jazz

ヨガの目的とは?
5000年の歴史がある?
日本にあるヨガはエクササイズ目的?

エクササイズの定番となったヨガ。ポーズ、呼吸法、瞑想が日本のヨガの主流です。

もともとインドと深いつながりがありました。ですが、現在日本で主流のヨガは、欧米でエクササイズ目的として開発されたものも多いです。

記事を書いているのは…

元劇団四季、テーマパークダンサー。ニューヨーク留学中にヨガにハマる。ヨガ歴15年以上でRYT200に挑戦中です。

kazu

今回は「ヨガの目的と歴史」についてです。

※3分ほどで読み終わる記事です。

日本のヨガの目的と歴史。エクササイズ目的のヨガは欧米が発祥の地?

ヨガとは?

日本のヨガは、健康的な身体を手にいれることを目的としています。ヨガのポーズ(アーサナ)をとることで柔軟性、体幹、筋力が鍛えることができます。それと同時に呼吸法(プラーナヤーマ)を使い、リラックスしながら集中力を高めていきます。

ヨガは忙しい生活において、休憩時間になることも多いです。ヨガのレッスン中は時間の流れがゆったりとなるため、ふと立ち止まることができます。すると、日常生活を振り返ることができ、気づきが生まれたりすることもあります。

ヨガはエクササイズ的な面と、自分を振り返る時間が確保できるという、2つのイイ面があります。

5000年の歴史

ヨガは5000年以上の歴史があります。もともとヨガは古代インドで輪廻りんね(命あるものが何度も転生し、人だけでなく動物なども含めた生類として生まれ変わること)からの解脱げだつ(現世の苦悩から解放され自由の境地に達すること)を目的としていました。このころのヨガはポーズではなく、瞑想がメインでした。

『ヨーガ・スートラ』

長い年月をかけ、ヨガは各地で独自に発展していきます。

紀元後300年~400年頃、『ヨーガ・スートラ』という経典が編纂へんさんされます。各地に広がったヨガがこのとき集約され本になりました。この本にはポーズがほとんど登場せず、心をコントロールする方法が書かれています。

ハタ・ヨガ

1000年頃、「ハタ・ヨガ」が登場します。ハタ・ヨガはポーズ(アーサナ)と呼吸法(プラーナヤーマ)をとおし、身体を鍛え、心を浄化することを目的にしています。

「ハタ」の意味は?

ハタには2通りの解釈があります。

1:「ハタ」がチカラという意味
2:「ハ」が太陽、「タ」が月という意味で、相反する2つのモノを統合することができるヨガ、という意味

このハタ・ヨガが現代ヨガに大きな影響を与えています。

19世紀末

19世紀末、エクササイズ目的でヨガが欧米に進出します。ヨガがエクササイズと混ざり、独自の進化をはじめます。

20世紀末

ヨガが欧米に渡ってから100年ほどたつと、人気のエクササイズになります。

この頃「ヨガがオシャレ」と思われるようになりました。現在のヨガムーブメントは、インドの伝統的なヨガを起源としているわけではなく、ヨーロッパで発展したヨガが世界中に広がったり、インドに逆輸入さているものです。

インドのヨガの歴史は深くもあり浅くもあり

インドにはカースト制があります。ヨガは位の高い人しか学ぶことができなかったという歴史があります。今はインドでも多くの人に親しまれているヨガですが、ヨーロッパで発展したヨガがインドに逆輸入されました。このヨガが一般の人にも広がっていきました。歴史にすると実は20年~30年くらいです。

このヨガムーブメントが世界中に広がり、日本にもエクササイズ感覚のおしゃれなヨガが入ってきます。

2010年以降

2010年代以降は精神的な側面からヨガが注目されています。それがヨガの瞑想です。マインドフルネス(瞑想で心を落ち着かせる)、座禅などがブームとなり、ヨガの瞑想も注目されるようになりました。

現在のヨガは、アーサナ(ポーズ)を中心に、プラーナヤーマ(呼吸)で身体を鍛え、瞑想で心を落ち着かせる、という点に重点が置かれています。

以上、ヨガの歴史でした。

オススメの本

130万人以上の登録者がいるyoutubeチャンネル「B-life」。人気チャンネルから出版された本で、ヨガのポーズだけでなく食事や哲学など幅広い内容がつまっています。

1,500円ほどです。youtube動画と併せると効果が高くオススメです。

ヨガを試したい方へ

男性にとくにおススメなのがSOELUのオンラインレッスンです。1ヶ月3,000円ほど。ヨガだけでなくピラティス、筋トレなどなどのプログラムが無限にありコスパがイイです。

kazu

今回は「ヨガの目的と歴史」についてご紹介しました。
どうもありがとうございました。

ヨガ講師の資格であるRYT200の勉強をもとにヨガの情報をまとめています。

上達のためのトレーニング情報もぜひご覧ください。