jazz

プリエって何のためにやってるの?
どうしてダンスがうまくなる?
トレーニング方法は?

プリエはバレエの動きの基本中の基本で、一番最初に習います。プリエはバレエに限らず、どのダンスのジャンルでも重要な概念です。

バーレッスンでは一番最初に登場します。その意味を理解しているでしょうか。

僕も昔よくわからずやっていました。グラン・プリエをしたときに「シコふんでんじゃないんだから!」と注意され恥ずかしかったのを覚えています…。

記事を書いているのは…

元劇団四季、テーマパークダンサー。30分のショーから2時間の舞台まで出演回数は5,000回は軽く超えているんじゃないかと思います。ダンス、ヨガ、ピラティス、ジムにも20年ほど通っています。

Amazon Prime 30日間無料トライアル

kazu

今回は「バレエの基本であるプリエ」の解説です。

※3分ほどで読み終わる記事です。

バレエのプリエはプロスポーツにも応用可。ただの屈伸運動じゃない!

プリエとは

優雅な動きをつくりだす上でプリエほど重要なステップはありません。美しい姿勢を保ったまま移動するためにはプリエを使いこなす必要があります。

プリエ(仏語:Plié)

片足、または両足のひざを曲げること

プリエをマスターすると、バランス感覚や体幹が強くなります。股関節・ひざ・足首がなめらかに動くようになり、力強い足になると同時にケガもしにくくなります。

ジャンプ系の技と、回転系のピルエットをもっと上手にこなしたい場合は、プリエを見直してみるとパフォーマンスが上がります。

スポーツのパフォーマンス向上

実はこのプリエ、いろんなスポーツで役立ちます。

ひざの曲げ伸ばしがしっかりできると、ひざの負担が軽減され楽に走れるようになります。また、ジャンプをするときに爆発的なパワーを発揮し、着地のときには衝撃を吸収してくれます。

とくにケガをしやすい競技の選手がプリエの練習をすると、かなり利点があると思います。

2種類のプリエ

プリエにはひざを半分曲げるドゥミ・プリエと、しっかり下まで沈みこむグラン・プリエがあります。

動画で解説していきます。

動きの解説(翻訳)

【0:33~】今回は一番の基礎である1番ポジションで、プリエで説明します。

【0:37~】ドゥミ・プリエから始めます。ドゥミ・プリエは半分曲げる動きです。軽く曲げる程度ですが、深く曲がっているように感じると思います。かかとは絶対につけたままです。

【0:56~】グラン・プリエに移ります。グラン・プリエは大きいプリエのことで、ドゥミ・プリエを通って、腰を一番深くまで落とし、かかとをあげます。

最初は両手をどこかにつかまってやりましょう。慣れてきたら片手を離します。さらに慣れたら両手を離します。

バレエではターンアウトといってかかとを支点につま先を180°開く技術があります。バレエは180°のターンアウトがないと、完璧なポジションとはいえません。一方、ほかのジャンルのダンスでは無理してつま先を開く必要はありません。ただし、ジャズダンスに関しては180°のターンアウトを目指しましょう。

ターンアウト

バレエやジャズダンスではつま先が180°開くのが理想ですが、どこにもつかまらず立ってみてグラグラしてしまうようだったら開きすぎです。つま先を開く角度は、無理をせず立てる位置で十分です。トレーニングを重ねながら、つま先をゆっくりゆっくり開いていきましょう。

ドゥミ・プリエ

まず足裏のMP関節全体とかかとに体重をしっかりかけます。

そして腹圧をしっかり入れて、お尻の一番下の骨(仙骨)が真下に向くようにします。そして、首と肩の力は抜きます。

腹圧

横隔膜を下げ、お腹周りを空気でパンパンに張った状態。

普段の生活では、重い荷物を持ち上げるとき腹筋に力が入り腹圧が働いています。

かかとが浮く直前までヒザを曲げていきます。かかとが浮く直前までヒザをまげることで最大限のパワーを生み出す準備ができます。

中途半端だとその分パワーが逃げてしまいます。かかとが浮いてもパワーが抜けてしまうので注意です。

グラン・プリエ

基本の姿勢はドゥミ・プリエと同じです。

ドゥミ・プリエを通り、かかとを上げ、太ももが床と平行になるまで深くしずみますかかとはギリギリまで床についていますが、深くしずむとかかとが床と離れるので、自然にかかとを床から浮かせます。かかとは無理に持ち上げる必要はありません。

