jazz

関係代名詞は本当に難しい?
関係代名詞の苦手意識は克服できる?
えっ。実はカンタン?

英語の勉強の大きな壁が関係代名詞です。思い出すだけで嫌だ…、という人もいるのではないでしょうか。僕も関係代名詞は苦手でした。

問題が解けたとしても実際には使えない…。なんとも苦い思い出があります。

この記事を書いているのは…

僕は現在TOEIC905点を持ち日常会話が問題なく話せるようになりました。大学生向けの大きな英語学校でアドバイザーをしていたこともあります。その時は、TOEIC900点を超える担当生徒がかなりいました。先生である僕よりも高得点をとる生徒が続出してしまい、自分の点数をひた隠しにしていた過去があります。笑

kazu

今回の記事は「関係代名詞をかんたんに理解できる方法」です。

※3分ほどで読み終わる記事です。

関係代名詞で苦しんでいる人ほど新しい気づきが得られます。

がっちゃんの動画

youtuberがっちゃんの動画で勉強していく方法です。こちらの記事で詳しい勉強法と、勉強のわかりやすい順番を紹介しています。

がっちゃんの勉強は一緒に『一億人の英文法』という文法書があると勉強効率がアップします。

2,000円ほど。文法書なのですが、イメージを用いた基本動詞、前置詞の説明が収録されています。詳しくはこちらをどうぞ。

ここからは動画を紹介していきます。

WH修飾(関係代名詞)、接続詞の説明もちょっと

WH修飾とは(人を修飾するwho、モノを修飾するwhich、それ以外を修飾するthat)のことです。

「関係代名詞」の歴史を塗りかえてみる

10:35まで関係代名詞の説明です。

The book that(which) Gatchan learns Japanese is new.「ガッチャンが日本語を習う本は新しい。」

関係副詞(場所のwhere、時間のwhen、理由のwhy)

【朗報】副詞、いらない子だった【関係副詞】

8:50までが内容説明です。

話すための英語上達法

基礎である英文法を中心にリーディングとリスニングの勉強を行い、ある程度身についたらスピーキングとライティングの勉強に移行するのがオススメです。

基礎と実践を同時に

基礎・・・リーディング・リスニング(授業、アプリ、本など)
実践・・・スピーキング・ライティング(オンライン会話など)

「話すための英語」に関する勉強法はこちらでまとめています。

kazu

以上「わかりやすい関係代名詞と関係副詞」でした。
どうもありがとうございました!!