jazz

大人になってからも英語は上達する?
成長スピードは?
日本語の能力は英語に応用できる?

英語の勉強がなかなかうまくいかない…。

目標がないとさらに闇の中に入ってしまうこともあります。僕も大学時代そうでした。そんなとき、英語ばかり聞いていて、しんどいこともありました。

この記事を書いているのは…

アメリカのダンス学部に行くためTOEFL80点を取得。帰国後は大学生向けの英語学校でTOIECや留学向けの指導をしていました。日常会話を重視していましたが、ビジネス英語も勉強しTOEIC905点をゲット。

kazu

今回は「会話することがプレッシャー…。」となってしまったとき役に立つ方法をお伝えできればと思います。

※3分ほどで読み終わる記事です。

大人からの英語上達法。「空気を読む力」と常識力で会話を続ける

子供のほうが英語の上達は速い?

子供のころに勉強した方が、英語の吸収は確かに早いです。僕が大学生に教えていた時、「20歳までにしっかり勉強できれば英語が母国語並みになる!」とデータを示してアドバイスしていたことがありました。

ですが、「母国語並みに完璧になることって重要なのか?」と今は思っています。

大人の方が英語、しっかり話せます

若いほうが英語を習得しやすいと書きました。ならば大人はダメなのか?

そんなことはまったくありません。ここでよくある質問をご紹介します。

「若くないけど、今から勉強しても話せますか?」
(僕)「話せます!!」
「本当ですか?」
(僕)「むしろ人生経験積んでるので、絶対話せます。」
「…」

「どういうこと?」と思うかもしれません。

僕は、大人には大人なりの勉強法があると考えています。

常識、ニュース、歴史、文化といった背景知識

何より、大人は知識量が学生より豊富で、人生経験をたくさん積んでいます。これが会話でとても役に立ちます。言語の能力が高くても、日常の知識がないと内容のある話はできません。

「空気を読む力」をフル活用するとどうにかなる!

僕は、日本語を話すとき「あるクセ」があります。

話半分でも返事をしてしまうクセです。適当に返してもうまく話がつながることも多いです。時々バレてしまいますが、基本的に人の話の腰を折ることはありません。これは僕だけの話ではなく、大人であれば誰しも自然とやっていることだと思います。このうまく返事する方法は「空気を読む力」と言い換えることができます。

この「空気を読む力」を日本語を話すときだけでなく、英語を話すときにフル活用していました。もちろん英語の場合、日本語に比べかなり聞く努力をします。ただ、難しい単語がでてくると、相手の言っていることが理解できなくなり、脳が思考停止することがあります。

こうなると、相手が何を言っているのかわからない!!

もう「空気を読む」しか会話を続ける方法がありません。

日常会話に関しては、腰を折る必要なし!!

人と会話していると、話の腰を折るべき時と、腰を折る必要のない時があります。

僕は「日常会話は腰を折る必要がない!」と思っています。日常会話で内容が理解できなくても、「会話よ!流れていけ~」というスタンスで話しています。とにかくスムーズにコミュニケーションをとることを重視しています。先ほど「むしろ人生経験積んでるので、絶対話せます。」というのは、こういった理由からです。

人生経験を積むと「空気を読む力」が必ずつきます。特に日本人は「空気を読む力」に長けているように思います。いろいろな情報を頭の中から取り出せば、話半分でも相手が何を言っているか理解できると思います。

ぜひ、日本語で培ったコミュニケーション能力をそのまま英語にも適用してください。

たぶん会話は2割ほどしか聞いていなかったとしても、どうにか内容を理解することができると思います。相手の話がポジティブか、ネガティブか、という点さえ抑えていれば、日常会話は大丈夫なんじゃないかと思います。ただし会話量はとても大事です。英語での会話経験をどんどん積むことで話すことが楽になってくると思います。

そして、本当に大事な話はしっかり話の腰を折って、質問してください。ただ、日常会話は質問しなくても大丈夫な話題の方が圧倒的に多いので、あまり気張らず会話を楽しめたらいいと思います。

TOEICのPART2が強くなる

TOEICのリスニング問題のPART2は、会話の問題です。会話が何回か流れ「次に来る受け答えは何か?」という問題が出題されます。

「空気を読む力」が身につくと、この問題がかなり得意になると思います。逆に言うと、TOEICのPART2が強くなると「空気を読む力」も強くなります。

話すための英語上達法

基礎である英文法を中心にリーディングとリスニングの勉強を行い、ある程度身についたらスピーキングとライティングの勉強に移行するのがオススメです。

基礎と実践を同時に

基礎・・・リーディング・リスニング(授業、アプリ、本など)
実践・・・スピーキング・ライティング(オンライン会話など)

「話すための英語」に関する勉強法はこちらでまとめています。

kazu

今回は、「空気を読む力」について考えてみました。
どうもありがとうございました!!