話す英語:6ヶ月でスピーキング能力を身につける戦略(5つの原則、7つの具体的な方法)
jazz

英語を半年でマスターするとは?
5つの原則とは?
7つの実践方法とは?

youtube で3,000万回ほど再生されている『どんな外国語でも半年でマスターしてしまう方法』という動画。

「話す英語の勉強方法」として、とても効果的な方法です。

この記事を書いているのは……

アメリカのダンス学部に行くため TOEFL 80点 を取得。帰国後は大学生向けの英語学校で TOIEC や留学向けの指導。TOEIC 905点。

kazu

今回は「話す英語を半年でマスターする方法」です。

※ 4分ほどで読み終わります。

どんな外国語でも半年でマスターしてしまう方法

専門家が自分の得意分野をプレゼンする「 TED TALK 」。2013年、YouTube上にアップされ約 3,000万回も再生されている言語学習の方法があります。

そのタイトルは『どんな外国語でも半年でマスターしてしまう方法』。

講演者はニュージーランドの心理学者、クリス・ロンズデールさん。

動画では、彼自身が半年で中国語をマスターした経験と、心理学を組み合わせた勉強法を紹介しています。

注意点

動画内では文法については語られていません。

ロンズデールさんは「外国語をマスター」=「流暢に話せる」と定義しています。

そのため文法は後からでいい、と断言しています。

ロンズデールさんの方法だと「読み書きは伸びないけど、英語がペラペラになる」と思います。

そのため、学校などで筆記試験がある場合、少し苦労することになります。

オススメの人は?

話す英語を目的にするならロンズデールさんの方法はすごくオススメです。例えば、苦労なく旅行したい、友達が欲しい、映画を原語で見たい、といったものです。

日本で学習をしていると文法や読み書きを勉強している人が多いです。筆記試験が高得点でも、「全く話せない」という人です。

この人たちは下地があるので、コミュニケーションを伸ばしたい場合、ロンズデールさんの勉強方法にいきなり行ってもいいと思います。

一方、ビジネス英語や学校英語(読み書き)、TOEIC で高得点、留学したい、現地で働きたいなら、文法も勉強しましょう。

半年で外国語をマスターするための 5原則

外国語を「早く」「かんたんに」「効率的に」勉強する 5つの原則です。

ロンズデールさんの動画は最後にご紹介します。

5つの原則

1:自分に関わる内容に集中する
2:コミュニケーションのツールとして英語を学ぶ
3:話している言葉がわからなくても、メッセージを理解できたらOK
4:英語学習は表情筋トレーニング
5:楽しく勉強する

それぞれまとめます。

1:自分に関わる内容に集中する

自分に関わる内容とは、好きなこと、興味があること、必要不可欠なこと、自分の仕事、自分の専門分野のことです。

自分に関わる単語や表現、言い回しを学ぶことが重要です。というのも「自分の生存に関わるような情報は、記憶に残りやすい」ためです。

これは外国語に関わらず、みなさんも思い当たる部分があると思います。

では TOEIC で考えてみましょう。TOEICは 多くの大学生が勉強しています。しかし社会人の方がスコアの伸びが良いです。

というのも TOEIC はビジネス英語の試験です。実際にビジネスをしている社会人と、まだビジネスの現場を知らない大学生。学習量をあまり確保できない社会人であっても、大きな違いが生まれます。

2:コミュニケーションのツールとして英語を学ぶ

いつの間にか「英語を勉強すること」が目標になっている場合、伸び率の低い人が多いです。

これは貯金するのが目的になってしまっている状態です。貯金したものを何に使うかが大事なはずなのに、貯めることが目的になってしまっている状態です。

言葉はコミュニケーションの手段です。言語を道具として活用することで、専門分野の勉強をしたり、興味があることを深めていくことができます。

恐れずにコミュニケーションを取っていく。

これはとても勇気のいることですが、一番大事なことです。

とくに日本人は完璧に準備してから英語を話していきたい、と考える傾向が多いように思います。ですが、失敗して大丈夫です。コミュニケーションに挑戦することがなにより大事です。

