jazz

ジョン・クランコ版「じゃじゃ馬馴らし」はどんなストーリー?
初心者でも楽しめる?
見どころは?

舞台上はドタバタで、ダンサーが転ぶ。転んだのはハプニングか、演技なのか…。

バレエのイメージをガラッと変えてくれる作品です。

記事を書いているのは…

元劇団四季、テーマパークダンサー。舞台、特にバレエを観に行くのが大好きで、年間100公演観に行った記録あり。

Amazon Prime 30日間無料トライアル

kazu

今回は初心者でも楽しめるジョン・クランコ版「じゃじゃ馬馴らし」のあらすじと作品解説です。

※3分ほどで読み終わる記事です。

クランコ版バレエ「じゃじゃ馬馴らし」あらすじと解説。女性蔑視に注意

「telegraph.co.uk」より

これってバレエ?

女性主役が殴る蹴る、変顔もする!男性主役はヒゲ面の酔っぱらい!

会場から笑いがあふれる個性的な作品です。

めがね

個人的な感想ですが、僕は途中までは本当に大好きです。ただ、終盤はかなり違和感を感じます。

というのも「じゃじゃ馬馴らし」のテーマはなかなか現代に馴染みません。強情で乱暴な女性を、男に従順な女性に変えてしまう…。

ただ、女性問題に敏感なヨーロッパでも初演時と同じ内容で上演され続けています。昔の価値観を知るためなのでしょうか。

この作品をみると、女性の立場について考えてしまいます。

ジョン・クランコ全盛期の作品

「ロミオとジュリエット」「オネーギン」で成功し、波に乗っていたジョン・クランコによる作品です。

初演:1969年3月16日

ドイツ:シュツットガルト・バレエ団

振付:ジョン・クランコ
原作:ウィリアム・シェイクスピア
音楽:クルト=ハインツ・シュトルツェ(ドミニコ・スカルラッティ作曲による)
装置・衣装:エリザベス・ダルトン

当時のシュツットガルト・バレエ団には抜群に演技力の高いマリシア・ハイデとリチャード・クラガンがいました。この2人を前提として「じゃじゃ馬馴らし」がつくられました。

音楽

「じゃじゃ馬馴らし」はイタリアが舞台です。そのイタリア・ナポリ出身の音楽家(作曲家、チェンバロ奏者)スカルラッティの楽曲が「じゃじゃ馬馴らし」で使用されています。スカルラッティ(1685年~1757年)は「オッタヴィア」というオペラや、550作品を超える鍵盤ソナタの作曲で知られています。

1969年、シュツットガルト州立劇場の総監督であるヴァルター・エーリッヒ・シェーファーのアイディアからスカルラッティの音楽に合わせてバレエがつくられました。当時、ジョン・クランコに音楽の助言をしていたクルト=ハインツ・シュトルツェ(1926年~1970年)がスカルラッティの楽曲を組み合わせます。

スカルラッティの音楽は多彩、多種多様、生き生きしている、という評価が多いです。「じゃじゃ馬馴らし」のコミカルさが、音楽にとてもマッチしているともいわれています。

作品について

全2幕:1時間50分

第1幕:60分
第2幕:50分

上演時間、そして出演者が多くないのでとても見やすい作品です。

登場人物

バプティスタ・ミノーラ:裕福な商人
キャタリーナ:主人公。バプティスタの長女。頭脳明晰だが乱暴
ビアンカ:バプティスタの次女。美人でおしとやか

ペトルーチオ:主人公。ワイルドで大ざっぱだが広い心を持つ
グレミオ:ビアンカに求婚。道楽者
ルーセンショー:ビアンカに求婚。学生
ホーテンショー:ビアンカに求婚。うぬぼれが強いシャレ男

振付のジョン・クランコはパントマイムを習っていたということもあり、パントマイムがたくさん出てきます。ストーリーバレエにおいて、パントマイムが雄弁だとすごくわかりやすいです。

第1幕のあらすじ

20世紀中頃のイタリア。

グレミオ、ルーセンショー、ホーテンショーが美しいビアンカにセレナーデを捧げ求婚している。喜ぶビアンカだが父親のバプティスタは結婚を許さない。ビアンカには姉のキャタリーナがいる。バプティスタは長女であるキャタリーナが先に結婚しなければ、ビアンカを嫁にやらないと宣言する。

キャタリーナはグレミオ、ルーセンショー、ホーテンショーが気に入らない。3人を相手に暴れまわるキャタリーナ。この騒ぎで近所の人達も起きてしまい、大騒ぎになる。

酒場にやってきたグレミオ、ルーセンショー、ホーテンショー。そこには飲んだくれているペトルーチオがいる。娼婦にカネを巻き上げられてしまったペトルーチオが、酒代を払えず困っている。そこに目をつける3人。カネを払う代わりに1つ条件を出す。「キャタリーナという美人でグラマラスで裕福な女性と結婚してほしい」。ペトルーチオは快諾する。

3人が歌、ダンス、琵琶の先生に変装し、ペトルーチオをつれミノーラ家にやってくる。約束通りキャタリーナに求婚するペトルーチオ。しかし、思いっきりひっぱたかれてしまう…。

ビアンカに求婚するグレミオ、ルーセンショー、ホーテンショー。ビアンカはルーセンショーに思いを寄せるようになる。

ペトルーチオはめげずにキャタリーナに求婚し続ける。最初はバカにされていると思っていたキャタリーナもだんだんと心を開いていく。最後にはキャタリーナとペトルーチオの結婚が決まる。

