オーチャードホール攻略法【バレエ】座席表と見やすい席と見づらい席
jazz

オーチャードホールはどんな会場?
初心者でも楽しめる?
オススメの席は?

舞台鑑賞で重要なのが「どこに座るか」です。僕も皆さんと同じように座席はこだわってチケットを購入しています。

今回は渋谷にある「オーチャードホール」です。

バレエやミュージカルでよく使われる会場です。

実は、ダンス公演が見づらいことでも有名です。

記事を書いているのは……

元劇団四季、テーマパークダンサー。舞台、特にバレエを観に行くのが大好きで、年間100公演観に行った記録があります。

kazu

今回は、「オーチャードホール」攻略法です。

※ 3分ほどで読み終わります。

ダンス公演が見づらい?

オーチャードホールの座席数は 2,150席。1階席 1,424席、2階席 410席、3階席 316席 となっています。

オーチャードホールの座席

オーチャードホール公式ホームページより

雰囲気のある素敵な会場ですが、ちょこちょこ難点があります。

一番の問題点は、1階席が見づらいことです。

1階席の問題点

・前の人の頭がジャマ
・足元が見えづらい
・後方の席は舞台から遠い

頭がジャマになる

1階席前方は傾斜がゆるいため前の人の頭がジャマになりやすいです。もし、座高のある人だと視界をさえぎられてしまいます。特に男性の場合、かなりの確率で頭ひとつ飛び抜けます。

kazu

オーチャードホールで前方に座るときは、ハイパー猫背です。座高を低くする配慮をするので疲れます……。

2011年の改装でちょこっと改善

bunkamuraオーチャードホール1階の座席表

実は 2011年に改装がありました。この改装のおかげで少し見え方が改善されています。

変わったのは 19列目までの前方ブロックです。2011年以前は、20列目以降のように席の真後ろに席が設置されていました。19列目までは前の席と半分ズラして配置されるようになりました。

20列目以降は以前と同じく前の席と「どんかぶり」になっています。ですが 20列目以降は比較的段差があるので、あまり気にならないと思います。

足元が見えづらい

1階席前方はダンサーの表情がよく見えます。むしろ汗が飛ぶのまで確認できます。

オーチャードホールでは生演奏のときオーケストラピットが設置されます。その際、7列目までの席がなくなります。

ですが録音の公演でオーケストラが入らない場合、7列目よりも前に席が設置されます。7列目よりも前になると舞台がかなり近くなってしまいます。ダンス公演では足先まで見たいのですが、前方は近すぎて足元が見えないこともあります。

5列目あたりでさえ、足元だけでなく舞台の奥側があまり見えませんでした。

列数が多い

東京文化会館の列数は 31列。新国立劇場オペラパレスは 22列です。それに対し、オーチャードホールは 38列あります。

35列目あたりはとにかく遠く、オペラグラス(双眼鏡)がないと全然見えませんでした。しかもその時は 1階席すべてが S席の値段設定になっていました。

1階のオススメの席

オーチャードホール1階おススメ座席表

1階は 20列目 ~ 25列目 あたりまではとても見やすいです。ですが、30列目以降は舞台からかなり離れます。なので 20列目 ~ 29列目 までの中央よりがオススメです。

バレエ公演では 1階席全体が S席になることが多いです。そうなると、38列目でも 1列目でも値段は同じです。

後方になってしまうと損した感がかなりあると思うので、席はこだわってみてください。

オススメ席( 2階、3階サイド)

オーチャードホール2階3階サイドのおススメ座席表

めがね

僕の好きな席は赤い〇で囲ってあります。

僕は、1階席よりも目線が高くなる 2階席、3階席が好きです。通常、階があがるほどチケットの値段も安くなるのですが、オーチャードホールの場合、2階席正面は 1階席の値段とあまり変わりません。ただし、2階席は 1階席よりも席は取りやすいです。ちなみに 3階席はもう少し安いです。

2階サイド中央側の席は、出っぱているので視界をさえぎるものがありません。かなり集中してバレエを見ることができます。また、舞台に近いのでダンサーの表情も見ることができ、かつ全体のダンスを見ることもできます。

