jazz

ヨガ哲学ってなに?
ヨガ・スートラとは?
アシュタンガヨガ(八支則)とは?

ヨガ哲学はなかなかに難しそうに感じます。ぼくは宗教性が苦手なものの、勉強しないわけにはいきません。ただ宗教と距離をとっていることにも気づきました。

記事を書いているのは…

元劇団四季、テーマパークダンサー。ニューヨーク留学中にヨガにハマる。ヨガ歴15年以上でRYT200に挑戦中です。

kazu

今回は「ヨガ哲学」についての紹介です。

※3分ほどで読み終わる記事です。

ヨガ哲学について。ヨガ・スートラ、アシュタンガヨガ(八支則)とは?

そもそものヨガの意味とは?

ヨガは「心の平穏をもたらし、集中力を高め、脳の働きを鋭くする」といわれています。

ヨガの語源はサンスクリット語の「yuj(ユジュ)」に由来します。ユジュには「集める、結ぶ、つなぐ」という意味があります。外の世界(社会)と内の世界(自分自身の心)とうまく調和するという意味につながります。

そのためには3つの行動が重要です。それがマナ(思う)、ヴァチャナ(話す)、カルマ(行動)です。

ヨガ哲学

ヨガ哲学は人生の疑いがなくなったり、心をクリアにすることができる教えです。人生における英知がつまっているといわれます。

ヨガは基本的に文字で伝えられた訳ではなく、口伝によって先生から弟子に受け継がれていました。ヨガは耳で覚えることを基本とするため、ヨガではスルティー(聞く)とスムルティー(覚える)が重要です。だからこそ先生(グル)の存在が重要で、先生は道を示し、最終的には解脱げだつ(現世の苦悩から解放され自由の境地に達すること)まで導いてくれる存在といえます。

ヨーガ・スートラ

紀元前200年頃、インド各地で発展していたヨガの教えを聖人パタンジャリが集め、「ヨーガ・スートラ」が作られます。「ヨーガ・スートラ」の中には195の文章があり、4つの章に分かれています。

「ヨガ・スートラ」4つの章

➀サマディパダ(三昧の章):51の文章
➁サダーナパダ(実践の章):55の文章
③ビブフティパダ(自在力の章):56の文章
④カイヴァリャパダ(解脱の章):34の文章

そして、「ヨーガ・スートラ」にはヴェーダという悟りを開くための方法が書かれています。ヴェーダには古代インドの宗教的知識が集約されています。

ヴェーダは4種類存在します。

4種類のヴェーダ

「リグ・ヴェーダ」
「サーマ・ヴェーダ」
「ヤジュル・ヴェーダ」
「アタルヴァ・ヴェーダ」

このヴェーダにもとづいておこなうヨガをアースティカ(正統派)、ヴェーダを否定するヨガをナースティカ(異端派)と呼びます。

八支則はっしそく(アシュタンガヨガ)

聖人パタンジャリはヨーガ・スートラに基づき、八支則(アシュタンガヨガ)という「悟りに至るための方法」を提唱しています。

八支則(アシュタンガヨガ)には、人生において「どのように生きるべきか」「どのように振る舞うべきか」「どのように反応するべきか」が具体的に示されています。

八支則(アシュタンガヨガ)

①ヤマ(YAMA):自己規律
②ニヤマ(NIYAMA):考え方
③アーサナ(ASANA):ポーズ
④プラーナヤーマ(PRANAYAMA):呼吸
⑤プラティヤハーラ(PRATYAHARA):感情のコントロール
⑥ダラーナ(DHARANA):集中
⑦ディヤーナ(DHYANA):瞑想
⑧サマーディ(SAMADHI):解脱・悟り

①「ヤマ」②「ニヤマ」は、日々の生活に対する心得です。

マットの上でエクササイズするヨガは、③「アーサナ」④「プラーナヤーマ」です。

集中力を鍛える⑤「プラティヤハーラ」⑥「ダーラナ」。

そして最終段階として瞑想である、⑦「ディヤーナ」⑧「サマーディ」があります。

この順番でおこなっていくことがスムーズな流れです。日本では③④が重視されています。ですが、①②も大事にするとヨガがより充実するとされています。

八支則(アシュタンガヨガ)には守るべきものがたくさん書いてあります。ですが心地イイ程度に実践し、自分が苦しいと思うほど厳しくなる必要はありません。どれだけ実践していくか、自分で判断していくのが八支則(アシュタンガヨガ)です。

オススメの本

130万人以上の登録者がいるyoutubeチャンネル「B-life」。人気チャンネルから出版された本で、ヨガのポーズだけでなく食事や哲学など幅広い内容がつまっています。

1,500円ほどです。youtube動画と併せると効果が高くオススメです。

ヨガを試したい方へ

男性にとくにおススメなのがSOELUのオンラインレッスンです。1ヶ月3,000円ほど。ヨガだけでなくピラティス、筋トレなどなどのプログラムが無限にありコスパがイイです。

kazu

今回は「ヨガ哲学」についてご紹介しました。
どうもありがとうございました。

ヨガに関してはさらにこちらでまとめています。

上達のためのトレーニング情報をぜひご覧ください。