jazz

ジムはどのくらいの人が通っている?
どうして途中で辞めてしまう?
自体重トレーニングのメリットは?

ジムに行けば身体が鍛えられる!!

残念ながらそんなことはないです…。多くの場合、ジムで鍛えられる人は、ジムに行かなくても鍛えられる人が多いです。

記事を書いているのは…

元劇団四季、テーマパークダンサー。海外留学でダンスや身体づくりを学び、日本に戻ってもレッスンをたっぷり。ダンス、ヨガ、ピラティス、ジムにもかなり通いました。そんな僕の経験から記事を書いています。

Amazon Prime 30日間無料トライアル

kazu

今回は「ジムに通えなくなってしまう理由と自体重トレーニングのメリット」の解説です。

※3分ほどで読み終わる記事です。この記事は、ダンサーのような剛柔あわせた身体を目指す方から、ダンサーを目指している方向けです。

自体重トレーニングのメリット3選。ジムを辞める90%の理由は立地?

90%がジムを辞めてしまう

個人的にびっくりする数字ですが、90%の人がジムを3ヶ月以内に辞めてしまうという調査があります。( Lifehackより)

日本では6,000人を対象にこのような調査が行われています。

あなたはスポーツクラブ、フィットネスクラブを利用していますか?
6,016人が回答している大規模な調査です。

ティムスドライブより

この調査をジムの利用者に絞ってみます。

ジムの継続率

今も通っている:18%
途中で辞めてしまった:82%

高確率でジムを辞めてしまっていることがわかります。

通いやすい場所にないと辞めてしまう

ジムを選ぶポイントは圧倒的に「立地」です。

スポーツクラブを選んだ決め手を教えて下さい

ティムスドライブより

「設備の充実」でさえ、大きなポイントではありません。

65.5%の人が「通いやすいかどうか」が大きなポイントとなっています。

通いやすい場所にないというだけで、ジム通いに脱落してしまうという人は実は多いです。

それを解消する方法はたった1つ。

通い場所にジムがあるか、という点だけです。

ということで、通いやすい場所について考えます。

通いやすい場所とは?

自宅のすぐ近く
自宅から最寄り駅までの道中
最寄り駅のすぐ近く
勤務地の駅のすぐ近く
乗り換えの駅のすぐ近く
勤務地の最寄り駅から勤務地までの道中
勤務地のすぐ近く

こういう立地にジムがある場合は、ジムに通うのもオススメです!

自体重トレーニングの費用以外のメリット

近くにジムがない場合を含め、そもそも「ジムに通う必要があるかどうか」というのは、じっくり考えてもいいと思います。

健康だけを求めるのであれば「自体重トレーニング」で十分という人がたくさんいます。

とくにダンサーを目指す人はダンスレッスンに費用がかかるので、ジムにまでお金をかけられないという人も多いと思います。ですが、ダンサーにとって筋トレはとても重要なので欠かせません。

それを解消するのが自体重トレーニングです。

ジムに行かず自体重トレーニングを行うと費用が一切かかりません。これは大きなメリットですが、自体重トレーニングには費用以外にもメリットがたくさんあります。

ケガしにくい

自体重トレーニングの大きなメリットは、「関節に負担をかけない」という点です。

ウエイトトレーニングは、重いウエイトを持ち上げることを目標にする人が多いです。しかしウエイトが増えれば、関節の損傷リスクも増えてしまいます。

それに対し自体重トレーニングの負荷は、自分の体重より重くなることはありません。そのため関節を痛めるリスクがかなり低くなります。

関節

関節は年齢とともにスリ減っていきます。この動画はヒザ関節の説明ですが、ほかの関節でも同じことが起こります。

関節痛は、無理なトレーニングによってもすり減ってしまいます。また、フォームが崩れるだけで関節を痛めてしまうこともあります。

筋トレを本格的に行っている人で関節痛を持っている人は多いです。

時短

自体重トレーニングの一番の特徴は、1つのトレーニングでも複数の筋肉と関節を動かすという点です。

ジムに行くとわかりますが、マシンやウエイトトレーニングでは1つの筋肉にターゲットを絞って鍛えます。ピンポイントで鍛えられるのはとてもイイですが、時間がかかります。

それに対し、自体重トレーニングでは一つの動作で複数の筋肉を一気に鍛えることができます。

おすすめ自体重トレーニング6種

腕立て伏せ、スクワット、懸垂、腹筋、ブリッジ、倒立

超初心者:週2回2種類ずつ
初心者:週3回2種類ずつ

中級以上の人は時間かけて鍛えている人も多いですが、初心者のうちは上記のトレーニングで十分です。

というのも、最初のうちはマイルドに始めたほうが筋トレが続きます。

また、ジムへの行き帰りの時間がないという点も大きな時短ポイントです。

身体能力の向上

自体重トレーニングの優れている点は、「日常生活に役立つ」という点です。

重いものを運んだり、電車の揺れに耐えたり、子供と一緒に遊んだり、というのが日常生活で力を必要とする場面です。

ですが、ジムのようにダンベルを上げるという状況は日常ではほとんど見られません。

また、胸を鍛えるのが好きな人で、上半身は大きいのに下半身が細いというアンバランスな身体をしている人がいます。

バランスがとれていない身体の場合、身体の力が発揮されないということが起こります。

カラダ全体を鍛えるというのは、バランス良く鍛えるということです。

さきほど挙げた自体重トレーニング6種では身体をバランス良く鍛えることができます。

身体がボディビルダーみたいになることはなかなか難しいかもしれないですが、身体能力の向上が期待できます。

ダンサーはバランスのとれた身体ほど美しいです。自分の身体を生かし能力を高めるようなトレーニングが理想です。

自体重トレーニングはそうした点でもかなりオススメです。

大きな誤解

自体重トレーニングで大きな誤解はしっかり鍛えられないんじゃないか、という疑問です。

これは大きな誤解です。

体操選手を思い出してみてください。

体操選手はムキムキしています。

ですが、体操選手でウエイトトレーニングを行っている人は多くないと思います。

というのも、体操は練習自体が筋トレのような役割を持っているので自然に身体が鍛えられているのです。

体操競技は6種目ありますが、そのうちの4種目は足が地面から離れています。そのため、必然的に上半身のパワーがつきます。

加えてジャンプ力が必要になるため下半身もバッチリです。

このように自体重トレーニングでもしっかり鍛え上げることができます。

ですが、ここまでいくためにはトレーニングに倒立種目も必要になります。

プリズナートレーニング

倒立しながらの腕立て伏せを最終目標にするプリズナートレーニングというものがあります。

自体重トレーニングのプログラムとしてはかなりおススメです。6種目で身体全体を鍛えていきます。詳しくはこちらをどうぞ。

ジムの方が合っている人もいる

めがね

ちなみに僕自身はジムに通っています。

その理由は、自宅だと気が散ってしまうからです。

ジムに行けば絶対にトレーニングする環境です。そして、ジムには懸垂のマシーンがあるので通っています。ジムの場所は徒歩3分くらいの場所にあるので決めました。

ジムに行っていますが、自体重トレーニングがメインです。

もしかしたら自宅でしっかりトレーニングできるようになったら辞めてしまうかもしれないです。

ぜひ皆さんもご自身に合った方法を見つけてみてください。なによりも大事なことは継続できる環境を作ることです。

kazu

今回は「ジムに通えなくなってしまう理由と自体重トレーニングのメリット」のご紹介でした。
ありがとうございました。