jazz

「白鳥の湖」第3幕・第4幕のみどころは?
なぜ第3幕が盛り上がる?
黒鳥のパ・ド・ドゥとは?

バレエの大技がたくさん登場する第3幕。とくに「黒鳥のパ・ド・ドゥ」はとても人気です。

記事を書いているのは…

元劇団四季、テーマパークダンサー。舞台、特にバレエを観に行くのが大好きで、年間100公演観に行った記録があります。

kazu

今回は押さえておくと楽しめる「白鳥の湖」第3幕と第4幕のポイントを紹介します。

※3分ほどで読み終わる記事です。

バレエ「白鳥の湖」に関してはたくさん記事を書いています。

「白鳥の湖」のあらすじ(すべての基本であるプティパ・イワーノフ版)
第1幕と第2幕の見どころポイント
第3幕と第4幕の見どころポイント(→お読みの記事)
なぜハッピーエンドとバッドエンドがあるのか?
20以上のバージョンが存在
英国ロイヤル・バレエ団「リアム・スカーレット版」
オーストラリア・バレエ団「グレアム・マーフィー版」

今回は第3幕、第4幕にポイントをしぼって紹介しています。

第3幕のあらすじ

王宮ではジークフリート王子の結婚相手を見つけるため近隣の国から王女たちが招待されている。しかし、ジークフリート王子は前日の夜に出会ったオデットのことが忘れられない。すると、舞踏会に来るはずのないオデットが現れる。

昨日会ったオデットとはどことなく違うものの、オデットの登場に喜ぶジークフリート王子。実はこのオデットはロットバルトの娘オディールがオデットそっくりに変身した姿だった。そうとも知らない王子は、前日のオデットとの誓いを破り、オディールと永遠の愛を誓ってしまう。

ジークフリート王子の前に正体を現したロットバルトとオディール。舞踏会をめちゃくちゃにして去っていくのだった。

ポイント

第3幕はディベルティスマンと呼ばれます。

ディベルティスマン

ディベルティスマンはフランス語で「余興」という意味があり、バレエではストーリーに関係のない踊りのシーンのことをいいます。

20分ほどは各国の踊りが踊られます。「白鳥の湖」では4つの国の花嫁候補が自分のお国自慢という形で踊りを披露します。4つの国は、ハンガリー(チャルダッシュという踊り)、スペイン、ナポリ(イタリア)、ポーランド(マズルカという踊り)です。最近つくられているバージョンでは、うまくストーリーに組み込んでいることが多いです。

「グラン・パ・ド・ドゥ」

最大の見せ場はオディールとジークフリート王子の「黒鳥のグラン・パ・ド・ドゥ」です。主役ダンサーによる踊りのことで、流れが決まっています。

グラン・パ・ド・ドゥ

アダージョ(2人の踊り)
ヴァリエーション(男性のソロ)
ヴァリエーション(女性のソロ)
コーダ(高いテクニックが必要な2人の踊り。一番盛り上がります。)

クライマックスで踊られるのが「グラン・パ・ド・ドゥ」です。このシーンはとにかく技術を見せるシーンです。どれだけ超絶技巧を魅せられるか。このシーンがよければ全部オッケーとも言えるシーンです。

世界バレエフェスティバルより。ベルリン国立バレエ団のゲストプリンシパルであるポリーナ・セミオノワと、シュツットガルト・バレエ団プリンシパルのフリーデマン・フォーゲルによる踊りです。

第4幕のあらすじ

約束を破ってしまったジークフリート王子が、オデットを探しに湖へ向かう。呪いが解けないことを知ったオデットは悲しむ。そこに悪魔ロットバルトがあらわれオデットを奪いに来る。

王子とロットバルトの戦いがはじまる。死闘の末、ロットバルトに勝利する王子。こうしてオデットの呪いが解かれ、ふたりは永遠に幸せに暮らすのであった…。

ポイント

第4幕は、ストーリーに重点が置かれています。最大の見せ場はジークフリート王子とロットバルトの対決です。ただ、対決はけっこう躍動感がないことが多く、もしかしたらびっくりするかもしれません。

今回はハッピーエンドを紹介しましたがバッドエンドのこともあります。大きく3つのパターンがあります。

ラスト3つの展開

・王子がロットバルトを倒し、オデットが人間に戻り幸せに暮らす
・オデットが死を選び、ロットバルトが引きづられるように死んでしまう。死後の世界でオデットと王子が結ばれる
・オデットが死を選ぶ。ロットバルトの呪いは解け、ロットバルトは死ぬものの王子だけが残される。オデットを思い続け生きていく

おすすめDVD

マリインスキーバレエ団、ウリヤーナ・ロパートキナとダニーラ・コルスンツェフによる「白鳥の湖」です。

2000年代後半から2010年代前半まで大活躍したバレエダンサーのロパートキナ。とくにオデットといえばロパートキナといわれています。第4幕の結末、印象に残る演技をたくさん残しています。

kazu

以上、押さえておくと楽しくなる「白鳥の湖」第3幕・第4幕のポイントでした。
ありがとうございました。