結婚式当日。街の人達はみんなキャタリーナとペトルーチオの結婚は冗談だと思っている。グレミオ、ルーセンショー、ホーテンショーはビアンカとついに結婚できると喜んでいる。

遅れて到着するペトルーチオ。無作法な振る舞いにキャタリーナの気持ちもしぼんでいくが、結局ふたりは司祭の前で結婚する。宴の前にペトルーチオはキャタリーナを自分の家に連れ去ってしまう。

第1幕のみどころ

「じゃじゃ馬ならし」の前半部分はとにかく暴力的で激しい振付が多いです。僕が実際に見たとき、舞台の途中でキャタリーナ役のダンサーにトラブルが起きたこともあります。その時は10分ほど中断しただけで交代することはありませんでしたが、それほど荒れる舞台です。

中でもキャタリーナとペトルーチオの「パ・ド・ドゥ」が見どころです。キャタリーナ役のあるダンサーは「踊ると温かい気持ちになる」と語っていました。

全2幕中、パ・ド・ドゥは第1幕に1つ、第2幕に2つ、合計3つ登場します。通常、バレエのサポートにおいて男性は「女性をどう美しく見せるか」という役割があります。そのため男性は黒子に徹しなければいけないこともあります。しかし、「じゃじゃ馬馴らし」では男性に黒子の印象はまったくありません。男性の存在感があるパ・ド・ドゥは珍しいと思います。

ビアンカとルーセンショーのパ・ド・ドゥも見どころです。もうひとりの主役と言っていいと思います。第1幕では、初々しい愛にあふれたパ・ド・ドゥを踊ります。

舞台の雰囲気や衣装は同じイタリアを舞台にした「ロミオとジュリエット」に似ています。そしてグレミオ、ルーセンショー、ホーテンショーのトリオが、ロミオ、マキューシオ、ベンヴォーリオとオーバーラップします。

ペトルーチオの酔っぱらいのソロを紹介します。

シュツットガルト・バレエ団より。ダニエル・カマルゴ(現在はオランダ国立バレエ団所属)。よくみるとキャタリーナが階段にいます。

第2幕のあらすじ

ペトルーチオがキャタリーナを自分の家に連れていく。文句が多いキャタリーナにペトルーチオは怒ってしまう。テーブルをひっくりかえし、食べ物もぐちゃぐちゃに…。キャタリーナは食べ物もなく、ベッドすらない…。ひもじい思いをすることになる。

街ではカーニバルが開かれている。仮面をつけて楽しむ人々。ついにビアンカに結婚を申し込むことができるようになったグレミオ、ルーセンショー、ホーテンショー。そして3人ともビアンカとの結婚の誓いに成功する。だが、ルーセンショーの企みがあった。グレミオ、ホーテンショーはビアンカと同じ格好をした娼婦と結婚の約束をしていたのだった。

キャタリーナはペトルーチオに反抗するのを諦める。すると、ペトルーチオはとても優しく、ユーモアがあることに気づく。そして、ビアンカの結婚式に2人は向かう。

グレミオ、ルーセンショーとビアンカ、ホーテンショーの結婚式。理想の花嫁だと思っていたビアンカも実はわがままだと気づくルーセンショー。一方、結婚式に招待されたキャタリーナの振る舞いは夫に忠実で素直、そして愛すべき態度であった。

決して見た目だけで選んではいけない、という教訓が込められている。

第2幕のポイント

第2幕からキャタリーナに対する「じゃじゃ馬馴らし」がはじまります。人は見た目だけで判断してはいけない、という教訓はイイと思いますが、「女性は男性に付き従わなければいけない」という価値観が僕はどうしても苦手です。

舞台は相変わらずドタバタ、笑いどころもたくさん、振り付けもおもしろい。ですが、胸にモヤモヤしたものを抱えつついつも見ています。

第1幕ではバラバラだった2人の心がペトルーチオの家では変化があります。そして、最後のパ・ド・ドゥで理想のパートナーシップとなります。


シュツットガルト・バレエ団の作品紹介動画です。当たり役かつハマリ役のスージー・カンとフィリップ・バランキエヴィチ。

内容が時代に合わなくなっているものの「じゃじゃ馬馴らし」はシュツットガルト・バレエ団にとって欠かせない作品です。演劇性が高く、ダンサーに求められるレベルが高い。そして女性ダンサーの荒々しい面、男性ダンサーのワイルドな面が見られるおもしろい作品です。

恋のからさわぎ

残念ながらジョン・クランコ版バレエ「じゃじゃ馬馴らし」はDVD化されていません。ですが、「じゃじゃ馬馴らし」の映画はいくつかあります。

僕がオススメなのは現代版に解釈された青春ムービーの「恋のからさわぎ」。バレエ版とは違う終わり方で僕は納得感がかなりありました。今は亡きヒース・レジャーの出生作です。ジュリア・スタイルズ、そして大スターとなったジョセフ・ゴードン=レヴィッドが出演しています。

「恋のからさわぎ」をみると「じゃじゃ馬馴らし」がさらにおもしろくなると思います。

1,000円ほど。

映画の大ヒットを受け、全20話でドラマシリーズがディズニー・チャンネルでも制作されました。

kazu

以上、初心者のためのジョン・クランコ版「じゃじゃ馬馴らし」でした。
ありがとうございました。