jazz

「白鳥の湖」のみどころは?
初心者でも楽しめる?
実際の映像は見れる?

バレエに行きたいけど楽しめるか心配という声をよく聞きます。実際に、バレエは上演時間が長いので全部を楽しもうとすると疲れてしまいます。例えば「白鳥の湖」では、主役の白鳥のお姫様が登場するまで30分ほどかかります。最初から張り切り過ぎてしまうと、白鳥のシーンでウトウトしてしまうかもしれません…。

記事を書いているのは…

元劇団四季、テーマパークダンサー。舞台、特にバレエを観に行くのが大好きで、年間100公演観に行った記録があります。

kazu

今回は押さえておくと楽しめる「白鳥の湖」第1幕と第2幕のポイントを紹介します。

※3分ほどで読み終わる記事です。

「白鳥の湖」はいつまでも魅力的

バレエ「白鳥の湖」は魅力がたっぷりつまっているので、このブログでもたくさん記事を書いています。今回はあらすじや基礎知識については紹介していないので、まずは「白鳥の湖」のあらすじをご覧ください。

「白鳥の湖」のあらすじ(すべての基本であるプティパ・イワーノフ版)
第1幕と第2幕の見どころポイント(→お読みの記事)
第3幕と第4幕の見どころポイント
なぜハッピーエンドとバッドエンドがあるのか?
20以上のバージョンが存在
英国ロイヤル・バレエ団「リアム・スカーレット版」
オーストラリア・バレエ団「グレアム・マーフィー版」

今回は、第1幕と第2幕についてくわしくご紹介していきます。

第1幕:ネクスト・プリンシパル登場

白鳥が登場するまでは30分ほど時間があります。物語冒頭は、王子の誕生祝いのシーンでは友人役の男性1名と女性2名が登場し、10分ほどの踊りがあります。この3人はプリンシパルになる可能性が高い若手のダンサーが選ばれることが多いです。

アメリカン・バレエ・シアターより。エリカ・コルネホ、シオマラ・レイエス、エルマン・コルネホが踊っています。のちにシオマラ・レイエス、エルマン・コルネホはプリンシパルとなりました。

道化師

アクロバティックなダンスを踊る道化師が出てくるバージョンがあります。芸達者なダンサーが多くとても楽しい踊りです。

ベラルーシ国立ボリショイ劇場の待山貴俊(まちやま たかとし)さん。

めがね

ピエロはじゃっかん苦手なので、少し怖かったりもします…。

第2幕:オデット登場

第2幕では湖畔に舞台が移り、白鳥のお姫様であるオデットが登場します。まずはオデットが自分にかけられた呪いを王子に伝えるシーンに注目です。このシーンはかなり演劇的要素が強いです。

このシーンは2つのバージョンがあります。1つ目は、踊りで表現する方法。そして2つ目は、マイム(パントマイムのように動きで物語を伝える)で伝える方法です。演技力のあるダンサーのマイムは説得力があり、一気に舞台に引き込まれます。

マイム版

動きのひとつひとつに明確な意味が与えられていますが、見ていてもなんとなく言っていることがわかると思います。

英国ロイヤルバレエ団より。ナターリヤ・オシポワとマシュー・ゴールディングです。

パ・ド・ドゥ

最大の見せ場はオデットとジークフリート王子のパ・ド・ドゥ(二人の踊り)です。このシーンは8分ほどでバイオリンのソロもあります。空気がピーンと張り詰めて、物音や咳ができる状況ではありません。観客にも集中力が求められるシーンです。

めがね

実際に観に行くときはアメや、水を用意しておくのがオススメです。

マリインスキー・バレエ団より。オデットといえば、といわれるウリヤーナ・ロパートキナとダニール・コルスンツェフが踊ります。

小さな4羽の白鳥

誰もが知るパートかもしれません。ときどき4人の息が信じられないくらい合うときがあります。

kazu

今まで見た最高の4羽の白鳥は、マラーホフのすべてという特別公演で東京バレエ団のダンサーが踊った4羽の白鳥でした。拍手もすごかったのを覚えています。

パリ・オペラ座バレエ団よりかなり豪華なメンバー。たぶん左からファニー・フィアット、ミリアム・ウルド=ブラーム、マチルド・フルステー、ドロテ・ジルベールです。ミリアム・ウルド=ブラームとドロテ・ジルベールは現在エトワール。マチルド・フルステーはサンフランシスコ・バレエ団でプリンシパルです。

映像作品

「白鳥の湖」の舞台映像はたくさん発売されています。

さきほど紹介したウリヤーナ・ロパートキナとダニーラ・コルスンツェフによる名演です。

2,000円ほど。

「白鳥の湖」を映画化したブラック・スワン

ナタリー・ポートマン主演のサスペンス。日本でも大ヒットしました。

バレエ「白鳥の湖」を知っているとさらに楽しめると思います。

kazu

以上、押さえておくと楽しくなる「白鳥の湖」第1幕・第2幕のポイントでした。
ありがとうございました。