jazz

ジャズダンスはどう発展していった?
貧しい人でも楽しむことができるようになった?
ストリートダンスとは?

前回は1960年代の「ジャズダンスの再定義」について紹介しました。

ダンスが再度、大衆に受け入れられるようになり1970年代からダンスが多様に広がっていきます。

記事を書いているのは…

元劇団四季、テーマパークダンサー。ジャズダンスを勉強中

kazu

今回は「ディスコ、斬新な振付家、ストリートダンス」を紹介します。

※3分ほどで読み終わります。僕が習ったことや調べたことをもとに書いていることをご了承ください。

1970年代

1970年代のキーワードは「大衆化」です。

ダンスが誰でも楽しめるようになっただけでなく、貧困の人たちも気軽に参加できるようになりました。

ジャズダンスの歴史の流れ(1960年代~1970年代のアメリカ)

ディスコからミュージカルの流れと、ストリートダンスの流れがあるので1970年代は2つに分けて解説していきます。

ディスコ、ミュージカルに関してはこちらをどうぞ。

ストリートダンス

ストリートダンスは、1970年代初頭のニューヨークから始まるとも、ディスコで若者が踊っていたダンスが始まりだともいわれます。

1970年代~1980年代のストリートダンスをオールドスクールと言います。

オールドスクールは、ロックダンス、ブレイクダンス、ポップダンス、ワックダンスのことです。

オールドスクール(Old School)は「昔ながらの」という意味になります。

ストリートダンスは貧困街の黒人が発祥です。貧しい若者たちがお金を使わずとも楽しむことができました。

ヒップホップを理解するためにおすすめのDVDです。

ロックダンス(Lock Dance)

ロック(lock)は、カギをかけるという意味です。身体をロック(静止)し、ピタっと止まるダンスです。テンポが速く、細かい動きの連続。日本人が得意とするダンスです。

1969年にLAで誕生。ドン・キャンベルが振付を分断し、ところどころ静止して練習していたところ、周りの仲間が面白がりマネします。それが誇張されロックダンスが生まれました。

ブレイキング(Break Dance)

アクロバティックな動きや回る動きが特徴で、身体能力が求められる難易度の高いダンスです。

アフリカ出身のダンサーたちがニューヨークで発展させたダンスです。

1970年代、ニューヨークのブルックリンでは犯罪やギャングの抗争が激化していました。

「最近、いつ人を殴りましたか?」

多くの人が最近は殴ってない、と答えると思います。

とはいえ人間は殴り合いでいろいろなことを解決していました。

とくにこの時代はギャング同士の抗争が激しかったため、代替手段としてブレイクダンスでのバトルがはじまります。

ラップバトルのようにお互いに挑発し合うため、ダンスの技術だけでなくコミュニケーション能力、クリエイティブな振付が必要です。

ポップダンス(Pop Dance)

筋肉を弾いて振動させる動作が特徴的なダンスです。ポップコーンのポップと同じように「弾ける(音)」という意味があります。ロボットダンスやアニメーションダンスの一部で、人間離れした動きで多くの人を驚かせています。

筋肉を弾く「ヒット」、体を波のように動かす「ウェーブ」、マイケル・ジャクソンで有名な「ムーンウォーク」が代表的なテクニックです。

ポップダンスは、1970年代頃にエレクトリック・ブーガルーズ(Electric Boogaloos)が考案しました。

ワックダンス(Waack Dance)

ワックダンスは腕や胸などを中心に動かす踊りで、腕をムチのように振ったり、体に巻きつける動きに特徴があります。また、急にポーズでストップする動きは印象に残ります。

ゲイクラブで生まれ、初期はポージングをしていくダンスでした。ゲイのダンサーたちはバレエやジャズダンスをやっている人も多かったため、ストリートダンスの中でもかなりしなやかな踊りです。

ファッション

でかいラジカセ、金のゴツいネックレス、トラックジャージ、サングラスがオールドスクールのファッションです。

ロサンゼルなどの西海岸をルーツにしたヒップホップはダボッとしたスタイル、東海岸をルーツにしたスタイルはピッタリめの服装も多いです。スーツや、革の素材も人気がありました。

ヒップホップ

現在、ヒップホップはストリートダンスと同じ意味で使われています。ですが、本来の意味は少し違います。

ヒップホップ

・ラップ
・DJ
・ブレイクダンス
・グラフィティ(壁画の落書き)

この4つの要素が合わさるとヒップホップになる

ヒップホップはストリートダンスの一部です。

ストリートダンスが登場したことで一気にダンスが広がります。この時代、ストリートダンスはダンススクールに行って練習するのではなく、道でお互いに教え合っていました。若者たちがどんどんクリエイティブな動きを作っていきます。

ダンサー体型を目指す筋トレ・体幹トレ

ダンス上達のために身体づくりは欠かせません。身体づくりの知識をつけ、効率的かつ自分独自のメニューを作っていきましょう。

ダンサーのような軽い身体、柔軟性、芯のある機能的な筋肉をつくる基本は、自体重トレーニング・体幹トレーニングです。ケガしづらく、自分の身体に合った筋肉がついていきます。

1,500円ほど。

オンラインレッスン

ルーティーンを持つためにプロに頼ることは、時短かつ効率的です。オンラインレッスンはコスパがよく、先生が一流で、内容も充実しています。

筋トレ・ストレッチ・ヨガ・ピラティスを月3,300円ほどでほぼ受け放題できる「SOELU」。

ヨガに特化した業界大手の「LAVA」は月2,000円ほどでほぼ受け放題です。

ダンサー体型を目指すトレーニング情報をまとめていますので、ぜひご覧ください。

kazu

今回は「ディスコ、斬新な振付家、ストリートダンス」についてでした。次回に続きます。
ありがとうございました。

次の記事はこちら。