jazz

「ロミオとジュリエット」の裏側も知りたい?
いつ作られた?
どんな裏話がある?

僕は「ロミオとジュリエット」を何回見ても飽きることがありません。作品を知っていくに連れ、裏話も知りたくなりいろいろ調べたことがありました。

記事を書いているのは…

元劇団四季、テーマパークダンサー。舞台、特にバレエを観に行くのが大好きで、年間100公演観に行った記録あり。

kazu

今回はケネス・マクミラン版「ロミオとジュリエット」の裏話や歴史を紹介しています。

※3分ほどで読み終わる記事です。

マクミラン版「ロミオとジュリエット」のうら側

マクミラン版「ロミオとジュリエット」に関してはたくさん記事を書いていて、こちらが一覧です。

全バージョン共通「ロミオとジュリエット」のあらすじ
マクミラン版のみどころポイント
マクミラン版の詳しい解説
マクミラン版ができるまで(→いま読んでいる記事)
バルコニーシーンの解説
バルコニーシーンのリハーサル風景
映画版のあらすじと解説

「ロミオとジュリエット」はバレエが1番?

「ロミオとジュリエット」はシェイクスピアの作品で「ウエスト・サイド・ストーリー」など、「ロミオとジュリエット」を土台にしている作品がたくさんあります。歴史の話をする前にマクミラン版の「ロミオとジュリエット」の紹介です。

こちらの記事でも紹介している通り「セリフがない」という理由で、踊りだけで表現するバレエは「ロミオとジュリエット」とかなり相性がいいと思っています。

バレエと相性がイイ2つの理由

・セリフがない
・ジュリエットの設定年齢が14歳

14歳のジュリエット

ジュリエットは14歳直前という設定です。ジュリエットは数あるバレエ作品の中で恐ろしく表現が難解な役とされています。ただし、技術的にはもっと難しい作品がたくさんあります。

「ロミオとジュリエット」最大の矛盾

・実年齢が低いダンサーはジュリエットの見た目に近いが、表現力が足りない
・実年齢が高いダンサーはジュリエットの見た目に遠くなることもあるが、表現力が非常に高い

とはいえ、バレエは映画やテレビと違い、年齢が高くても問題ありません。見た目をカバーできるのが、舞台の魅力です。

kazu

ジュリエットを当たり役としたアレッサンドラ・フェリ。僕が一番感動したジュリエットは、アレッサンドラ・フェリの引退公演でした。40歳を超えていましたが、14歳のジュリエットを完璧に演じていました。

ジュリエットは人生経験を積んだダンサーほど素晴らしい演技をする役です。そのため30歳を超えたダンサーがジュリエットを踊ることもたくさんありますし、僕はそういうダンサーの演技を見るのが大好きです。

マクミラン版までの流れ

マクミラン版(1965年)はラブロフスキー版(1940年)とクランコ版(1962年)にかなり影響を受けています。中でもパントマイムに特徴があります。

バレエでは感情を表現するためにパントマイムが使われることがあります。ですが、1962年に振り付けをしたジョン・クランコが、パントマイムに不自然さを感じます。クランコ版「ロミオとジュリエット」は、できるだけパントマイムを使わずに「踊りだけで感情を表現すること」に力を注ぎました。

マクミランはこの影響をかなり受けていて、マクミラン版「ロミオとジュリエット」ではパントマイムがかなり排除されています。

ケネス・マクミラン版のはじまり

マクミラン版がおそらく世界で一番踊られているバージョンです。世界中のバレエ団で踊られていて、日本では新国立劇場がレパートリーに持っています。

初演:1965年2月9日

ロンドン(ロイヤル・オペラ・ハウス):英国ロイヤル・バレエ団

振付:ケネス・マクミラン
音楽:セルゲイ・プロコフィエフ
美術:ニコラス・アディス
照明:ジョン・B.リード

ジュリエット:マーゴ・フォンテイン
ロミオ:ルドルフ・ヌレエフ

1940年、ソビエト連邦の振付家ラブロフスキーが「ロミオとジュリエット」を創作しました。1965年、このラブロフスキー版がイギリスで上演される予定でしたが、ソ連がイギリスでの公演を拒否したことから、マクミラン版「ロミオとジュリエット」の制作が始まります。そして、5ヶ月後のアメリカツアーを目標に、急ピッチで制作されました。

前年の1964年、カナダのテレビ番組のために「バルコニーシーン」の7分が振り付けられました。その時ジュリエットを踊ったのが、ケネス・マクミランのミューズといわれるリン・シーモアです。(マクミランはリン・シーモアのために「マイヤーリンク」のマリー・ヴェッツェラ、「アナスタシア」、「コンチェルト」の第2バリエーションなどを振り付けました)相手役のロミオを踊ったのはクリストファー・ゲーブルです。

