jazz

ナディとは?
実際にどんな教え?
3つの主要ナディとは?

身体に痛い部分があると、なぜかさすってしまうことないでしょうか。疲れたときにマッサージをすると、コリや痛みがスーッと流れていく感覚があると思います。ヨガにおいても同じような考えがあります。

記事を書いているのは…

元劇団四季、テーマパークダンサー。ニューヨーク留学中にヨガにハマる。ヨガ歴15年以上でRYT200に挑戦中です。

kazu

今回は「ナディ」についての紹介です。

※3分ほどで読み終わる記事です。

ナディ(72,000本の経絡)エネルギーを流し健康に。ヨガ哲学

ナディ(nadi)

ナディとは、経絡けいらく(エネルギーが通るパイプ)のことで、人間の身体の中に72,000本あるといわれています。ナディには「流れ」という意味があります。エネルギーが流れ続けることで身体的・心理的に健康になる、と考えられています。そのためナディがつまると身体に不調がでる、と考えます。

ナディは3つに分類することができ、すべての経絡はこの3つのナディのどれかに分類できるとされています。

3つの主要ナディ

1:イダ(ida)
2:ピンガラ(pingala)
3:スシュムナ(sushumna)

ナディ(イダ、ピンガラ、スシュムナ)

「YOGA SPA yogayuH in NIIGATA」より

1:イダ(ida)

イダには「快適」という意味があります。てい骨から、左半身を上に向かい、左の鼻腔を通り、眉間にまでエネルギーが流れています。

「月」がシンボルで、気分を落ち着けたり、受動的な感覚を鋭くさせたり、身体を冷やす性質があるといわれます。気分を安定させたいとき左の鼻だけで呼吸をするとイイといわれる理由です。

2:ピンガラ(pingala)

イダと対になるナディです。てい骨から、右半身を上に向かい、右の鼻腔を通り、眉間にまでエネルギーが流れています。

「太陽」がシンボルで、論理的、合理的、そして気分を高める、身体を温める性質があるといわれています。気分を上げたい場合、右の鼻だけで呼吸をする方法があります。

③スシュムナ(sushumna)

イダとビンガラの間、中心に存在するのがスシュムナです。シーソーのようにバランスをとっています。

イダとビンガラのどちらかがずっと優勢な状態が続いてしまうと、身体・精神のバランスが崩れてしまいます。それをスシュムナが戻してくれています。例えば、暑ければ汗をかき、寒ければ身体をブルブル震わせて体温を上げていくといったことをおこないます。

以上、「ナディ」の紹介でした。

オススメの本

ヨガのポーズだけでなく哲学や食事など幅広い内容がつまっています。

3,500円ほどで、この1冊あれば大満足という内容です。

ヨガにハマる

SOELUのオンラインレッスンです。1ヶ月3,000円ほど。ヨガだけでなくピラティス、筋トレなどなどのプログラムが無限にありコスパがイイです。

資格を取る

ヨガのポーズ、筋肉の構造、哲学を中心に、日々の生活、スポーツにも応用できる知識が学べます。

kazu

今回は「ナディ」についてご紹介しました。
どうもありがとうございました。

ヨガに関してはさらにこちらでまとめています。

上達のためのトレーニング情報をぜひご覧ください。