バレエ公演「新国立劇場オペラパレス」会場攻略。オススメ席・座席表
jazz

新国立劇場オペラパレスはどんな会場?
オススメの席は?
マナーはある?

初めてバレエに行く会場として新国立劇場にある「オペラパレス」はオススメです。

ただ、座席の値段設定が細かいため少し迷ってしまうと思います。

記事を書いているのは…

元劇団四季、テーマパークダンサー。舞台、特にバレエを観に行くのが大好きで、年間100公演観に行った記録があります。

kazu

今回は「新国立劇場オペラパレス」攻略法です。

※3分ほどで読み終わります。

新国立劇場

京王新線「初台」駅にほぼ直結しているのが、新国立劇場です。

新国立劇場「オペラパレス」は初台駅直結

「新国立劇場ホームページ」より

新国立劇場には 3つの劇場「大劇場(オペラパレス)」「中劇場(半円形)」「小劇場」があります。

新国立劇場、オペラパレス、中劇場、小劇場の全体図

「新国立劇場ホームページ」より

バレエ公演は基本的にオペラパレスで行われます(規模が大きくない作品は中劇場で行われることもあります)。

新国立劇場にはバレエ部門、オペラ部門、演劇部門があり、この 3つの専用劇場で公演を頻繁に行っています。

3つの劇場が 1つの建物にあるので、初台からのアクセスを含めとても快適です。

オペラパレス

総席数は 1806席。

座席にエアウィーブのクッションが用意されて快適です。

小さい子供でも気軽に楽しめるよう、座席を高くするクッションを貸し出してくれる、といった細かいサービスがあります。また劇場外の通路にエレベーターがあるのも特徴です。

オペラパレスは重々しい雰囲気がありません。ロビーは全面ガラス張り。太陽光にあふれ、とても明るいです。

新国立劇場オペラパレス1番後方より

新国立劇場ホームページより

新国立劇場バレエ団

バレエを初めていく人にもオススメなのが「新国立劇場バレエ団」です。オペラパレスを本拠地としています。

王道の『白鳥の湖』『くるみ割り人形』『眠れる森の美女』『ドン・キホーテ』『ジゼル』といった初心者にもオススメの公演をほぼ 2年毎に行っています。

国からの補助があるためチケットの値段もこの規模のバレエ団としては安いです。昔はもっと安かったのですが、価格はだんだん上がっていると思います。

新国立劇場のレパートリーはとても個性的です。とくにデヴィッド・ビントレー(2010年~2014年)が芸術監督をやっていた時代でバレエ団の色が変わりました。ダンサー、レパートリーと個性的になりました。

現在は英国ロイヤルバレエ団で長年活躍したバレエダンサー吉田都さんが芸術監督となり、世界規模のバレエ団になれるか期待されています。

新国立劇場バレエ団での座席

「新国立劇場バレエ団」では座席の料金設定が細かく決まっています。

料金は高い順から「 S席 → A席 → B席 → C席 → D席 →Z席」となっています。

新国立劇場オペラパレスの座席表

「新国立劇場バレエ団ホームページ」より

S席は基本的に見やすいです。

15列目と16列目には広めの通路があり、かつ高さがあるので 16列目はかなり見やすいです。ただ 20列目以降になると少し遠いかな、と思います。

やはりセンターブロックが 1番見やすく、外側に行くほど見づらいです。

2階の S席に関しては、1列目はかなりオススメです。とくにバレエだと群舞の動きも見どころになるため、フォーメーションの移動までしっかり楽しむことができます。2列目でも問題ないですが、やはり1列目は格別です。

オススメの席

ここからは S席以外でオススメの席を紹介します。

S席以外は座る場所によっては見づらいこともあるので、少し注意が必要です。

2階より上のオススメ席

新国立劇場オペラパレスおすすめの座席

赤枠で囲っている席がオススメの席です。

2階席からサイド席があります。例えば舞台に向かって 2階左側は 2階 L席となり、L1列 ~ L12列まであります。

この図ではサイドの席がまっすぐ後ろになっていますが、実際の劇場は台形になっています。

L1列、R1列

ただし L1列、R1列のみ真横に向いて座ります。舞台にとても近く、特等席感があります。

ただし真横に向いているため身体を斜めにする必要があり、かつ横に座っている人の動きが少し気になります。

特別感のある席ですが、好みが分かれる席です。

L2列~、R2列~

L2列~の 1番内側の 5番席、R2列~の 1番内側の 1番席、かなりオススメです。

実際の劇場ではサイド席はハの字になっているので、列が後ろになるほど舞台の中心に寄っていきます。かつ 1列ごとに 1段高くなっていくので、1番内側の席は前に遮るものがなく、かなり舞台に集中することができます。