もちろん言語の勉強が好き、という人もいると思います。そういう人は自然に伸びていくので心配ありません。

3:話している言葉がわからなくても、メッセージを理解できたらOK

会話でわからない単語が出てくると、そこで思考停止してしまうことがあります。

しかし、いちいちそこで会話を止めていてはコミュニケーションが成立しなくなってしまいます。

たとえ完璧に理解できなくてもポジティブなことを言っているか、ネガティブなことを言っているかさえ理解できればどうにかなります。

また、話の前後の流れからだいたいの内容はつかむことができます。

これは日本語では自然にやっています。

「すべてを聞かずともだいたいの内容をつかむことができる」。これが言語学習においてすごく重要です。

4:英語学習は表情筋トレーニング

英語学習は筋トレと一緒です。

耳で聞き、ボディランゲージを加え、表情をつくり、発音していきます。

日本人でも英語を話す人は頬が高く上がっている人が多いです。英語の発音では顔全体を使います。

一方、日本語は口より下しか動かさない人が多いです。そのため、日本人でも英語をよく話す人は、ほっぺたの筋肉が発達している人が多いです。

そして、日本人が英語を話す場合、日本語に比べ声が低くなることが多いです。英語の発声は腹式呼吸が基本です。喉を開き、お腹から声を出すので、声が深くなっていきます。

英語を話すときは日本語と違う発声方法になるため、口周りの筋肉が変わっていきます。

英語の発音を上達させる2つの方法:「喉発音」「口と舌の動き・発声」

5:楽しく勉強する

「悲しみ」「怒り」「不安」の感情があると英語学習は上手くいきません。

反対に「楽しく」「リラックス」「好奇心」という感情があると習得は早くなります。

学ぶときの心理や精神状態が大切です。リラックスするとアルファー波が脳に広がります。

そして、完璧主義に注意です。英語学習では曖昧さに耐えることも必要です。

たとえ全部聞き取れなくてもかまわないと思って、理解できる内容に注意を払っていきます。イライラは勉強の障害になるので、リラックスして勉強していきましょう。

以上、5つの原則でした。

解説動画

5つの原則についてとてもわかりやすく解説している動画をまず紹介します。

「 Chinatsu The Emo 」さんです。

7つの実践方法

5つの原則を理解できたら、実践するための具体的な方法です。

7つの実践方法

1:たくさん聞く
2:ボディーランゲージを身につける
3:単語を組み合わせる
4:頻出の3000語をまず習得
5:カンバセーション・パートナーを見つける
6:表情をマネする
7:単語を日本語に変換しない

1:たくさん聞く

人間の耳はとてもよくできていて、耳に入る音を選別しています。これを「カクテルパーティー効果」と呼びます。パーティーのようにたくさんの人がザワザワと雑談している中でも、なぜか自分に向けられた会話を正確に聞き取ることができます。

英語がたくさん話されている中で日本語で話しかけられると、日本語がスッと浮かび上がりよく聞こえるようになります。これは日本語をつねに聞いているからこそ起きる現象です。

英語学習では、この現象を英語に置き換えなければいけません、

その方法が「英語をたくさん聞く」です。英語を脳でいっぱいにしていき、英語に慣れていきます。

教材は、自分の好きなものを聞きましょう。動画や音楽で耳を英語に慣れさせていきましょう。

2:ボディーランゲージを身につける

英語は話す内容だけでなく、声のトーンやボディランゲージが重要です。コミュニケーションにおける言語の割合の研究があります。

コミュニケーションで言語が占める割合(UCLA 調べ)

