jazz

ニューヨーク・シティ・バレエ団ってどんなバレエ団?
どこで観ることができる?
ジョージ・バランシンとの関係は?

アメリカで一番規模のでかいバレエ団である「ニューヨーク・シティ・バレエ団」

僕の大好きなバレエ団です。バランシン作品を踊るためのバレエ団ですごく個性のあるバレエ団です。

記事を書いているのは…

元劇団四季、テーマパークダンサー。舞台、特にバレエを観に行くのが大好きで、年間100公演観に行った記録があります

kazu

今回は「ニューヨーク・シティ・バレエ団」についてかんたんに理解できると思います。

※3分ほどで読み終わります。

アメリカを代表するバレエ団

「ニューヨーク・シティ・バレエ団(NYCB)」の詳しい説明はこちらからどうぞ。

ここからは動画を紹介します。

子供たちにわかりやすいように作られた動画です。対訳は動画の後ろに載せています。

NYCBの紹介動画

対訳

ようこそニューヨーク・シティ・バレエ団(NYCB)へ。NYCBはアメリカで一番大きなバレエ団です。拠点はニューヨークにあります。

リンカーン・カースティンとジョージ・バランシンによって作られました。2人はアメリカに古典バレエを定着させたいと願いバレエ団を創設しました。

まず2人はダンサーを育成させるために「スクール・オブ・アメリカン・バレエ」というバレエ学校をつくりました。速いステップの習得、音楽性、運動能力を高めていきます。これはNYCBの団員になるために必要な資質です。

団員は、朝に基礎レッスン、昼にリハーサル、夜に公演を毎日行っています。もちろん休みもあって月曜日です。

0:08~

ここが劇場で本拠地です。リンカーンセンター内にある「ディヴィッド・H・コーク劇場」です。白い銅像はティラノサウルスと同じ高さです。劇場内になるシャンデリアは宝石箱にあるダイアモンドのようです。

NYCBでは様々な振付家の作品が上演されています。バランシン振付の「くるみ割り人形」、毎年の新作を見るとさまざまな感情と出会えます。楽しい話、悲しい話、おとぎ話、物語がない作品もあります。私はこのジェローム・ロビンズの作品が好きです。

1:35~

作品をつくっているのはダンサーだけではありません。さまざまな人がバレエ作品を支えています。衣装部は美しいだけでなく、動きやすさを重視しています。

靴の専門家。NYCBの女性ダンサーは毎年12,000足を消費しています。

打楽器奏者、ティンパニー奏者。音楽家はステージ前方の地下「オーケストラピット」にいます。

作品を作り上げる振付家。リハーサルの責任者であるバレエマスター。制作部。理学療法士。経営管理。警備員。などなど。350人が働いています。

そして忘れてならないのが観客です。観客がいなければ公演は成立しません。毎年30万人の観客がNYCBの公演に訪れます。

2:30~

バレエを見るとこんな気持になります。

壮大、特別、喜び、歓喜、刺激、優雅、驚き、疲れ、ハッピー、ハッピー、ハッピー。バレエがどんな気持ちにさせるって?気持ちは言葉では表せない。

NYCBにかかわる方法が知りたい?ワークショップがおこなわれています。NYCBが学校に行きます。全国をツアーで周っています。さらにくわしくはウェブサイトへどうぞ。

アメリカで一番のバレエ団

ニューヨーク・シティ・バレエ団はアメリカで一番の予算規模を持つバレエ団です。

踊られる作品も独自の特徴があり、毎年新作も上演されます。

僕も大好きなバレエ団で、気軽にチケットも取れるのでかなりオススメです。

ニューヨークに留学していたときは学生割(15ドルほど)で毎日のように劇場に行っていました。

ニューヨーク・シティ・バレエ団は席種関係なく空いている席が学生席に代わるので、運がイイ時は1階席ということもありました。

地域への貢献活動も多くやっているとても素敵なバレエ団です。

kazu

「ニューヨーク・シティ・バレエ団」をかんたんに理解できる動画についてでした。
ありがとうございました。

ニューヨーク・シティ・バレエ団についての記事をたくさん書いています。