jazz

ロン・ド・ジャンブ・ア・テールって何のためにやってるの?
足が高く上がるようになる?
トレーニング方法は?

スムーズな動きはダンスの表現力を高めます。カクカクした動きにならないようにする大事な動きが「ロン・ド・ジャンブ・ア・テール」です。

記事を書いているのは…

元劇団四季、テーマパークダンサー。30分のショーから2時間の舞台まで出演回数は5,000回は軽く超えているんじゃないかと思います。ダンス、ヨガ、ピラティス、ジムにも20年ほど通っています。

Amazon Prime 30日間無料トライアル

kazu

今回は「ロン・ド・ジャンブ・ア・テール」の解説です。

※3分ほどで読み終わる記事です。

ロン・ド・ジャンブ・ア・テール

ロン・ド・ジャンブ・ア・テールはつま先でコンパスのように半円を描く動きです。タンデュの前(ドゥヴァン)、横(アラセゴンド)、後ろ(デリエール)を通ります。

股関節の力の抜き方をトレーニングできます。足を高く上げるためには股関節の力を抜く必要があります。ただし足全体の力を抜いてしまっては美しくなりません。股関節以外はしっかりと力を入れ、股関節のみ力を抜くための良いトレーニングになります。

ロン・ド・ジャンブ・ア・テール(仏:rond de jambe à terre)

フランス語でロン「丸い」、ジャンブは「足」、ア・テールは「地面に」という意味

足を空中に上げてロン・ド・ジャンブ・ア・テールをおこなうロン・ド・ジャンブ・アン・レールという動きがあります。どちらも少し長いので「ロンデ」と縮めて呼ばれます。ロンデというと地面のままか、空中に上げるのかどっちか分かりづらいですが、踊りの中では空中に上げた動きのことを指すことが多いです。

ロン・ド・ジャンブ・ア・テールの動きとは?

最初難しい場合、両手をどこかにつかまった状態で足だけに集中しましょう。

①まず第1ポジション(または第5ポジション)に立ちます。背筋を伸ばし、お腹に力をいれ薄くします。

②前(ドゥヴァン)にタンデュします。

③つま先を床につけながら大きな半円をイメージしながら横(アラセゴンド)、後ろ(デリエール)に回します。股関節のちからを抜きターンアウトを意識し、ヒザからつま先までしっかり伸ばします。足の裏に力を入れますが、つま先はギュッとならないようにします。体重は完全に軸足にのせ、出した足に引っ張られないようしっかり床を押します。

④第1ポジション(または第5ポジション)に戻す。

このように前から後ろに回す動き(外回し)を「アン・ドゥオール」といいます。逆に後ろから前に回す動き(内回し)を「アン・ドゥダン」といいます。

注意点

足はつねにターンアウトを意識します。上半身の動きも重要ですが、まずは下半身を動かせるように集中しましょう。

音楽は情感のあるスローな曲、そしてワルツのことが多いです。しっかり三拍子を感じ、曲想(楽曲のテーマ)もしっかり表現する努力をしましょう。

アクセントの付け方が重要です。アン・ドゥオールでは、足を前(ドゥヴァン)に出したときにアクセントをつけ、その後は足の力をできるだけ抜いて軽やかに回します。軸足側の肩を少し落とすと、バランスがとりやすくなります。ただしこの時、目線は軸足側の斜め前に落とさないと変なことになるので注意してください。

また、回転が横(アラセゴン)までだったり、途中にプリエを挟んだり、前(ドゥヴァン)で2回足を回すダブルといった、さまざまなバリエーションがあります。

ちなみにジャズダンスでは「ファンキック」のことを「ロンデ」ともいいます。

トレーニング

アクセントをつけて回しているので参考にしてみてください。

腕の使い方に関してです。片手をア・ラ・スゴンドにします。まず、アン・バー(大きなボールを抱えるようにしてなめらかなカーブ)をつくります。ヒジは横に向け、ワキと二の腕に力を入れます。アン・バーをキープしたまま、みぞおちの前まで上げアン・ナヴァンにします。腕の形をキープしたまま、外側に開いてア・ラ・スゴンドをつくります。手は真横ではなく、視界のに入るくらい少し前に伸ばします。

バーレッスンのための腕のポジション

「Dance Channel TV Ballet Academy」より

できるようになったら動画のように顔もつけていきましょう。

ステップアップ

こうした動きもあります。

ぜひ体得していきましょう!

おすすめの資料

日本を代表するバレエダンサーである吉田都さんによるレクチャー本です。DVDつきもあります。すごく丁寧な解説がついているので、ぜひ活用してみてください。

本のみで2,000円弱。DVDつきだと8,000円ほど。

さらに深めたい場合

解剖学のアプローチから科学的にダンステクニックを紹介している本です。かなり詳しく書かれているので一度目を通すのもイイと思います。

2,500円ほどです。

Amazon Prime 30日間無料トライアル

kazu

今回は「ロン・ド・ジャンブ・ア・テール」のご紹介でした。
ありがとうございました。

ダンス上達のためのトレーニング情報をぜひご覧ください。