jazz

「America’s got Talent」の審査員、ジュリアン・ハフって知ってる?
どんな映画やテレビ番組に出演していた?
どんなダンスが得意?

ゆりあんレトリィバァさんの「America’s got Talent」の動画が話題になっています。僕も思いっきり笑いました!

今回ご紹介するのは審査員のひとりである「ジュリアン・ハフ」。ゆりあんさんのおかげでジュリアン・ハフの知名度が上がってとても嬉しいです。女優としても活躍していますが、ダンサーとしても有名です。

記事を書いているのは…

元劇団四季、テーマパークダンサー。舞台、特にバレエを観に行くのが大好きで、年間100公演観に行った記録があります。

kazu

ジュリアン・ハフさんをたっぷりご紹介します。ダンサーを目指す人必見です。

※3分ほどで読み終わる記事です。

この投稿をInstagramで見る

 

Julianne Hough(@juleshough)がシェアした投稿

『America’s got Talent』でゆりあん大暴れ

アメリカのオーディション番組「America’s got Talent」にゆりあんさんが登場し、大活躍。世界であれだけ堂々と自分を表現できるゆりあんさん、本当に素敵です。

たぶん日本中が総ツッコミだったと思いますが、ゆりあんが自己紹介で「パフォーマーでダンサーです」っていうのも面白い!!

映像をどうぞ。


審査員席にいるのがジュリアン・ハフです。

ジュリアン・ハフの経歴

ゆりあんはリップサービスとしてジュリアン・ハフのことを好きと言っていたかもしれまがせんが、まずは経歴をご紹介します。

ジュリアン・ハフ(Julianne Hough)

2007年:テレビショー「ダンシング・ウィズ・ザ・スターズ」に初登場。シーズン4~8までダンサーとして出演。シーズン17~21、23~25は審査員として参加。
2008年:カントリーミュージックのCD『Julianne Hough』をリリース(全米チャート3位、カントリーチャート1位)

【映画の出演】
2010:「バーレスク」(ジョージア役)
2011:「フットルース 夢に向かって」(アリエル・ムーア役)
2012:「ロック・オブ・エイジズ」

実は『ハリー・ポッターと賢者の石』に生徒役としてエキストラ出演もしています。

「Dancing with the Stars」(邦題:アメリカン・ダンシングスター)

芸能人やスポーツ選手が社交ダンスの特訓を受け、ステージで勝ち抜きのダンス勝負をおこなうのが『Dancing with the Stars』です。芸能人同士が組むのではなく、必ずプロのダンサーと芸能人がペアを組みます。

プロのダンサーとして出演していたのがジュリアン・ハフです。初登場のシーズン4で2002年ソルトレークシティーオリンピック、ショートトラック金メダリストのアポロ・オーノとペアを組みました。そして、ふたりは優勝します。

Dancing with the Stars – Apolo and Julianne (Freestyle)

アポロ・オーノは日系人で、日本でもイケメンとして話題になっていました。身体もしっかりしているので、リフトも軽々できるし、もともと身体能力が高いので、ジュリアン・ハフはちょっとラッキーな部分もあったかとも思います。でも運も実力のうち。

ハフ兄弟

ちなみにお兄さんのデレク・ハフも出演していました。兄妹でテクニックがピカいち、かつ美男美女。

2人が踊っている動画です。

Julianne and Derek Hough performing the Jive

兄妹でキレッキレのジャイブを披露。お兄ちゃんを肩車して歩いちゃいます(笑)。

バーレスク

僕がジュリアン・ハフを初めて知ったのは映画「バーレスク」です。オープニングで「すごく目立つダンサーがいるな」というのが最初の印象でした。

2,000円ほど。

ジョージアという役を演じています。赤毛で、少しグラマラスになっています。バーレスクダンスは肉感がある方がセクシーなので、増量したんじゃないか、と思います。この動画の一番最後に登場しています。

シェールの存在感がとにかく強いんですが、その存在感に引けをとらずジュリアン・ハフに目が行ったのを覚えています。

リメイク版「フットルース 夢に向かって」

さらに衝撃を受けたのが「フットルース 夢に向かって」です。

1,000円ほど。おススメです。

1984年に公開された「フットルース」のリメイク作品です。オリジナル版ではケヴィン・ベーコンが踊り狂っています。荒々しいテクニックに魂がこもった踊り。あの時代にしか撮ることができない作品です。今、ケヴィン・ベーコンは踊るイメージがまったくないので、ちょっとびっくりするかもしれません。

2011年公開の「フットルース 夢に向かって」は同じ内容の別キャスト版です。主演のケニー・ウォーマルドとジュリアン・ハフ の踊りがとにかくいいです

ストーリーはオリジナルと同じで、同じ曲も使用されています。曲はオリジナルからアレンジされています。ジュリアン・ハフはれた女の子アリエルを演じています。ジュリアン・ハフはダンスムービーとの相性抜群です。


(ダンスは、0:52~)

kazu

今回は「ジュリアン・ハフ」の紹介でした。
ありがとうございました!

ダンサーの方は特に必見で、ジュリアンの踊りはスキルアップにオススメです。少しでも魅力が伝わっていると嬉しいです。