jazz

ナディショーダナ(片鼻呼吸)とは?
アヌローマヴィローマとは?
方法は?

片方の鼻だけで呼吸をする2つの方法が「ナディショーダナ」と「アヌローマヴィローマ」です。片方の鼻で呼吸する意味について考えていきたいと思います。

記事を書いているのは…

元劇団四季、テーマパークダンサー。ニューヨーク留学中にヨガにハマる。ヨガ歴15年以上でRYT200に挑戦中です。

kazu

今回は「ナディショーダナ(片鼻呼吸)とアヌローマヴィローマ」についての紹介です。

※3分ほどで読み終わる記事です。

ナディショーダナ(片鼻呼吸)とアヌローマヴィローマの違い。ヨガの呼吸法

呼吸をコントロール

ヨガにおいて呼吸はとても大事に扱われます。呼吸をコントロールすることを「プラーマヤーナ」といいます。ゆったりとした呼吸は心を落ち着ける効果があります。

人体の細胞の中にあるミトコンドリアで、酸素からエネルギーを生み出します。ミトコンドリアは、ひとつの細胞の中に数百個~数千個存在します。酸素を使い食事から摂取した栄養を燃やし、人間に必要なほぼ全てのエネルギーを生み出します。酸素を使うと二酸化炭素が発声しますが、口から自然と出ていきます。

エネルギーの元である酸素を呼吸で取り入れ、不要物を呼吸で吐き出しています。

呼吸法

基本の呼吸は、鼻でしっかり吐いて、しっかり吸います。そして横隔膜を使います。

横隔膜を使って呼吸

ヨガの呼吸の注意事項は、空腹状態でおこなうことです。食事をとった場合、だいたい食後2時間~3時間は空けるほうがいいと思います。

アヌローマヴィロマ

アヌローマヴィロマは、片方の鼻で呼吸する方法です。鼻腔周辺の血流がアップし、自律神経が整うといわれています。また、お腹の調子や喉に関わる病気にも強くなるといわれます。

アヌローマヴィロマの意味

アヌローマ:左鼻から吸って右鼻から出す
ヴィロマ:右鼻から吸って左鼻から出す

方法

手は、右手の人差し指と中指を眉間にあてます。そして親指を右側の鼻、薬指と小指を左側の鼻にあてます。薬指と小指で左鼻をふさぎ右から5秒吸って、両方の鼻をつまみ5秒止め、親指で右鼻をふさぎ左から5秒かけて吐きます。そして、反対側もおこなっていきます。

できるようになったら5秒から7秒と息を深くしていきます。深い呼吸ができるようになったら息を止める秒数を50秒くらいまで伸ばすことも可能です。

こちらの動画はナディショーダナとされていますが、厳密にはアヌローマヴィロマだと思われます。アヌローマヴィロマは「右から吸い、息を止め、左で吐く」「左から吸い、息を止め、右で吐く」と交互に繰り返していきます。

ナディショーダナ(片鼻呼吸)

ナディショーダナも片鼻の呼吸法です。ナディショーダナは「エネルギーの流れを浄化する」という意味があります。この呼吸法は水をろ過する過程に似ています。

片方の鼻で呼吸することで鼻腔周辺の血流がアップし、自律神経が整うといわれています。また痛みやつまりを感じる場合に楽になったり、いびきの解消にも役立つともいわれます。

方法

2通りの手

・右手の親指を右の鼻、人差し指と中指を左の鼻にあてる
・アヌローマヴィロマと同様、右手の人差し指と中指を眉間にあて、親指を右側の鼻、薬指と小指を左側の鼻にあてる

最初は右から5秒吸って、左から5秒かけて吐きます。慣れてきたら呼吸を深くしていきます。

交互におこなう必要はなく、一方通行でおこなっても問題ありません。

4種類

右で吸い、右で吐く
左で吸い、左で吐く
右で吸い、左で吐く
左で吸い、右で吐く

この4通りの方法がありますが、身体を活性化させる方法と、落ち着かせる方法があります。

効果

エネルギーを活発にしたい:左から吸い、右から吐く
リラックスした:右から吸い、左から吐く

また、左半分、右半分のどちらかの部位に痛みがある場合、そちら側のみの呼吸をおこないます。左の首が痛い場合、左で吸い、左から吐きます。するとエネルギーが通り、楽になるとされています。

以上、「片鼻の呼吸法」の紹介でした。

オススメの本

ヨガのポーズだけでなく哲学や食事など幅広い内容がつまっています。

3,500円ほどで、この1冊あれば大満足という内容です。

ヨガにハマる

SOELUのオンラインレッスンです。1ヶ月3,000円ほど。ヨガだけでなくピラティス、筋トレなどなどのプログラムが無限にありコスパがイイです。

資格を取る

ヨガのポーズ、筋肉の構造、哲学を中心に、日々の生活、スポーツにも応用できる知識が学べます。

kazu

今回は「ナディショーダナ(片鼻呼吸)とアヌローマヴィローマ」についてご紹介しました。
どうもありがとうございました。

ヨガに関してはさらにこちらでまとめています。

上達のためのトレーニング情報をぜひご覧ください。