床にしずむときの上半身の姿勢は変わりません。上半身が前傾したり、お尻が後ろに引けないように注意しましょう。

足にキレイな筋肉がつく

プリエを習得するとムキムキにならずに、爆発的なパワーがつきます。

身体の中心に近いコアの筋肉が鍛えられていきます。

男性はそこまで気にしている人はいないかもしれないですが、プリエをしっかり使えると足がムキムキになることはありません。逆に言うと足がムキムキになっている場合、プリエの方法を見直したほうがいいかもしれません。

高いジャンプは華やかなのでスクワットが絶対に必要ですが、プリエを極めるとキレイな筋肉がついていきます。

女性は筋肉がつきすぎるのを嫌がってスクワットをしない人が多いですが、しっかりプリエが使えていればムキムキにならないので安心してください。

プリエ上達のコツ

バレエは思った以上に頭を使います。とくに最初のうちは頭で思ったように身体は動いてはくれません。

はじめからすべてをやろうとすると動きがめちゃめちゃになってしまいます。トレーニングの順番としてはまず手でどこかにつかまり、足だけに集中します。その後、手の動きを加えていくといいと思います。

イメージを持つ

バレエがふつうのスポーツと違うのは「音楽に合わせる」点です。バーレッスンは準備運動だと思われがちですが、バーレッスンのうちから踊りで重要な表現力を鍛えることができます。

素晴らしいダンサーはバーレッスンでさえ、印象に残ります。

バーレッスンでは動きに集中しすぎると、眉間にシワが寄ってしまい、こわい顔になってしまうので注意です。無理に表情を作る必要はないですが、口元は固く結ばないようにして、リラックスしていきましょう。もし、どうしても口に力が入ってしまうのであれば、少しだけ口を開けて口の中の空間を作りましょう。

イメージ

プリエの動きを文字化すると「カキクケコ」ではなく「にゃにぃにゅにぇにょ」です。硬さはなく、やわらかーい動きです。

プリエで使用される曲は、ゆったりとしています。その音楽をどう身体で表現するか考えながら行うと「にゃにぃにゅにぇにょ」に近づきます。

足のポイント

足の動きの注意点は、つま先とひざが同じ方向を常に向くような意識が必要です。

無理してつま先だけを開くと、つま先とひざが別の方向を向いてしまい足首がねじれてしまいます。これはケガの大きな原因となり、あっという間に踊れない身体になってしまうので注意してください。

足のポジション

バレエの足のポジションは下記の動画のように1番、2番、4番、5番があります。(3番もありますが、あまり使いません。)どのステップを踏むときも必ずこのステップのどれかを通過していきます。

4番は1番ポジションから前にずらす方法と、5番ポジションから前にずらす方法があります。教室によって変わるので、先生の教えに合わせてみてください。

トレーニング方法

グランプリエは、ドゥミ・プリエ~3/4まで「ひざの位置とつま先の位置が一致しているか」の意識をしっかり持ちましょう。3/4を超えたらあとは流れで沈んでいきます。上がるときも同様、3/4~ドゥミ・プリエまで「ひざの位置とつま先の位置が一致しているか」ていねいに確認していきましょう。

最初は下の動画のように両手で支えながら行うと安定します。ドゥミ・プリエを2回、グラン・プリエを1回を1セットで8セット行います。

この動画ではかかとをくっつけてつま先を開く1番ポジションと、足を肩幅に広げて行う2番ポジションでトレーニングを行っています。2番ポジションでは、グラン・プリエでもかかとを上げずに行います。

バレエの動きは上半身、下半身と考えることがとにかくたくさんあるので、まずは気楽にやってみてください。慣れてきたら、同時にいろいろ考えながら動いてみましょう!

おすすめの資料

日本を代表するバレエダンサーである吉田都さんによるレクチャー本です。DVDつきもあります。すごく丁寧な解説がついているので、ぜひ活用してみてください。

本のみで2,000円弱。DVDつきだと8,000円ほど。

Amazon Prime 30日間無料トライアル

kazu

今回は「プリエ」のご紹介でした。
ありがとうございました。

ダンス上達のためのトレーニング情報をぜひご覧ください。