jazz

ジャズダンスはどう発展していった?
ツイストとは?
モータウンとは?

前回は1950年代の「モダンジャズダンスの進化」を紹介しました。

1960年代のキーワードは「誰でも楽しめるジャズダンス」です。

記事を書いているのは…

元劇団四季、テーマパークダンサー。ジャズダンスを勉強中

kazu

今回は「ジャズダンスにおける人種の融合」を紹介します。

※3分ほどで読み終わります。僕が習ったことや調べたことをもとに書いていることをご了承ください。

1960年代

1960年代、ジャズダンスは大衆に受け入れられるようになります。

ジャズダンスの歴史の流れ(1960年代~1970年代のアメリカ)

そして白人中心のダンスシーンに変化が訪れます。黒人文化を中心に世界中のダンスがジャズダンスに吸収され、一気に幅が広がります。

それと同時に、難易度の高いモダンジャズダンスのテクニック法が確立され、多くの人がジャズダンスが踊れるようになっていきます。

この時代から分岐し、ジャズダンスが複雑になっていくので、時代を2つに分けて紹介していきます。テクニックについてはこちらからどうぞ。

誰でも踊れるツイスト

テレビの影響からダンスを踊りたいという人々がクラブに集まるようになります。

もともとクラブは誰もが気軽に楽しんでいましたが、難易度の高いテクニックが求められるようになり敷居が高くなっていました。

そこで登場したのがツイストです。腰をひねる(英語でtwist)ため、ツイストと名前がつきました。

リズム感がなくても、体力がなくても踊ることができます。

ちなみに現在でも踊られています。

「ブルース・ブラザース」

1980年に公開された「ブルース・ブラザース」にも登場します。レイ・チャールズがピアノを弾き、ジョン・ベルーシとダン・エイクロイドが踊ります。

きっとどこかで聞いたことがあると思います。「Shake a Tail Feather(しっぽの羽を振って)」という曲です。

1:34~2:00は誰でも踊ることができるステップが一気に紹介されていきます。

根強い人気があります。

「パルプ・フィクション」

1994年に公開された映画「パルプ・フィクション」にも登場し、印象的なシーンとなっています。

とくに顔の前でピースを流す動きは有名です。

こちらも根強い人気です。

モータウン

モータウンがデトロイトで誕生します。モータウンとは「モータータウン(自動車の街)」の略語で、デトロイトの自動車産業にちなんで名付けられました。

ベリー・ゴーディー 3 世によって創立されたモータウンレコード。マーヴィン・ゲイ、スティーヴィー・ワンダー、ダイアナ・ロス、マイケル・ジャクソンを世に送り出し、20世紀で最も成功したレコード会社の1つです。

「黒人向けのR&Bだけではなく、白人層にも自分たちの音楽の良さを理解して欲しい」という思いからはじまり、ポピュラー音楽における人種統合で重要な役割を果たしました。

チョリー・アトキンス

モータウンサウンドに欠かせないのが、歌とともに踊られるダンスです。

モータウンのボーカルグループのほとんどを手掛けた振付家がチョリー・アトキンスです。テンプテーションズ、フォー・トップス、シュプリームス、マーヴィン・ゲイ、ミラクルズなど数え切れません。

The Temptations(ダイアナ・ロスがヴォーカル)とThe Supremesのメドレーです。

ヴォーカル・コレオグラフィー

同じコスチュームを着て、スタンドマイクを使う洗練されたスタイルです。チョリーの振付の特徴はリードシンガーが歌を担当し、バックシンガーがダンスを踊ります。

この歌手とダンサーを分けた構成は今も引き継がれています。日本でいうとEXILEのようなスタイルです。

ヴォーカル・コレオグラフィーの発展形がアイドルの構成です。ソロ部分では踊らずに歌に専念し、それ以外はダンスとコーラスを担当するというハイブリット型になっています。

ブロードウェイの衰退

ミュージカルの中心地であるニューヨークのブロードウェイに悪い変化が起こります。

ドラッグ、風俗が入り込むようになり、街が荒れていきます。1960年代末、18時以降ブロードウェイ周辺を歩くのは危険とさえ言われていました。警察が出歩かないようビラを配って宣伝していたほどです。

いまのニューヨークからは想像がつかないくらい危険な街でした。年配の方が持つニューヨークの危険なイメージはこの時代のものです。

観客動員数も年間1000万人が半分の480万人ほどまで落ちていきます。

大衆文化の中心地だったブロードウェイがテレビに置き換わっていくようになります。

ジャズダンスも舞台からテレビへと移行していくことになります。

ダンサー体型を目指す筋トレ・体幹トレ

ダンス上達のために身体づくりは欠かせません。身体づくりの知識をつけ、効率的かつ自分独自のメニューを作っていきましょう。

ダンサーのような軽い身体、柔軟性、芯のある機能的な筋肉をつくる基本は、自体重トレーニング・体幹トレーニングです。ケガしづらく、自分の身体に合った筋肉がついていきます。

1,500円ほど。

オンラインレッスン

ルーティーンを持つためにプロに頼ることは、時短かつ効率的です。オンラインレッスンはコスパがよく、先生が一流で、内容も充実しています。

筋トレ・ストレッチ・ヨガ・ピラティスを月3,300円ほどでほぼ受け放題できる「SOELU」。

ヨガに特化した業界大手の「LAVA」は月2,000円ほどでほぼ受け放題です。

ダンサー体型を目指すトレーニング情報をまとめていますので、ぜひご覧ください。

kazu

今回は「ジャズダンスにおける人種の融合とテクニックの確立」についてでした。次回に続きます。
ありがとうございました。

次の記事はこちら。