jazz

アメリカ人は褒め上手?
日本人は褒めてくれない?
アメリカ人はどんなことでも褒めてくれるの?

「アメリカ人は褒めるのがうまい」

こんな言葉を聞いたことないですか?

実際、アメリカ人は日本人に比べるとかなり褒めてくれます。

この記事を書いているのは…

アメリカのダンス学部に行くためTOEFL80点を取得。帰国後は大学生向けの英語学校でTOIECや留学向けの指導をしていました。日常会話を重視していましたが、ビジネス英語も勉強しTOEIC905点をゲット

kazu

今回は「どんなことでも褒めてくれるアメリカ人の話」です。

※3分ほどで読み終わります。

胴が長いは褒め言葉? アメリカ留学で感じた上手な褒め方

日本人は褒めてくれない

ぼくは留学前からプロとしてダンスの仕事をしていましたが、当時演出家や振付師に褒められたことはほぼありませんでした。

kazu

名字を呼び捨てされる日々!

僕の名前の漢字は読みにくい…。「名字で呼ばれるのも愛がないなー」と思っていたし、僕はよく注意されるタイプでした。

アメリカ人はすごく褒めてくれる

それに対し、アメリカ人はとってもフレンドリーに、とっても自然に褒めてくれます。アメリカでは基本的に名前で呼び合います。僕は名前の上2文字で呼ばれていました。こんな単純なことなんですが、それだけでさえ嬉しかったです。

アメリカ留学では、先生が全員の前で惜しげもなく褒めてくれることも多々ありました。僕はダンス学部にいて、大学の授業もダンスのレッスンが大半を占めていました。受けていたレッスンは、バレエ、ジャズ、モダンダンスです。特にモダンダンスは日本の持つ伝統的な考えにとても似ている部分があります。

モダンダンスでは特に褒められることが多く、日本文化に関して尋ねられることが多かったです。最初は褒められ慣れていないこともあり「オーバーだな」と思っていましたが、時がたつにつれ「褒める文化もいいな」と思うようになりました。

え、それって褒めてる?

今でもすごく覚えているのがジャズダンスのレッスンでの出来事。僕が受けていたジャズダンスのレッスンでは、上半身の使い方が重視されていました。上半身は丸めたり、反ったりすることで表現の幅が広がります。例えば、上半身を丸めることで悲しみを表現でき、反ることで自信にあふれた表現ができます。

ある時、先生がすごく僕のことを褒めてくれました。

めがね

(先生)「その動きすごくいいよ!! 皆にもぜひ見せて」

ということで動きを再現します。

めがね

(先生)「上半身の使い方がすごくイイ」

めがね

(先生が無邪気に…)「上半身が長いから、すごく良く表現できるね!!」

するとクラスメイトも無邪気に「うん!!うん!!!」と…。(笑)

kazu

(僕)「(えっ、これって褒められてる?)…。」

とりあえず皆があまりに嫌味なく、僕の上半身が長いことを褒めてくれました…。それって胴が長いってことなんじゃ…。僕としては、めちゃめちゃ複雑な気持ちでした。

褒められてるか、けなされてるのか…。

とはいえ、褒め方の上手さもあり素直に嬉しかったです。褒め方ってすごく難しいと思いますが、ただ純粋にイイと思ったことを言葉にする。これが褒めるコツだと思います。

アメリカ留学に行った当初、周りのクラスメイトとの体型の違いにがっくりしました。腰の位置が全然違います。レッスンはレオタードで受ける決まりがあったので、スタイルの違いが一目瞭然です。でもこの件があってから、けっこう吹っ切れたかな、と思います!

英語のレベルチェック

自分の今のレベルが正確にわかると、学習効率がアップします。

【スパトレ】のレベルチェックは無料なのでぜひ試してみてください。精度も高く、自分に合っている参考書がわかり、モチベーションもアップします。

「話す英語」へ

「話す英語」のためには3ヶ月ほどガッツリ勉強する時間が必要で、目安は【200時間】です。

効果的な学習分量

インプット:70%(リーディング・リスニング:英文法は先に終わらせ、単語は同時進行)
アウトプット:30%(スピーキング・ライティング)

4技能を効率的に最短で鍛える「スパトレ」はコスパ良しです。今やるべきことが明確にわかります。

アプリで学習が完結する「ポリグロッツ」。4ヶ月集中して4技能をトータルに勉強できます。
会話特化の「DMM英会話」はコスパがかなり高いです。インプットを自分でやりたい人向けです。

「話すための英語」に関する勉強法はこちらでまとめています。

kazu

今回は「アメリカ人は褒め上手」について考えてみました。
どうもありがとうございました。