jazz

「テーマとバリエーション」のあらすじは?
特徴は?
ダンサーが緊張するのはなぜ?

「テーマとバリエーション」は20分ほどの作品です。

ダンサーがとても緊張する作品で、幕が上がる前、主役を踊るダンサーは足が震えてしまうともいわれています…。

記事を書いているのは…

元劇団四季、テーマパークダンサー。舞台、特にバレエを観に行くのが大好きで、年間100公演観に行った記録があります。

Amazon Prime 30日間無料トライアル

kazu

今回は「テーマとバリエーション」の作品解説です。

※3分ほどで読み終わる記事です。映像で予習できるようになっています。

ジョージ・バランシン振付「テーマとバリエーション」あらすじと解説

ダンスで音楽を表現する

1970年、ジョージ・バランシンが「テーマとバリエーション」という作品をつくります。この題名は、チャイコフスキーが作曲した「組曲第3番ト長調」の第4曲目「主題と変奏(テーマとヴァリエーション)」からそのまま引用されています。

振付のジョージ・バランシンは「テーマとバリエーション」で試みたことがあります。それは、ダンスで音楽を表現することです。音楽を大事にしたいと考えたジョージ・バランシンは、曲名をそのまま作品の題名にしました。

この作品に具体的な物語はありません。どう感じるか、観客にまかされています。

ジョージ・バランシン振付「テーマとバリエーション」

「テーマとバリエーション」は帝政ロシア時代のクラシックバレエを反映した作品です。踊りのスタイルが古典バレエのため、ダンサーには正確なポジションが求められています。

1947年9月27日初演

バレエ・シアター(アメリカン・バレエ・シアターの前身)

振付:ジョージ・バランシン
音楽:ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー「組曲第3番ト長調から、第4曲〈主題と変奏(テーマとヴァリエーション)」
照明:デイヴィッド・ヘイズ
衣装:カリンスカ

上演時間:21分

「テーマとバリエーション」は、もともとバレエ・シアター(現在のアメリカン・バレエ・シアター)のために振り付けられました。1960年、バランシンがつくったニューヨーク・シティ・バレエ団のレパートリーに追加されました。

そして、世界中のバレエ団で上演されています。日本では、新国立劇場バレエ団、東京バレエ団がレパートリーに持っています。

若さにこだわるバランシン

バランシンは生涯に渡って若いダンサーを重宝していました。この「テーマとバリエーション」も若さあふれる作品です。とくに男性ダンサーは古典バレエと比較にならないほど登場し、どんどん踊りを披露していきます。

勢いが必要な「テーマとバリエーション」。若いエネルギーが必要とされるバレエです。

チャイコフスキー作曲

チャイコフスキー作曲の「組曲第3番ト長調」、第4曲「主題と変奏(テーマとヴァリエーション)」は21分あります。第4曲は12パートにわかれているので、曲がどんどん展開していきます。

出演人数

主役カップルが1組2名
リードカップルが2組4名
群舞のカップルが8組16名

バレエでは主役と群舞のシーンには大きな流れがあります。ですが、この「テーマとバリエーション」ではダンスで音楽を表現するために、主役と群舞の登場順がかなりバラバラです。

主役がいつ登場するのかわからないので、飽きにくい作りになっていると思います。

美しい群舞

「テーマとバリエーション」は遠くから見ると群舞の動きの美しさに気づきます。特に一番最後のパートは出演人数も多く、万華鏡を見ているかのようです。

ダンサーにとっての試金石

「テーマとバリエーション」を踊るためには正確なテクニックが必要で、力の抜きどころがまったくないバレエといわれています。

ニューヨーク・シティ・バレエ団には、こんな話があります。

群舞を踊っていたキャスリーン・トレーシー。主役のダンサーが舞台上で堂々と踊っているのを舞台袖から見ていました。その主役が舞台袖に戻ってきました。すると、その主役のダンサーは震えていました…。そのとき主役のプレッシャーを肌で感じることができたそうです。

そして、このバレエの本当に難しいところは、ガチガチになっていると観客もその空気感が伝わってしまう点です。余裕で踊っているように見えなければいけません。

舞台でリラックスするというのは、天性のダンサーである証拠でもあります。「テーマとバリエーション」を余裕で完璧に踊るダンサーは、天性のダンサーである証拠、といえるかもしれません。

1978年「アメリカン・バレエ・シアター」による公演

バランシンのミューズだったゲルシー・カークランドと、バレエ界のスーパースターであるミハイル・バリシニコフによる「テーマとバリエーション」。1978年、アメリカン・バレエ・シアターによる公演です。指揮は遠藤明さんがつとめています。

この映像をバレエ界の伝説的なダンサーであるシルヴィ・ギエムがFacebookのページで紹介していました。「知的で、エレガントで、完璧。今見てもまったく色褪せない。」と評価しています。

メッセージ

「テーマとバリエーション」は物語がありません。ですが、いろいろなメッセージを感じることができます。

僕は、この作品をみると「肩の力を抜けよ」と言われてているような気がします。

古典バレエのスタイルをカッチリ見せる作品ですが、たおやかに踊るダンサーたちをみると、緊張した空気の中に柔らかい空気を感じます。

ダンスレッスンのことを思い出してしまいました。

ダンスのレッスンに参加していると、真剣に取り組みすぎて顔をこわばらせて踊っている人がいます。でも一方、難しいはずなのに、ニコニコ踊っている人もいます。

ニコニコしている人ほど上達スピードが速かったりします。

そんなことを思い出してしまうバレエです。

残念ながら映像化されてないですがCDは販売しています。

1,000円ほどです。

Amazon Prime 30日間無料トライアル

kazu

今回は「テーマとバリエーション」の紹介でした。
ありがとうございました。