バレエは大勢で踊る群舞が見どころのひとつです。群舞の踊りは、少し上の目線から見た方が美しいです。

kazu

僕は 2階サイド席と 3階サイド席が一番好きです。1階席よりもかなり見やすいと僕は思っています。

2階の 1列目もオススメですが、普通のホールに比べると舞台が少し遠いので注意が必要です。3階の中央席はさらに遠くなってしまいます。

知っておくと得なマナー

オーチャードホール特有のクロークだけでなく、バレエ鑑賞で知っておくと便利な情報です。

クローク

オーチャードホールは無料で荷物を預けることができます。入口からすぐの場所にズラーっと長いスペースが設けられています。

会場には身軽な状態で入るとスマートです。特に 1階席では周りへの気づかいも必要になります。

劇場では「コートを着ない、大荷物を入れない」というマナーが一応あります。僕は心配なので、ペットボトルやタオルが入る小さい荷物は客席に持っていきます。とはいえ、あまり大きなかばんは持っていかないようにしています。ただし 2階、3階席の場合はちょっとの荷物であればスペースがあるので持って行ってしまうこともあります。

オペラグラス

ダンサーの表情をしっかりみたい。

そんなとき役に立つのがオペラグラスです。

会場で貸し出しはありますが、高性能なオペラグラスが安価で手に入るので一つ持っておくと便利です。

2,000円ほどで質のいいオペラグラスが買えます。

服装

着物を着ている人からセミカジュアルの人までかなりバラバラです。

基本的に格式高い感じはなく、ミュージカルを見に行くような気軽さがあります。

S席ではオシャレをしている人が多く、上の階に行くほどラフになっていきます。

子供はドレスアップしていることが多いです。

もし迷う場合、男性はジャケットを着ているとスマートだと思います。女性も少しドレスアップすると劇場の雰囲気にマッチすると思います。

やはり特別な雰囲気があるのでぜひお洒落していきましょう。

拍手

バレエの公演に初めて行った人が驚く「拍手のタイミング」。

演劇やミュージカルの舞台では「最後のカーテンコール(出演者の挨拶)だけ拍手する」というパターンが多いです。

ですがバレエの場合、特に『白鳥の湖』のような古典の作品は、ダンサーが踊り終えるごとに拍手が起こります。主役が登場するときにも拍手が起こります。盛り上がった踊りのあとでも拍手が起こります。指揮者にも拍手をおくります。

kazu

ただ、無理に拍手をする必要はありません。

拍手は感動したときにすればいいので、無理に拍手する必要はありません。

最初は周りに合わせて探り探り拍手していきましょう。

さらに言うと、カーテンコールは拍手が鳴り止むまで永遠に続きます。

有名な出演者がいると、5回、6回にとどまらず、10回行くようなこともあります。

例えば、こちら。

谷桃子バレエ団の youtube から引用です。

遅刻

幕が開いてしまった場合、すぐに途中入場できるわけではありません。

公演によっては、第1幕が終わるまで 30分以上入れないこともあります。

係員さんの誘導でのみ中に入ることができるので、購入チケットの座席とは別の後方付近の座席となってしまうこともあります。

ロビーに設置してあるモニターでの鑑賞になってしまうこともありますが、係員さんに文句を言ってもしょうがないので遅刻には気をつけましょう。

トイレ

オーチャードホールの 1階のトイレは巨大です。男性の場合は待つことはありません。女性はそれでも待ってしまうことがあります。

バレエの公演では休憩時間が長いので外出することができます。外に出て近くのトイレに行くのも選択肢です。この場合、再入場ではチケットをもう一度見せる必要があるので、忘れないよう注意です。

人が前を通るときは立つ

座席では、すでに座っている人の前を通らなければいけないことがあると思います。

男性がもし早めについた場合、通してあげるために一度立ち上がるのがスマートです。

ヒザを曲げて通すこともあると思いますが、男性は身体が大きいと思うので立つのがベターです。

ビュッフェ

劇場の醍醐味のひとつがビュッフェです。少し高いですがお酒も楽しめます。

休憩時間は長いので、ぜひ劇場を一周回ってみてください。おもしろい発見があると思います。

栄養ドリンク

最後に、疲れているときにおススメなのが栄養ドリンクです。

僕は途中で寝てしまわないよう、レッドブルなど栄養ドリンクを観劇前に飲むことがあります。バレエでは、ゆったりしたシーンが必ずあります。そんな時に助けとなる、栄養ドリンク。

ただお腹の調子が悪くならないよう注意です。

kazu

以上、「オーチャードホール攻略法」でした。
どうもありがとうございました。

観劇のいろはに関してはこちらにまとめていますので、ぜひご覧ください。