jazz

永久メイさんのドキュメンタリーがABEMA TVで放送内容は?
永久メイさんとは?
どうやったらドキュメンタリーが見られる?

バレエ大国ロシアで活躍する20歳の永久メイさん。これからどんどんメディアに出てくるであろうバレエダンサーです。ABEMA TVで30分のドキュメンタリーの放送がありました。

永久メイさんの魅力たっぷりの内容で、オススメです!

記事を書いているのは…

元劇団四季、テーマパークダンサー。舞台、特にバレエを観に行くのが大好きで、年間100公演観に行った記録あり。ぜひ男性にもバレエを観に行ってもらいたいと思っています。

kazu

今回は初心者でも楽しめる「永久メイさんのドキュメンタリー」の紹介です。

※3分ほどで読み終わる記事です。

20歳の若きホープ

ロシアには歴史ある大きなバレエ団が2つあります。それがボリショイ・バレエ団とマリインスキー・バレエ団です。由緒正しきバレエ団です。来日公演も多いので、日本で観る機会がたくさんあるバレエ団です。

世界中のバレエ団が来日していますが、ぼくの肌感だとロシアのバレエ団は日本人からの人気が高いです。っその中でもボリショイ・バレエ団とマリインスキー・バレエ団がズバ抜けて人気です。ボリショイ・バレエ団はダイナミックで、マリインスキー・バレエ団は伝統的というイメージです。

このマリインスキー・バレエ団で活躍する20歳のバレエダンサーが永久メイさんです。

いきなり研修生

ふつうマリインスキー・バレエ団に入団するには付属のワガノワ・バレエ・アカデミーに通う必要があります。ですが、永久メイさんはモナコのバレエ学校からいきなり研修生としてマリインスキー・バレエ団に入団します。しかも、扱いはソリストです。

マリインスキー・バレエ団の9割はロシア人のため、これがいかに破格の待遇かわかると思います。

永久メイさんの経歴

兵庫県出身

2013年:ユース・アメリカ・グランプリのジュニア部門で第1位になり、モナコ王立グレースバレエ学校に留学
2017年:マリインスキー・バレエ団の研修生に
2018年:正団員に。セカンド・ソリストに昇格

ロシアのバレエ団は大抜擢というのがけっこうあって、10代から主役を踊るということが女性ダンサーでは多々あります。現在、マリインスキー・バレエ団でのプリンシパルであるアリーナ・ソーモワも18歳で大抜擢されました。

今回のドキュメンタリーでは「ロミオとジュリエット」の主役であるジュリエットのデビューを追っていましたが、すでに主役デビューは終わっています。今までに「ジゼル」「くるみ割り人形」「ラ・シルフィード」「愛の伝説」などの主役を踊っています。

マリインスキー・バレエ団でのプロフィールはこちらです。

238年目のシーズン…。マリインスキー・バレエ団は238年の歴史があります。

動画

マリインスキー・バレエ団で永久メイさんが踊っている映像はyoutubeでたくさんアップされています。とにかく踊りが軽く、テクニックが正確です。

永久メイさんを見ると、バレエは18歳くらいまでにテクニックが完成していないとプロとして踊っていくのは難しいんだな…、と実感させられます。ちなみに、youtubeで検索する時は「may nagahisa」もしくは「Мей Нагахиса」で探してみてください。

ABEMA初ドキュメンタリー「ミレニアル」バレエダンサー: 永久メイ

ドキュメンタリーでは、ラヴロフスキー版の「ロミオとジュリエット」の主役デビューを追っています。「ロミオとジュリエット」のバレエは数々のバージョンがあります。詳しくはこちらをどうぞ。

番組内で登場する永久メイさんのコーチであるエルヴィラ・タラソワさん。現役ダンサー時代からコーチとして活躍し、ロシアでトップのバレエダンサーであるエフゲーニャ・オブラスツォーワ(マリインスキー・バレエ団で活躍し、現在はボリショイ・バレエ団のプリンシパル)を指導しています。

バレエは国によって踊り方が違います。永久メイさんはいきなりソリストとして入団しているのですが、もしコール・ド・バレエ(群舞)からスタートしていたらもっと苦労していたのかもしれません。群舞で踊る時は周りと絶対合わせないといけないので、付属の学校であるワガノワ・バレエ・アカデミー出身でないと踊り方でかなり苦労した可能性があります。

ソリストとしてますます活躍している永久メイさん。きっと日本でも踊ってくれることも多くなるんじゃないか、と思います。

最後に、Avicii(アヴィーチー)の「Without You feat. Sandro Cavazza」がテーマソングとして使われていて、すごくマッチしています!

さらに知りたい方へ

ドキュメンタリーでも紹介された「Forbes JAPAN 2020年12月号:30 UNDER 30 JAPAN 2020」特集記事です。

kazu

今回は「永久メイさん」のご紹介でした。 ぜひぜひチェックしてみてください。
ありがとうございました。