L2列に近くなるほど舞台に近づきます。後列になると少し距離があるのでオペラグラス(双眼鏡)を持っていくのがオススメです。

2階席サイド(A席)、3階席サイド(B席)はオススメです。

4階席サイド(C席)は少し遠い感じがありますが、その分値段が安くなります。

ただ 1番内側でないと少し前の人の頭が気になる席です。

オペラグラス

オペラグラスとはミニ双眼鏡のことです。僕はレーシックを受けてから、遠くからでも表情がみられるようになりました。それでもオペラグラスは必須アイテムです。

2,500円ほどで質のいいオペラグラスが買えます。

もちろん会場でも貸出をしていますが、500円~1,000円かかるので 1つ持っておくと便利だと思います。

誰かしら近くの人がオペラグラスで見ていると自分も欲しくなっちゃうと思います。

正面

正面席は 1列目が断然おすすめですが、2列目も十分楽しめます。

ただし、L5番より内側、R1番より内側の席にしましょう。それよりも外側だと前に人が多くなってしまい、舞台を遮られることがあります。

先ほど紹介したサイド席ですが、1番内側でないと人の頭が邪魔になってしまうことがあると書きました。そんなときは 3列目以降でも正面を選ぶと思います。

ただ、3列目以降は少し遠い感じがあります。

Z席

新国立劇場では Z席という特殊な席があります。

基本的に当日のみ 1,650円(税込)で販売される席です。Z席は舞台から遠く、見切れてしまうため舞台後方が見えづらくなっています。

かなり見づらいのは事実です。ただ 1,650円というのは破格です。この値段を考えると納得感はありました。

ただ、Z席であれば少し値段を上げてC席、D席のほうがやはりオススメです。

割引制度

新国立劇場バレエ団の公演では特別な割引制度があります。

高齢者 5%割引(65歳以上)、学生 5%割引、中学生以下 20%割引、当日学生 50%割引、障がい者 20%割引などがあります。

中でも学生割引、とくに当日の学生割引は本当にオススメです。

バレエの公演では主演が毎回変わります。主演のダンサーが違うとまったく違う雰囲気の作品になります。

学生割引

公演当日は Z席を除き 50%OFFで観ることができます。劇場にあるボックスオフィスに直接行くか、電話で購入することができます。

残席があるのであれば、学生の方はC席、D席を選ぶのがオススメです。

25歳以下割引

また、25歳以下の人は、全公演ではないですが特定の日の S席・A席が半額になります。この席は事前に購入することができるのでかなりオススメです。

体験談

僕は学生時代の 2000年代中盤から新国立劇場にかなり通っていました。

新国立劇場バレエ団は数日の公演で主役カップルが 4組ほどいます。うち 1組を海外から招きます。

海外からのゲストの公演は人気で完売になることが多いです。そのため学生券もゲスト公演は良い席をゲットすることができません。

ですが日本人が主演だと少し余裕があるので良い席で見られます。座席がイイと公演への印象が上がります。

ぜひ座席にはこだわってください。

休むならテラス?

オペラパレスの敷地は広く、劇場正面に大きな池があります。

新国立劇場オペラパレスの外観

エンタメールより

休憩中、劇場横から各階のテラスに出ることができます。

新国立劇場オペラパレスのテラス

新国立劇場ホームページより

僕は外でぼーっとするのが好きなのでよく出て休憩します。

写真で人が多いのは 1階席部分になります。最近は屋外ビュッフェがあるのでさらに人が多いです。

1階席の収容人数が飛び抜けて多く、かつ休憩中は 1階に人が集まってくるため、上の階で休むのもオススメです。

また、テラスに出る扉は終演後に出口となり、下りの階段が開放されます。そのまま降りて右手に行くと初台の駅に行けます。階段を下りずに左に進むとレストランなどがある隣のビルに直接入ることができます。

