jazz

倉永美沙さんとは?
情熱大陸の内容は?
最近バレエ団を移籍した

2019年12月22日に放送された情熱大陸バレエダンサー「倉永美沙」さん編。サンフランシスコバレエ団の最高位であるプリンシパルとして活躍しています。

今回インタビュー中にサンフランシスコで息を吹き返したという話をされていました。番組を見ただけではその部分があまり深堀りされていなくてよくわかりませんでした。

記事を書いているのは…

元劇団四季、テーマパークダンサー。舞台、特にバレエを観に行くのが大好きで、年間100公演観に行った記録があります。

kazu

今回は「倉永美沙さんのサンフランシスコ・バレエ団移籍の理由」がテーマです。

※3分ほどで読み終わる記事です。

情熱大陸「倉永美沙さん」の内容

まずは倉永美沙さんに関してはこちらで経歴をご紹介しています。

2019年夏、16年在籍したボストン・バレエ団から、サンフランシスコ・バレエ団に移籍した倉永美沙さん。ボストン・バレエ団ではテクニックの高さが毎回評判となっていました。

「白鳥の湖」第3幕オディールのバリエーションより。軸がとにかくしっかりしていて、安定性抜群の踊りです。

実は、倉永美沙さんは18年前に1度サンフランシスコ・バレエ団に研修生として在籍していました。1年間、研修生として研修期間を過ごしましたが、その後の入団試験で正式契約を勝ち取れなかった過去があります。

そのサンフランシスコ・バレエ団に2019年、改めて挑戦することになりました。「全てを投げ打つ覚悟でここに来た」とインタビューで語っていました。番組ではサンフランシスコ・バレエ団のデンマーク公演、本拠地サンフランシスコで初めて踊る「くるみ割り人形」、客演で訪れたメキシコに密着していました。

踊りの映像もあり、インタビューは本音をすごく語っている感じがありました。

デンマーク公演では、初日を踊るダンサーのケガで倉永さんが踊ることに。その時のリハーサルを紹介していました。初日に踊るというのはバレエ団の看板を背負うことです。移籍してすぐのダンサーが、初日を踊るというのは、すごくすごく珍しいことです。

そんな実力を持つ彼女がサンフランシスコ・バレエ団に移籍したことを、「すべてを投げ打って」と言っていたり、「バレエダンサーとして死にかけていたところ…、セカンドチャンスをもらった」と話していました。僕はこの部分がとても気になりました。ですが、番組では深堀りされず…。ちょっと疑問が残ってしまいました。

なので、自分で調べてみたいと思います。

移籍に関する2つのヒント

ここからは倉永さんの移籍に関して考えてみます。

1:情熱大陸でのエピソード

倉永さんが思い出すと涙がこみ上げてくる演技。それは、バレエ学校の行事で踊っていた無名の少女の演技。目立つ役は与えられていなかったにも関わらず、少女の情熱が伝わってきた。「私もそういうダンサーでありたい」。

2:ダンスのパートナーのアンジェロ・グレコの存在

とても信頼し合っていて、ふたりはベストパートナーなんだと思います。

そのアンジェロ・グレコは2016年にサンフランシスコバレエ団に入団しています。外の公演で共演することはあっても、ボストンとサンフランシスコを本拠地としている二人が一緒に踊る機会はそこまで多くありません。

この2つのヒントを合わせると、きっと倉永さんは自分のベストパフォーマンスを常に出したいと思っていて、そのためにはアンジェロ・グレコの存在が欠かせない、と感じているんだと思います。

バレエ団移籍の理由は?

「バレエダンサーとして死にかけていたところ…、セカンドチャンスをもらった」と語っていた真意…。いくつか可能性を挙げてみます。

可能性

1つ目:一度挫折を経験したサンフランシスコ・バレエ団。ずっと心残りとなっている。
2つ目:ボストン・バレエ団でやれることはやり尽くしてしまった。
3つ目:ボストン・バレエ団ではアンジェロ・グレコと踊る機会がほとんどない。そのアンジェロがサンフランシスコ・バレエ団移籍に口添えしてくれたこと。

そして、4つ目。倉永さんはサンフランシスコバレエ団の環境やメンバーをインタビューでとても褒めていました。ボストン・バレエ団という環境ではモチベーションが上がらないってことなのかな、と思いました。何かひとつの要因というよりいろんなネガティブなモノが積み重なっての決断かもしれないですね。

とにかく移籍したことで、ベストパフォーマンスを発揮できるようになった倉永さん。日本を代表するバレリーナとしてこれからも大注目なダンサーです。これからはボストン・バレエ団時代を超えるのびのびとしたパフォーマンスに期待です。

最後に倉永美沙さんの特集がある本です。

1,800円ほど。日本を代表するバレエダンサーがたくさん登場しています。

kazu

今回は倉永さんの退団の理由に関して考えてみました。
ありがとうございました。