナグディが「影の王国」のソリストとして登場していて豪華です。

パリ・オペラ座バレエ団(ヌレエフ版)

ルドルフ・ヌレエフの遺作となった『ラ・バヤデール』。

このDVDは初演版です。1994年に収録されたバージョンですが、現在も発売され続けています。

イザベル・ゲラン、ローラン・イレール、エリザベート・プラテルが素晴らしいです。若き日のアニエス・ルテステュ、オーレリ・デュポンも登場しています。

ボリショイ・バレエ団(グリゴローヴィチ版)

スヴェトラーナ・ザハロワ、マリア・アレクサンドロワ、ウラディスラフ・ラントラートフ主演。

ニキヤとガムザッティがとにかく豪華です。

動画配信サイトでもバレエの公演を見ることができます。

ぜひ無料期間を活用してみてください。

『ラ・バヤデール』に関する記事はこちらでまとめています。

第1幕の見どころポイント(現在の記事)
第2幕の見どころポイント
第3幕・第4幕の見どころポイント
kazu

今回は、『ラ・バヤデール』第1幕のあらすじ・見どころでした。
ありがとうございました。

バレエ作品に関してはこちらにまとめていますので、ぜひご覧ください。