jazz

「マイヤーリンク(うたかたの恋)」第2幕はどう展開していく?
見どころは?

第1幕から不穏な空気が流れる「マイヤーリンク」。

第2幕では居酒屋のシーンが登場し、華やかな踊りもたくさん出てきます。

記事を書いているのは…

元劇団四季、テーマパークダンサー。舞台、特にバレエを観に行くのが大好きで、年間100公演観に行った記録があります。

kazu

今回は「マイヤーリンク」第2幕のあらすじと見どころポイントです。

※3分ほどで読み終わる記事です。

第2幕:自殺が現実的に…

作品全体に関してはこちらの記事で紹介しています。

登場人物

ルドルフ皇太子:オーストリア・ハンガリー帝国の皇太子。フランツ・ヨーゼフ皇帝の嫡子
マリー・ヴェッツェラ:ルドルフの最後の愛人で心中時は17才。男爵令嬢ではあるが普段宮殿に出入りは許されていなかった

ステファニー皇妃:ルドルフ皇太子の妻。ベルギー王家の出身
フランツ・ヨーゼフ皇帝:オーストリア・ハンガリー帝国の皇帝。ルドルフの父
エリーザベト皇后:フランツ・ヨーゼフ皇帝の妻。ルドルフの母

ラリッシュ伯爵夫人:ルドルフの前愛人(史実では従姉妹)。ルドルフとマリーの仲を取り持つ
ヘレーネ・ヴェッツェラ夫人:マリーの母。コンスタンチノープルの銀行家の娘。上流階級に食い込もうと必死

ブラットフィッシュ:ルドルフのお気に入りの御者
ミッツィー・カスパール:女優(高級娼婦ともいわれる)。ルドルフの一番お気に入りの愛人
”ベイ”・ミドルトン大佐:英国の騎兵将校。エリーザベト皇后の愛人
ハンガリーの4人の高官:ドルフがハンガリーに傾倒していることの象徴

第2幕(52分)のあらすじと見どころポイントを紹介していきます。

悪評の高い居酒屋

第1幕から数年後。ルドルフがステファニーを居酒屋(高級娼館)に連れてくる。大騒ぎをする人々…。ルドルフの従者であるブラットフィッシュがステファニーを楽しませようとするが、ステファニーは場に馴染めず出て行ってしまう。

ルドルフの情婦である女優のミッツィ・カスパーがここにいる。ミッツィと酔っ払いながら楽しく過ごすルドルフ。しかし、警察が突然居酒屋に入ってきて中にいた人々を捕まえる。全員が散り散りになる中、フランツとミッツィはうまく隠れることができる。

ポイント

ここでルドルフの本命である女優(高級娼婦)のミッツィ・カスパーが登場します。このシーンは華やかで踊りが満載の楽しいシーンです。居酒屋というより娼館という感じです。下着に鼓笛隊の帽子のようなものを被った娼婦の踊りや男性客の群舞もあります。

史実

ルドルフが新婚旅行でステファニーを娼館に連れて行ったと記録されています…。

ミッツィ・カスパーと4人の高官の踊りが見どころです。リフトも初めて見るようなものばかりで40年前に作られたとは思えないくらい古びてないです。


(ミッツィ・カスパー:マラヤ・マグリ)

ブラットフィッシュのソロ、ルドルフのソロ、群舞も含め、超がつくほどのスピード感です。

自殺の誘い

居酒屋に取り残されたルドルフは自殺しようとこめかみに銃をかまえる。それを止めるミッツィー。ルドルフはミッツィーに自殺を持ちかけるミッツィーにはその気がまったくない。そして、誰かが入ってくる気配を感じミッツィーはルドルフを外に逃がす。

そこには首相のターフェ伯爵がいる。ミッツィーはターフェ伯爵にビラを渡し、腕を組み去っていってしまう。

ポイント

ルドルフが本当に気に入っていたのはマリーではなく、ミッツィといわれています。

このシーンの最後は少しわかりにくいのですが、先のシーンにつながる重要な行動があります。ミッツィーがターフェ伯爵に渡したビラです。このビラにはハンガリー独立を支持するルドルフの考えが載っています。この考えは父ヨーゼフ1世とまっこうから対立する考えです。