「バルコニーシーン」はたった3回のリハーサルで完成した、とリン・シーモアはインタビューで語っています。この「バルコニーシーン」を軸に「ロミオとジュリエット」が作られることになりました。

主役が直前で交代

jazz

マクミラン版の初演ってマーゴ・フォンテインとルドルフ・ヌレエフだったような…。

そのとおりで、初演は当時バレエ界の大スターだったマーゴ・フォンテインとルドルフ・ヌレエフが踊っています。マクミランはリン・シーモアとクリストファー・ゲーブルを初演キャストにしたかったようですが、英国ロイヤル・バレエ団の経営陣の意向で初演メンバーが決まってしまいました。このときマクミランと経営陣はかなりモメたようです。

kazu

英国ロイヤル・バレエ団のダンサー全員ががっかりしたと言われています。

でもマーゴ・フォンテインとルドルフ・ヌレエフは観客を呼ぶことができるダンサーでした。特にマーゴ・フォンテインはこのとき引退間近といわれていましたが、ジュリエットのおかげでダンサーとして息を吹き返したとも言われています。

去ってしまう

リン・シーモアはこのことが影響し、ベルリンに行ってしまうのでした…。そしてマクミランも、リン・シーモアと一緒に1966年から4年間ベルリン・ドイツ・オペラ・バレエ団に行ってしまったのでした。英国ロイヤル・バレエ団には1970年まで戻ってくることはありませんでした。

しかし、初演時の大喝采は相当なもので、43回のカーテンコールがあったと記録されています。これだけ受け入れられたのはマーゴ・フォンテインとルドルフ・ヌレエフが踊ったからだと思います。経営陣の意向が正しかったのか、マクミランの意向を通すべきだったのか、本当に難しい部分です。

kazu

僕は、こういう話すごく人間味があって好きです。

マクミランへの影響

マクミランは制作にあたり、ルネッサンス時代にも大きく影響を受けています。とくに「クワトロチェント」とよばれるルネッサンス初期の1400年代です。

クワトロチェント

イタリア語で「400(の)」という意味で、ダ・ヴィンチ登場の前の時代。この時代の絵画や建物をもとに、舞台セットや衣装がつくられた。

マクミランは舞台美術で「ロミオとジュリエット」のキャラクターが表現できるようかなり気をつかっています。それぞれの家にテーマカラーがあり、キャピュレット家は赤、モンタギュー家は緑です。

フランコ・ゼフィレッリ監督からの影響

マクミラン版より前、ジュリエットの人物像は「大切に育てられたがゆえに世間を知らないお嬢さま」という描かれ方をしていました。対するマクミラン版では情熱的な女性としてジュリエットが描かれています。

ちなみに、ロミオはロマンティックな面が強調されています。これはフランコ・ゼフィレッリ監督に大きな影響を受けています。

フランコ・ゼフィレッリ監督は1968年に公開された映画「ロミオとジュリエット」の監督として有名です。映画史に残る名作で、オリヴィア・ハッセーが日本で爆発的な人気となりました。1968年度アカデミー賞では、4部門でノミネート。撮影賞と衣装デザイン賞を獲得しています。

この映画からさかのぼること8年前の1960年。フランコ・ゼフィレッリ監督はイギリスにあるオールド・ヴィック・シアターで舞台版「ロミオとジュリエット」を発表しています。

ケネス・マクミランはこの舞台版に影響を受けたとされています。この舞台がのちの映画につながっていくので、マクミラン版の予習として映画版を観るのもオススメです。

【余談】北川悦吏子えりこさんに影響

2019年1月18日に放送された「アナザースカイ」。脚本家の北川悦吏子さんの回でした。この北川悦吏子さんが大きな影響を受けたと語るのがフランコ・ゼフィレッリです。フランコ・ゼフィレッリの影響がマクミランの「ロミオとジュリエット」に影響を与え、日本のドラマにも影響を与えているなんてとても素敵です。

「ロングバケーション」「半分、青い。」にもバルコニーシーンが登場します。フランコ・ゼフィレッリ監督から北川悦吏子さんへの手紙はこちら。

マクミラン版のオススメDVD

2,000円ほどです。マクミランのミューズだったアレッサンドラ・フェリによるジュリエットと、ウエイン・イーグリングによるロミオ。1984年に収録されましたが、今見ても素晴らしいのでオススメです。

kazu

今回はマクミラン版のうら側をお伝えしました。
ありがとうございました。