jazz

ポケトークの機能は?
ポケトークは使いやすい?
実際に使った感想は?

自動翻訳機のポケトーク。

自動翻訳機の中で頭ひとつ飛び抜けています。

「ポケトーク」の優れている点は、日本人の苦手なスピーキングやライティングのスキルアップにつながる部分です。

この記事を書いているのは…

アメリカのダンス学部に行くためTOEFL80点を取得。帰国後は大学生向けの英語学校でTOIECや留学向けの指導をしていました。日常会話を重視していましたが、ビジネス英語も勉強しTOEIC905点をゲット

kazu

今回は「ポケトークの最新機種の実機レビュー」です。

※3分ほどで読み終わります。

バージョンアップ

「ポケトーク」の機能が追加され、デザインも変更されました。

最新型は2種類あり、名刺サイズの「ポケトークS」(2.8インチ)と「ポケトークPLUS」(約4インチ)です。

「ポケトークS」

今回、僕は小さめサイズの「ポケトークS」を買いました。

ポケトークSは小型の大きさ

ポイントカードと同じくらいの大きさです。厚みは1cmほどになっています。

使いやすい

以前のポケトークに比べ感度が向上しているように感じます。画面も大きくなり名刺サイズでもとても見やすいです。

ポケトークSは起動が早く操作がかんたん

この画面がホーム画面になっていて、すぐに翻訳できるようになっています。一番下のボタンを押しながら話すと、すぐに翻訳してくれます。画面中央の「矢印」を押すことで、どちらの言語を主体にするか変更できます。

「ポケトークS」vs「ポケトークSプラス」

「ポケトーク」は2種類出ているので少し迷うかもしれません。

価格

「ポケトークS」:32,780円(税込)
「ポケトークSプラス」:34,980円(税込)

機能面の差はなく、価格もそこまで変わりません。

simつき

ポケトークSはe-sim(通信機能)がついています。2年間日本だけでなく海外で使用することができ、 速度制限がほぼありません。1日の通信量が100MB(​連続15時間利用想定)を超えたときだけ、速度制限となります。

公式サイトならではの特典

公式サイトでは、実質30,000円程度で買うことができます。

実質29,502円

10%(3,278円分)のポイント還元があるので、32,780円が実質29,502円で購入できます。

そのほかの特典
・限定カラーあり
・限定の裏面プリントサービス
・3,000円で1年間のメーカー保証を3年間に伸ばせる
・費用はかかるがアクセサリーも

ポケトークSのラインナップ

公式サイトより

このようにさまざまなラインナップがあります。

英語のスピーキング・ライティング・発音スキルをアップしたい人には本当にオススメです。ぜひ冷静に判断して購入してみてください。

amazonではe-simつきで25,000円ほどなので、公式サイトよりお得です。(色により価格は変わります)

さらに詳しいレビューはこちらからどうぞ。

機能

特徴的な機能を紹介していきます。

カメラ翻訳のスキャン機能

「ポケトークS」から追加された「カメラ翻訳」。この機能がかなり便利です。

ポケトークSのカメラ翻訳機能の様子

使い方

「ポケトーク」に搭載されているカメラで文章を撮影します。すると「ポケトーク」が自動で全文を翻訳してくれます。もちろん、パソコンの画面もしっかりとスキャンしてくれます。

しかもスキャン機能では、勝手に「ポケトーク」が言語を判断し翻訳してくれます。実際に翻訳してみました。これはドイツ語の翻訳でパソコンをスキャンしました。

ポケトークSのカメラ翻訳機能

この機能はびっくりしました。

辞書機能

「ポケトーク」は電子辞書代わりになります。とはいえ、語源や品詞などは出てきません。ですが、単語の勉強のマイナス面を補ってくれます。

「ポケトーク」の英文は、AIが最新の情報を表示します。そのため、最新の英文がわかります。そのまま英文を覚えてしまえば、いきなり生きた英語が身につきます。生きた英単語の勉強に「ポケトーク」はぴったりです。

英語機能以外は?

「ポケトーク」の英語翻訳は、かなり優れています。ですが、口コミをみると英語以外の言語に少し疑問をいだいている人も多いです。

そのため、英語以外の言語で翻訳を行う場合、日本語の文章を翻訳しやすいように工夫する必要があります。より丁寧に話しかけることで、しっかりと翻訳してくれる確率が高くなります。

買って損なし

「ポケトーク」は英語学習において、スピーキング・ライティングスキルがとくにアップします。文章をイチから考え出すのは時間がかかります。この部分をポケトークは助けてくれます。

旧型は9,900円(税込)

とりあえず「ポケトーク」の会話部分だけを試したい人は、旧型の「ポケトーク」もオススメです。現在、9,900円(税込)で、売り切れ次第終了の商品なのでお得です。

英語のレベルチェック

自分の今のレベルが正確にわかると、学習効率がアップします。

【スパトレ】のレベルチェックは無料なのでぜひ試してみてください。精度も高く、自分に合っている参考書がわかり、モチベーションもアップします。

「話す英語」へ

「話す英語」のためには3ヶ月ほどガッツリ勉強する時間が必要で、目安は【200時間】です。

効果的な学習分量

インプット:70%(リーディング・リスニング:英文法は先に終わらせ、単語は同時進行)
アウトプット:30%(スピーキング・ライティング)

4技能を効率的に最短で鍛える「スパトレ」はコスパ良しです。今やるべきことが明確にわかります。

アプリで学習が完結する「ポリグロッツ」。4ヶ月集中して4技能をトータルに勉強できます。
会話特化の「DMM英会話」はコスパがかなり高いです。インプットを自分でやりたい人向けです。

「話すための英語」に関する勉強法はこちらでまとめています。

kazu

今回は「最新版ポケトーク」のご紹介でした。
ありがとうございました。