ヴェッツェラ家

外に逃れたルドルフ。ラリッシュ伯爵夫人がルドルフを待っている。そばには美しく成長したマリーが…。

ラリッシュ伯爵夫人がヴェッツェラ男爵夫人の家を訪れ、マリーがルドルフにアタックするようけしかける。その気になったマリーはルドルフにあてた熱い手紙をラリッシュ伯爵夫人に託す。

ポイント

ここでようやくマリー・ヴェッツェラがストーリーに絡みはじめます。

史実

史実では、ラリッシュ伯爵夫人はエリザベート皇后の兄と女優の娘で、宮廷への出入りも許されない生まれでした。ただ、皇后エリザベートが可愛がっていたおかげで、宮殿に出入りすることができ、ルドルフと幼なじみだったそうです。この出自から、宮殿に気軽に入れないマリーに思うところがあったのかもしれません。

ラリッシュ伯爵夫人がこのシーンで「いかさま占い」をやります。

英国ロイヤル・バレエ団より。ヴィヴィアナ・デュランテがマリー、レスリー・コリアがラリッシュ伯爵夫人です。

ホーフブルク宮殿 – フランツ・ヨーゼフ皇帝の誕生祝い

宮殿では皇帝の誕生祝いが開かれている。ターフェ伯爵がハンガリー独立のビラの話をする。気分を害するヨーゼフ1世皇帝…。

お祝いの席にはフランツ皇帝が思いを寄せる歌手のカタリーナ・シュラット、フランツの祖母にあたりエリザベート皇后と不仲の皇太后ゾフィ、エリザベート皇后の不倫相手であるミドルトン大佐も出席している。

エリザベート皇后はお祝いのプレゼントとしてカタリーナ・シュラットの肖像画をプレゼントする。すると花火が上がりバルコニーに皆集まる。そんな中エリザベート皇后とミドルトン大佐が親密に踊っている。ルドルフは母の女の顔を見て孤独感に心を痛める。そんな姿を見たラリッシュ伯爵夫人がルドルフを気づかう。

花火が終わり、歌手であるカタリーナ・シュラットが歌う。「出会いと別れはこの世のならい 再びの出会いはなく 別れは重なっていく 最後にあるのは 別れのみ 今こそ別れのとき…」

多くの人が複雑な表情でシュラットの歌を聞いている…。

人々が席をたつと、ラリッシュ伯爵夫人がルドルフにマリーからの手紙を手渡す。

ポイント

このシーンからハプスブルク家の虚構がみてとれます。皆が政略で動いていて、行動と心が伴っていません。そんな環境で育ったルドルフに同情してしまいます。ルドルフは革命分子に傾倒していく気持ちもわかります…。

ここは複雑な場面です。ルドルフと父親であるヨーゼフ皇帝との政治的な意見の相違が顕著けんちょになったり、父と母両方の浮気相手が同席していたり、ルドルフが母の浮気を目撃してしまったり、マリーからの手紙をラリッシュ伯爵夫人から手渡されたり…。

カタリーナ・シュラットという歌手が登場します。公演では実際にオペラ歌手が配役され、悲しげに「我は別れゆく」を歌います。本物の歌手が歌っていて、バレエとオペラが融合している場面です。

史実

カタリーナ・シュラットは、エリザベートが自分の身代わりに皇帝にあてがった愛人です。カタリーナ・シュラットは好人物でその後、家族公認の仲になります。とくに子どもたちにとって不思議な関係となっていきました。

ホーフブルク宮殿 – ルドルフの部屋

ブラットフィッシュに連れられて入ってくるマリー。ルドルフとマリーが密会し、結ばれます。

ポイント

内容は過激です。

同じ嗜好しこうを持つ二人が、ここで本当の意味で出会ってしまいます。暴力的で、性に耽溺たんできする部分まで似ています。

この時マリーは17歳。たぶんルドルフはマリーに対して愛はありません。ですが、いいタイミングにマリーが現れ、死への渇望かつぼうを満たす相手が見つかってしまいます。ヘビのように狡猾こうかつで絡みつくような振付、アクロバティックな展開。狂気に満ちるルドルフに負けないマリー。

小鳥がさえずるような音楽だったり、穏やかな曲もあいだに挟まれ、逆に不穏です。

映像作品

英国ロイヤル・バレエ団より。スティーヴン・マックレー、サラ・ラム主演です。

kazu

今回は「マイヤーリンク」第2幕のご紹介でした。
ありがとうございました。