jazz

スラッシュリーディングって何?
読むスピードが上がる?
60%わかればわかる?

英会話のテンポが速くてついていけない…。

気づいたら思考停止…。

そんなときにオススメなのがスラッシュリーディングです。

英文全てがわからなくても、大雑把に理解することができます。

この記事を書いているのは…

アメリカのダンス学部に行くためTOEFL80点を取得。帰国後は大学生向けの英語学校でTOIECや留学向けの指導をしていました。日常会話を重視していましたが、ビジネス英語も勉強しTOEIC905点をゲット

kazu

今回は「スラッシュリーディングの方法」です。

※3分ほどで読み終わります。

スラッシュリーディングで読む力UP。速読の効果と勉強法。6割で理解

スラッシュリーディングの目的

スラッシュリーディングの目的は「リアルタイムで英語を理解する」ことです。

まずはこの英文を訳してみます。

「I feel like I’m a different person when I’m dancing.」

日本語訳は「踊っているとき私は別人になったように感じます。」です。

聞きやすい日本語に訳すと元の英文と語順が入れ替わります。

スラッシュリーディングをしない英語の訳し方

日本語訳までの流れ

英文を全部聞く → 語順を入れ替える → 日本語訳

頭の中でこれだけの作業をしていると、会話のテンポが遅くなってしまいます。すると会話相手と時差が発生してしまいます。

スラッシュリーディングの具体例

意味の塊ごとにスラッシュを引いていきます。

「I feel like / I’m a different person / when I’m dancing.」

そして前から訳すと「私は感じる、違う人間になる、踊っているとき」となります。

このように大雑把な訳でも十分内容を理解することができ、理解のスピードがアップします。

スラッシュリーディングのスピード感

英文をかたまりで聞く → 都度、日本語訳

さらに上級になると英語を日本語に変えず、英語を英語で理解できるようになります。

スラッシュリーディングの効果

「英文を理解するスピードがアップ」

スラッシュリーディングは、リーディングにもリスニングにも有効です。

「聞き手にやさしい英語」

実はスピーキングにも有効です。

スラッシュリーディングが話し言葉で活用されると意味のかたまりごとに話されます。すると聞いている人にとってわかりやすい英語になります。

スラッシュリーディングの方法

意味のかたまりをつくってスラッシュで区切っていき、前からガンガン読む方法がスラッシュリーディングです。(チャンクリーディングとも呼ばれます)

スラッシュリーディング

「語順のまま意味を区切って」前から読む方法

区切る場所

区切りに明確なルールはありませんが、目安はあります。

区切るポイント

・前置詞の前
・動名詞の前
・不定詞の前
・過去分詞の前
・接続詞の前
・疑問詞節の前
・関係詞の前
・カンマ(,)の前

勉強が進んでいったら、区切る数をどんどん少なくしていきます。

和訳では、日本語の助詞(を、が、に、など)をうまく活用すれば多少の不自然さはあっても、前から訳すことができます。

大ざっぱに

スラッシュリーディングは、あくまで意味を大ざっぱにつかむ方法です。完璧に翻訳する必要はありません。

もちろん100%の理解がゴールです。ですが、難易度は高いです。

英語は60~70%聞き取れれば理解できると思います。ここでアメリカのv-tuber「闇ノシュウ」さんの動画をご紹介します。

ネイティブの人でも英語すべてを完璧に理解しているわけではない、という動画です。

とくに英語は第2言語として話す人が多く、さまざまな方言が混じっています。そのため全文がわからなくても意味をつかむ練習も大事になってきます。

ちなみに闇ノシュウさんは日本語ペラペラです。

オススメ無料アプリ「レシピー」

英語アプリ「レシピー」はスラッシュリーディングにぴったりです。

有料版(月480円~)がおすすめですが、無料版でもリーディングのスラッシュリーディングの機能がついています。

英語学習アプリレシピー(旧POLYGLOTS)でスラッシュリーディングを無料で練習

「レシピー」より

スラッシュリーディングもレベル1、レベル2と2段階用意されています。アプリの下にあるスラッシュマークをタップするだけなのでオススメです。

有料版だとリスニングのステップ学習が、スラッシュリーディングにもってこいです。とくに初心者の人はこのコンテンツからはじめると難易度が低いので取り組みやすいと思います。

英語学習アプリ「レシピー」をもとに、アプリから直接オンラインレッスンを受けられる「ポリグロッツ」は短期集中型でオススメです。

英語のレベルチェック

自分の今のレベルが正確にわかると、学習効率がアップします。

【スパトレ】のレベルチェックは無料なのでぜひ試してみてください。精度も高く、自分に合っている参考書がわかり、モチベーションもアップします。

「話す英語」へ

「話す英語」のためには3ヶ月ほどガッツリ勉強する時間が必要で、目安は【200時間】です。

効果的な学習分量

インプット:70%(リーディング・リスニング:英文法は先に終わらせ、単語は同時進行)
アウトプット:30%(スピーキング・ライティング)

4技能を効率的に最短で鍛える「スパトレ」はコスパ良しです。今やるべきことが明確にわかります。

アプリで学習が完結する「ポリグロッツ」。4ヶ月集中して4技能をトータルに勉強できます。
会話特化の「DMM英会話」はコスパがかなり高いです。インプットを自分でやりたい人向けです。

「話すための英語」に関する勉強法はこちらでまとめています。

char no=”1″ char=”kazu”]以上「スラッシュリーディング」でした。
どうもありがとうございました。[/char]