大人の英語上達法(空気を読む力・常識):完璧主義を捨てる英会話術
jazz

大人になってからも英語は上達する?
成長スピードは?
日本語の能力を英語に応用するには?

英語の勉強がなかなかうまくいかない。

準備が整ってから英会話をしたい。

そうして遠のいていくコミュニケーション能力。

この記事を書いているのは……

アメリカのダンス学部に行くため TOEFL 80点を取得。帰国後は大学生向けの英語学校で TOIEC や留学向けの指導。TOEIC 905点。

kazu

今回は「会話することがプレッシャー」になってしまったとき役立つ方法です。

※ 3分ほどで読み終わります。

子供のほうが英語の上達は速い

英語の勉強は、幼少期からスタートすると確実に速く、ネイティブのように達者になりやすいです。

「 20歳までに しっかり勉強できれば英語が母国語並みになる」

僕が働いていた英語の学校ではこの説に関しデータを示し、大学生にアドバイスをしていました。

と同時に、「母国語並みに完璧になることって重要なのか?」とも思っていました。

大人の英語

若いほうが英語を習得しやすいと書きました。

ならば大人はダメなのか?

そんなことはまったくありません。

ここでよくある質問です。

「若くないけど、今から勉強しても話せますか?」

(僕)「話せます!!」

「本当ですか?」

(僕)「むしろ人生経験積んでるので、絶対話せます。」

僕は、大人には大人なりの勉強法があると考えています。

常識、ニュース、歴史、文化といった背景知識

大人は知識量が学生より豊富で、人生経験をたくさん積んでいます。

これが会話でとても役に立ちます。言語の能力が高くても、日常の知識がないと内容のある話はできません。

完璧主義から脱却

英語を教えてすごく感じていたのは「ペラペラになってから話したい」と考えている人が多いことです。

しかし、ペラペラを目標にするといつまでたっても英語を話すタイミングは来ません。

僕はニューヨークに留学していましたが、ニューヨークは多民族が集まっています。日本で勉強したようなキレイな英語だけでなく、聞き取りづらい英語も飛び交います。

そんな状況でみんなコミュニケーションを取っています。

英語は 6割 聞き取れれば内容はだいたい理解できます。

もし 2割ほど しか聞きとれなかったとしても、最低限の内容は理解することができます。相手の話がポジティブ(肯定的な話)か、ネガティブ(否定的な話)か抑えることが可能です。

ぜひ完璧主義を捨ててどんどん挑戦していきましょう。

完璧じゃなくて全く問題ない

例えば、スマホの機能をすべて使っていなくても、ある程度使いこなすことはできます。

また、ぼくはダンスの仕事していましたが、ダンスのステップすべてを知っているわけではありません。日々勉強しつつダンサーとして活動していました。

どの職業の人もこうやっているはずなのに、英語だけなぜか完璧を求めている人が多い……。

英語以外ではきっと見切り発車しているはずです。

ある程度、勉強ができたらさっさと英会話の練習に移行しましょう。

有名人のスピーチに対し、「発音がやばい」とコメントする人もいますが、通じていれば何も問題ないと思います。

英語の目的はコミュニケーションです。

そして、英語の勉強をしているということは、なにか目的があると思います。

英語の勉強だけに時間を使っているのはもったいないです。目的のために英語を活用してきましょう。

英語が伸びる人の特徴

「ペラペラに話したい」というのは具体的にいうと、発音が完璧ということです。

発音に自信がない人は英会話やコミュニケーションの勉強を避けがちです。

英語が伸びるのは「積極的な人」です。

英語で身につく3つの力:自信(自己肯定感)・積極性・プレゼン能力

英語を話すときは、積極的なモードに入りましょう。僕も英語を話しているときの方が、積極的になっていると思います。

それでも自信がない場合は、必死に勉強し、準備万端にするしかありません。

このように、自信がついてから話し始める人もいます。ただ、多くの人はここに到達するまでに挫折してしまいます。

「空気を読む力」をフル活用

僕は、日本語を話すときに「あるクセ」があります。

話半分の理解で返事をしてしまう

適当に返してもうまく話がつながることは多いです。

時々バレてしまいますが、基本的に人の話の腰を折ることはありません。これは僕だけではなく、大人であれば誰しも自然とやっていることだと思います。

適当なはずなのにうまく返事する方法は「空気を読む力」と言い換えることができます。

この「空気を読む力」を英語のコミュニケーションでフル活用していました。

もちろん英語の場合、日本語に比べかなり聞く努力をします。

ただ、難しい単語がでてくると、相手の言っていることが理解できなくなり、脳が思考停止することがあります。

こうなると、相手が何を言っているのかわからない!

もう「空気を読む」しか会話を続ける方法がありません。

日常会話は、腰を折る必要なし

人と会話していると、話の腰を折るべき時と、腰を折る必要のない時があります。

僕は「日常会話は腰を折る必要がない」と思っています。

日常会話で内容が理解できなくても、「会話よ!流れていけ~」というスタンスで話しています。

とにかくスムーズにコミュニケーションをとることを重視しています。

先ほど「むしろ人生経験積んでるので、絶対話せます。」というのは、こういった理由からです。

人生経験を積むと「空気を読む力」が必ずつきます。特に日本人は「空気を読む力」に長けているように思います。

いろいろな情報を頭の中から取り出せば、話半分でも相手が何を言っているか理解できると思います。

ぜひ、日本語で培ったコミュニケーション能力をそのまま英語にも適用してください。

そして、ビジネスの場面などの大事な話はしっかり話の腰を折って、質問してください。

日常会話は質問しなくても大丈夫な話題の方が圧倒的に多いので、あまり気張らず会話を楽しめたらいいと思います。

英語のレベルチェック

「話す英語」のための学習時間の目安は【 200時間 】です。うち 3ヶ月ほどガッツリ勉強できるとその後の勉強時間が短縮されます。

効果的な学習量

インプット:70%(リーディング・リスニング:英文法は先に終わらせ、単語は同時進行)
アウトプット:30%(スピーキング・ライティング)

【 スパトレ 】のレベルチェックは無料なのでぜひ試してみてください。精度が高く、自分に合う参考書がわかり、モチベーションもアップします。

科学的な学習方法で、総合的な勉強ができます。

コスパのいい「 DMM英会話 」もオススメです。

会話特化なのでインプットを自分でやりたい人向けです。

kazu

今回は、「空気を読む力」について考えてみました。
どうもありがとうございました。

「話すための英語」に関する勉強法はこちらにまとめています。