jazz

ジャズダンスはどう発展していった?
ポップとジャズダンスの関係は?
ストリートダンスが表舞台に?

前回は1970年代の「ジャズダンスの変革」について紹介しました。

記事を書いているのは…

元劇団四季、テーマパークダンサー。ジャズダンスを勉強中

kazu

今回は「1980年代のジャズダンスの発展に欠かせないミュージックビデオ、ストリートダンス、エアロビクス」についてです。

※3分ほどで読み終わります。僕が習ったことや調べたことをもとに書いていることをご了承ください。

1980年代

1980年代はジャズダンスの発展に欠かせないダンサー、振付師、ダンス講師、ダンス教室が数多く登場します。

この時代、舞台・映画・テレビ・ミュージックビデオと数多くのダンス作品がつくられたことに理由があります。

ジャズダンスの歴史の流れ(1980年代~1990年代のアメリカ)

舞台や映画のような長編の作品と、テレビやミュージックビデオのような小作品に分かれていきます。

この記事ではミュージックビデオ、ストリートダンス、エアロビクスについて解説します。

ミュージックビデオ

ジャズダンスを使用したミュージックビデオ、CMが増える中、「MTV」が1981年に開局します。

「MTV」はMusic Televisionの略でミュージックビデオを中心に、24時間音楽を専門に放送するケーブル・テレビのチャンネルです。

音楽がより視覚的になり、ダンスがさらに盛り上がります。

マイケル・ジャクソン、マドンナ、ジャネット・ジャクソン、ポーラ・アブドゥルをはじめポップスターたちがダンスシーンを牽引していきます。

ポップスとダンスがこの時代以降、切っても切れない関係になりました。

マイケル・ジャクソン

「キング・オブ・ポップ」であるマイケル・ジャクソンはジャズダンスのキングです。

ムーンウォーク、爪先立ち、スピン、足で蹴る動き、体全体を斜め45度に傾くパフォーマンスなど、これまでのジャズダンスのステップをさらに進化させました。

1982年12月、アルバム『スリラー』を発売。『ビリー・ジーン』『今夜はビート・イット』『スリラー』が収録されてます。7000万枚を売り上げ、ギネス世界記録において「史上最も売れたアルバム」として認定され、現在も売れ続けています。

収録曲9曲のうち7曲がシングルカットされ、全米チャートでトップ10入りする前人未到の快挙を達成しました。

マイケル・ピーターズ

『スリラー』『今夜はビート・イット(振付兼出演)』を振付したのがマイケル・ピーターズです。1982年『ドリームガールズ』でマイケル・ベネットとともにトニー賞の振付賞を受賞しています。

ストリートダンスが表舞台に

サブカルチャーだったストリートダンスがエンターテイメントとして認められるようになります。

ヒップホップはオールド・スクール(ブレイク、ポップ、ロック)、ニュー・スクールと時代によって分類されますが、日本ではその中間であるミドル・スクールという独自の分け方があります。

1988年~1992年のストリートダンスをミドルスクールといい、数多くのステップが誕生します。I.S.D(International Step Dance)と呼ばれ、ヒップホップ上達には欠かせません。

ランニングマン、ロジャーラビット、ロボコップ、ブルックリン、トゥループ、ニュージャックスウィング、ホーシングなどがあります。

ボビー・ブラウン

1980年代後半には、M.C.ハマーやボビー・ブラウンの踊りが世界的ブームとなり、日本でもブームとなりました。

今でも人気です。

ビバップ

ミドルスクールの中でジャズダンスに近いビバップというジャンルがあります。誕生自体は1940年代と言われます。

イギリスのダンサーが、タップ、ジャズ、レゲエ、ファンク、ハウスをミックスさせたのがビバップです。なめらかな腕の動き、スピーディなステップ、ジャズダンスの回転技が特徴です。

さらにロッキン、ブレイキンも吸収とも合わされて踊られています。ビバップは海外では「UK Jazz Dance」と呼ばれることもあります。

有名なジャズダンスクラス

映画やテレビの影響からダンススクールの数も増えていき、ジャズダンスを踊る機会も増えました。

ニューヨークにあるBDC(Broadway Dance Center)など有名なダンススタジオもたくさん登場します。

ストリートで教えあっていたストリートダンスもレッスンが受けられるようになります。すると、エンターテイメントとして楽しめるような視覚的なダンスに変化していきます。

フランク・ハチェット、ジョー・トレメインといったダンス教師が登場しました。

エアロビクス(Aerobics)

エアロビクスダンスはジャズダンスと有酸素運動が合わさったエクササイズです。ダイエット目的、健康維持を求める女性を中心に一気に広がります。

1980年代、人気女優のジェーン・フォンダが火付け役となり世界中に広がりました。

今では定番のエクササイズとなり、水中で行うエアロビクスのアクアビクスもジムでは定番です。

エアロビクスは競技にもなっていて日本ではエアロビックと呼ばれます。

ダンサー体型を目指す筋トレ・体幹トレ

ダンス上達のために身体づくりは欠かせません。身体づくりの知識をつけ、効率的かつ自分独自のメニューを作っていきましょう。

ダンサーのような軽い身体、柔軟性、芯のある機能的な筋肉をつくる基本は、自体重トレーニング・体幹トレーニングです。ケガしづらく、自分の身体に合った筋肉がついていきます。

1,500円ほど。

オンラインレッスン

ルーティーンを持つためにプロに頼ることは、時短かつ効率的です。オンラインレッスンはコスパがよく、先生が一流で、内容も充実しています。

筋トレ・ストレッチ・ヨガ・ピラティスを月3,300円ほどでほぼ受け放題できる「SOELU」。

ヨガに特化した業界大手の「LAVA」は月2,000円ほどでほぼ受け放題です。

ダンサー体型を目指すトレーニング情報をまとめていますので、ぜひご覧ください。

kazu

今回は「1980年代のジャズダンスの流れについて」についてでした。次回に続きます。
ありがとうございました。

次の記事はこちら。