7%:言葉
38%:声のトーン
55%:ボディ・ランゲージ

日本語はボディランゲージが少なく、声のトーンも変わらない人が多いです。そのため、ボディランゲージが苦手な人も多いです。

ただしこれは最初だけです。

日本人は空気を読むのがうまいので、コツをつかめば声のトーンやボディランゲージを理解することができます。

言葉以外でメッセージを理解する方法を学ぶことはコミュニケーションにおいてかなりプラスになります。

これは感覚的に英語を理解できているということで、より早く、より正確に状況にあった言葉を操れるようになります。

3:単語を組み合わせる

最初は文法を気にせず単語だけを並べるだけでも大丈夫です。なんとなく意味をくみ取ってもらえます。

「 10個の動詞」「 10個の名詞」「 10個の形容詞」だけでも、1000通りの文章を作れるようになります。

相手に伝われば「言葉」です。

4:頻出の3000語をまず習得

英語の場合、たった 3000語を覚えるだけで日常会話の 98%を理解できるとロンズデールさんは言っています。

逆に言うと、コミュニケーションでは難しすぎる単語を使う必要はありません。

英語は世界中、およそ 15億人が話します。うち第2言語として話している人がおよそ 11億人(英語話者の 75%)です。

難しすぎる単語を使うと逆にコミュニケーションがうまくとれなくなってしまう場面も多いです。

これが読み書き英語と、話す英語の違いです。

話す英語では単語を絞って勉強しましょう。

5:カンバセーション・パートナーを見つける

赤ちゃんは上手く話すことは出来ません。ですが、親が根気よく付き合ってくれるので少しずつ言葉を覚えていきます。これは子どもたちが安心して間違えられる状況が作られているためです。

日本の学校教育で英語を話せない人が大量発生する原因はここにあります。

先生は「間違っても大丈夫」と言います。ですが、「間違えると恥ずかしい思いをする」ということを学生はわかっています。そのため極端に失敗を恐れてしまいます。

日本で英語がうまくなるには 2つのケースがあります。

1:授業を受けている人のレベルとモチベーションが一緒
2:マンツーマン授業

安心して外国語が話せる環境というのがポイントです。

中でもマンツーマンで話す相手が絶対に必要です。この相手をカンバセーション・パートナーと呼びます。僕自身、留学中、大学がカンバセーション・パートバーを割り当ててくれました。

安心して話せる相手がいるだけで、自信がつき、より早く言語を習得できます。

理想的なカンバセーション・パートナーの 4条件

1:突拍子がないことでも、あなたの言うことを理解しようと、一生懸命努力する
2:間違いを正そうとしない人
3:「言いたいのはこういうことですか?」と返し、あなたはフィードバックを活かして適切に話すことが出来る
4:理解できる単語を使って話してくれる

結婚相手はカンバセーション・パートナーとしてはあまり適してないみたいですが、友達・恋人・先生は適しています。ぜひ探してみてください。

外国人の友達・恋人でプチ留学:日本で英語力を飛躍的に上達する方法

6:表情をマネする

口や舌の動きは発音に直結します。英語は顔全体を使うので、表情もマネしてみましょう。

口は楽器と同じです。ネイティブと同じ形をつくることで、口から同じ音が出るようになります。「カタカナ発音」から脱却し、聞く人に理解しやすい発音になります。

ちなみに「 1:たくさん聞く」「 5:カンバセーション・パートナーを見つける」とも共通しますが、誰のマネをするかはけっこう重要です。

日本語を学習する外国人でときどきいる、アニメで日本語を勉強した人。全然問題ないのですが、アニメっぽい表現が多めな日本語になります。

どういう英語を話したいかで、どの教材を使うか決めるといいと思います。

7:単語を日本語に変換しない

単語はイメージで覚えていきます。難しい単語でも日本語に変換せず、直接イメージで覚えていきます。

「 英語 → 日本語 → 脳 で理解」ではなく、
「 英語 → 脳 で理解」とする方法

「イメージで理解しているので日本語の意味が出てこないことがある」

コミュニケーションに関しては、これで問題ありません。会話のテンポが上がり、より早く正確に話せるようになります。

3ステップ英単語暗記法【例文暗記】生きた英語を効率的に覚える

以上、7つの実践方法でした。

どんな外国語でも半年でマスターしてしまう方法

日本語字幕をつけると理解しやすいです。

英語のレベルチェック

「話す英語」のための学習時間の目安は【 200時間 】です。うち 3ヶ月ほどガッツリ勉強できるとその後の勉強時間が短縮されます。

効果的な学習量

インプット:70%(リーディング・リスニング:英文法は先に終わらせ、単語は同時進行)
アウトプット:30%(スピーキング・ライティング)

【 スパトレ 】のレベルチェックは無料なのでぜひ試してみてください。精度が高く、自分に合う参考書がわかり、モチベーションもアップします。

科学的な学習方法で、総合的な勉強ができます。

コスパのいい「 DMM英会話 」もオススメです。

会話特化なのでインプットを自分でやりたい人向けです。

kazu

以上、「話す英語を半年でマスターする方法」でした。
どうもありがとうございました。

「話すための英語」に関する勉強法はこちらにまとめています。