jazz

「ラ・バヤデール」の第3幕、第4幕は?
初心者でも楽しめる?
見どころは?

第2幕でニキヤが死ぬのをそのまま見ているしかなかったソロル…。しかし、ソロルにはどうにもできなかった部分があります。

そんなソロルに救いの手を差し伸べられるのが第3幕です。

記事を書いているのは…

元劇団四季、テーマパークダンサー。舞台、特にバレエを観に行くのが大好きで、年間100公演観に行った記録があります。

Amazon Prime 30日間無料トライアル

kazu

今回は、バレエ「ラ・バヤデール」第3幕、第4幕の見どころポイントに関してです。

※3分ほどで読み終わる記事です。

「バヤデール」に関する記事はこちらでまとめています。

第1幕の見どころポイント
第2幕の見どころポイント
第3幕の見どころポイント(→この記事)

広がるクラシックの世界

第1幕、第2幕とインドの雰囲気だった舞台が、第3幕では一気にクラシックの雰囲気になります。振付のマリウス・プティパはクラスで習うような基本的なクラシックのステップで構成しています。

真っ白なクラシックチュチュと薄暗い舞台照明。衣装に羽衣のようなものがついているので、インドの雰囲気が少しありますがクラシックの世界にどっぷりひたることができます。

第3幕のあらすじ

ソロルが寝室で休んでいる。目の前で死にゆくニキヤを助けなかったソロル。失意の中にいる。気持ちを紛らわすため、アヘンに溺れるソロル。

そして、深い眠りに堕ちていく。

天に登ったバヤデール(踊り子)たちが影となって現れる。ひとり、またひとりとゆっくりと影のバヤデールが近づいてくる。その世界はとても穏やかで美しい。

ソロルはニキヤの影を追い求め、「影の王国」に飛び込む。ニキヤの影が現れるが、ソロルが近づくとフッと消えてしまう。あきらめずに何度も追いかけるとニキヤの影がやってくる。

心を通い合わせていくニキヤとソロル。

強い愛により、ふたりの魂は解放される。

第3幕のポイント

「ラ・バヤデール」の終わり方はさまざまです。

まずは先ほど紹介したソロルが目覚めることなく終わるバージョン。

そして、ソロルが目覚め現実世界に戻っていくバージョン。

さらには、第4幕まで続くバージョンがあります。第4幕はのちほど紹介します。

「影の王国」というバレエ・ブラン

「影の王国」という言葉から怖い雰囲気を連想させる人が多いですが、「ラ・バヤデール」では影を真逆に捉えています。

影は人の細かい部分までしっかりと再現します。そしてこの影が、人間の隠された精神をも表す存在として扱われています。

厳格な制度のもとにあるインドと、その制度に翻弄される人々。しかし、人々の心の中には本音が隠されています。ニキヤがソロルを愛し、ソロルがニキヤを愛する。現実の世界では声をあげることができなかった想いが、「影の王国」で実現します。

「影の王国」はとても静謐で安心できる世界です。この完璧な世界をマリウス・プティパはバレエ・ブランで表現しています。

バレエ・ブラン

日本語では「白いバレエ」と直訳されます。女性ダンサー全員が白い衣装でクラシックバレエを踊る作品や場面のことをバレエ・ブランと呼びます。

「白鳥の湖」「ジゼル」「ラ・シルフィード」がバレエ・ブランです。

この「影の王国」は人気があるので、バレエの公演でこのシーンだけ抜粋して上演されることもあります。クラシックバレエを観たい、という人にオススメしたいシーンです。

「影の王国」の群舞

薄暗い照明の中、山の中腹にひとりのダンサーが登場。そのダンサーに続き32人が順に登場します。全ダンサーがアラベスクというステップを繰り返します。先頭のダンサーは39回も繰り返します。

観客は気づいたら「影の王国」の中にいるような錯覚に陥ります。

ボリショイ・バレエ団より。

とくにロシアのバレエ団の持つ雰囲気は特別だと思います。

3人のソリスト

「影の王国」では3人のソリストが登場します。スピーディーな第1バリエーション、ダイナミックな第2バリエーション、コントロールされた第3バリエーション。個性が光ります。

第3バリエーションを踊るヤスミン・ナグディ。英国ロイヤル・バレエ団より。

ニキヤとソロル

そして最大の見せ場がニキヤとソロルのパ・ド・ドゥです。

不自由さから解放され、魂で語り合うパ・ド・ドゥです。大げさな表情を作るわけでなく、ただただ美しい踊りが広がっていきます。

ミラノ・スカラ座バレエ団より。スヴェトラーナ・ザハーロワとロベルト・ボッレ。

第4幕のあらすじ

第4幕はないバージョンも多いですが、最後に紹介します。

ソロルとガムザッティの結婚式が寺院でおこなわれる。しかし、寺院の中の様子がおかしい。

自分勝手なおこないをする人間たちについに神の罰がくだる。寺院が崩壊し、ソロル、ガムザッティ、領主、大僧正が下敷きとなり死んでしまう。

倒れるソロルのもとにニキヤの魂がやってくる。そしてニキヤに連れられ天に登っていくソロル。2人の魂は永遠に結ばれるのであった。

フルバージョンでオススメはこちら

グリゴローヴィチ版、ヌレエフ版、マカロワ版の3つのバージョンがおススメです。

ボリショイ・バレエ団(グリゴローヴィチ版)

スヴェトラーナ・ザハロワ、マリア・アレクサンドロワ、ウラディスラフ・ラントラートフ主演。ニキヤとガムザッティがとにかく豪華です。

パリ・オペラ座バレエ団(ヌレエフ版)

ルドルフ・ヌレエフの遺作となった「ラ・バヤデール」。このDVDは初演版です。1994年に収録されたバージョンですが、現在も発売され続けています。

イザベル・ゲラン、ローラン・イレール、エリザベート・プラテルが素晴らしいです。若き日のアニエス・ルテステュ、オーレリ・デュポンも登場しています。

英国ロイヤル・バレエ団(マカロワ版)

マリアネラ・ヌニェス、ワディム・ムンタギロフ、ナタリア・オシポワ主演。

ナターリヤ・オシポワの演技がとくに素晴らしく、初めてガムザッティに同情しました。プリンシパルであるヤスミン・ナグディ、高田茜さんが「影の王国」のソリストとして登場していて豪華です。

Amazon Prime 30日間無料トライアル

kazu

「ラ・バヤデール」第3幕、第4幕のあらすじと見どころ解説でした。
ありがとうございました。