正面口は混むことが多いのでクロークに荷物を預けていないときは、ここから帰るのもオススメです。

知っておくとスマートな情報

オペラパレスは舞台鑑賞初心者の人でも気負わずに行ける劇場です。

とはいえちょっとしたマナーもあるので少しご紹介します。

服装

着物を着ている人からセミカジュアルの人までかなりバラバラです。格式高いバレエという感じはなく、ミュージカルを見に行くような気軽さがあります。

S席ではオシャレをしている人が多く、上の階に行くほどラフになっていきます。

子供はドレスアップしていることが多いと思います。

もし迷う場合、男性はジャケットを着ているとスマートだと思います。女性も少しドレスアップすると劇場の雰囲気にマッチすると思います。

やはり特別な雰囲気があるのでぜひお洒落していきましょう。

クローク

新国立劇場は 3つの劇場が 1つの建物に入っています。劇場前に、無料で荷物を預けることができるクロークがあります。預ける場所が多く、スタッフも多いです。

身軽な状態で劇場に入るとスマートです。

劇場には「コートを着ない、大荷物を入れない」というマナーが一応あります。

特に 1階席では周りへの気づかいも必要になります。人の出入りが多いため大きな荷物を座席に持ち込むと、周りの人の邪魔になってしまいます。

僕は咳が心配になってしまうので、ペットボトルやタオルが入る小さい荷物を客席に持っていきます。とはいえ、あまり大きなかばんは持っていかないようにしています。

ただし 2階席以上はちょっとの荷物であればスペースがあるので持って行ってしまうこともあります。

人が前を通るときは立つ

座席では、すでに座っている人の前を通らなければいけないことがあると思います。

男性がもし早めについた場合、通してあげるために一度立ち上がるのがスマートです。

ヒザを曲げて通すこともあると思いますが、男性は身体が大きいと思うので立つのがベターです。

トイレ

1階の男性トイレは女性トイレに代わることがあります。

ただし、各階に男性トイレがあるので待つことはありません。女性はそれでも待ってしまうことがあります。

ビュッフェ

劇場の醍醐味のひとつがビュッフェです。オペラパレスには 1階と 3階にビュッフェがあります。

メニューはこんな感じです。

メニュー

【軽食】
・ミラノサラミとチェダーチーズのカスクートサンド:700円
・ビーフストロガノフ:800円
・栗とショコラのショートケーキ:700円
・シュークリーム:500円

【飲み物】
・コーヒー(ホット・アイス):500円
・紅茶(ホット・アイス):500円
・オレンジジュース:500円
・ジンジャエール:500円

最近はアルコールの提供が控えられています。

休憩時間は長いので、ぜひ劇場を一周回ってみてください。おもしろい発見があると思います。

拍手

バレエの公演に初めて行った人が驚く「拍手のタイミング」。

演劇やミュージカルの舞台では「最後のカーテンコール(出演者の挨拶)だけ拍手する」というパターンが多いです。

ですがバレエの場合、特に『白鳥の湖』のような古典の作品は、ダンサーが踊り終えるごとに拍手が起こります。主役が登場するときにも拍手が起こります。盛り上がった踊りのあとでも拍手が起こります。指揮者にも拍手をおくります。

kazu

ただ、無理に拍手をする必要はありません。

拍手は感動したときにすればいいので、無理に拍手する必要はありません。

最初は周りに合わせて探り探り拍手していきましょう。

さらに言うと、カーテンコールは拍手が鳴り止むまで永遠に続きます。

有名な出演者がいると、5回、6回にとどまらず、10回行くようなこともあります。

例えば、こちら。

谷桃子バレエ団の youtube から引用です。

遅刻

幕が開いてしまった場合、すぐに途中入場できるわけではありません。

公演によっては、第1幕が終わるまで 30分以上入れないこともあります。

係員さんの誘導でのみ中に入ることができるので、購入チケットの座席とは別の後方付近の座席となってしまうこともあります。

ロビーに設置してあるモニターでの鑑賞になってしまうこともありますが、係員さんに文句を言ってもしょうがないので遅刻には気をつけましょう。

栄養ドリンク

最後に、疲れているときにおススメなのが栄養ドリンクです。

僕は途中で寝てしまわないよう、レッドブルなど栄養ドリンクを観劇前に飲むことがあります。バレエでは、ゆったりしたシーンが必ずあります。そんな時に助けとなる、栄養ドリンク。

ただお腹の調子が悪くならないよう注意です。

DVD

4,200円ほど。

新国立劇場の舞台をDVD化したシリーズのうちの『くるみ割り人形』です。舞台の雰囲気がつかめると思います。

動画配信サイトでもバレエの公演を見ることができます。

ぜひ無料期間を活用してみてください。

kazu

以上、「新国立劇場オペラパレス攻略法」でした。
どうもありがとうございました。

バレエ作品に関してはこちらにまとめていますので、ぜひご覧ください。