jazz

ブリッジの健康効果とは?
ブリッジができな原因は肩にある?
ストレッチの方法は?

「ブリッジ」は柔軟性を高めると同時に、筋肉を鍛えることができます。ですが、そもそもブリッジが出来ない人もいると思います。もしくは、ブリッジはできるけどキレイな弧を描けない、という人もいるのではないでしょうか。

記事を書いているのは…

元劇団四季、テーマパークダンサー。海外留学でダンスや身体づくりを学び、日本に戻ってもレッスンの日々。ダンス、ヨガ、ピラティス、ジムにもかなり通いました。

kazu

今回は、完成度の高い「ブリッジ」を作りたい方に向けた「肩を柔らかくする方法」です。

※3分ほどで読み終わる記事です。

前肩(巻き肩)とは?

前肩(巻き肩)とは?

この写真のように肩が前に出てきてしまっていることを「前肩」「巻き肩」と言います。姿勢が悪く、前かがみになってしまうことを猫背といいますが、猫背は背中にポイントを絞っています。猫背も前肩も巻き肩も「前かがみになった悪い姿勢」という点では同じです。

見た目に悪いだけでなく、健康にも悪影響があります。姿勢が悪いと肋骨が圧迫されてしまい、呼吸が浅くなってしまいます。浅い呼吸になると、酸欠状態になりやすく、身体にとって大きな負担になるので改善が必要です。

正しい位置に戻すために姿勢矯正ベルトなどの便利グッズはありますが、続けるのはなかなか難しいと思います。身体はつねにバランスをとっているので、無理やり部分的に矯正するとほかの部分に負担がかかり、余計疲れてしまうことがあります。姿勢矯正ベルトはトレーニングと合わせると効果はありますが、単体で使うのはなかなか難しいかもしれません。

ブリッジで柔軟性と筋肉強化

では姿勢を矯正するためにはどうすればいいのか…。ストレッチも大事ですが、それだけだと姿勢の改善につながらないことがあります。正しい位置に戻した上で、その状態をキープできる筋肉が必要です。ストレッチをおこなうと同時に、支えるための筋肉を鍛える必要があります。それができるのが「ブリッジ」です。

ブリッジの良いポイントは、ストレッチと筋力トレーニングが同時にできる点です。以前、ブリッジを筋トレに取り入れると背中や腰に効果的、という記事を書きました。

ケガをしにくいストレッチが「筋力ストレッチ」です。伸ばしたい側と反対側の筋肉に力を入れるストレッチ方法です。ブリッジでは背中、おしり、もも裏の筋肉に力をいれることでアーチが深まり、肩を柔らかくしていきます。

ただし、そもそもブリッジができない人もいると思います…。そんな人は「肩」の柔軟性をまず上げる必要があります。

肩を柔らかくする

ということで、肩を柔らかくするために効果的なストレッチのご紹介です。youtubeの「ヒロレッチchannel」をご紹介します。ご本人の身体がかなり柔らかいので説得力が違います。肩だけでなく、開脚、前屈などの動画もたくさん出ているのでオススメです。

ぜひ肩を柔らかくしてブリッジをマスターしましょう!

ブリッジの効果的なトレーニング方法が載っています。

kazu

今回は「ブリッジ完成に向けた肩を柔らかくする方法」のご紹介でした。
ありがとうございました。