jazz

2010年に公開されたミュージカル映画は?

2010年は「バーレスク」「塔の上のラプンツェル」と名作が登場しています。

記事を書いているのは…

元劇団四季、テーマパークダンサー。社割で映画が1,000円で観られたときは毎週劇場へ行っていました。最近はネットで映画をたっぷり。

kazu

この記事は「2010年に公開されたミュージカル映画」の紹介です。

※3分ほどで読み終わる記事です。

ミュージカルを身近に!【2010年】ミュージカル映画まとめ

2010年に公開もしくは放送されたミュージカルのリストです。

2010
「バーレスク」(Burlesque)
「キャンプ・ロック2:ファイナル・ジャム」(Camp Rock 2: The Final Jam)
「スターにアイ・ラブ・ユー」(Starstruck)
「塔の上のラプンツェル」(Tangled)
Air: The Musical
Guy and Madeline on a Park Bench
Maximum Shame
Sci-Fi High: The Movie Musical
Score: A Hockey Musical
The Search for Santa Paws

ここから日本で公開された作品を紹介していきます。(本国での公開年となっています。)

「バーレスク」(Burlesque)

出演:クリスティーナ・アギレラ、シェール

小さな劇場で展開されるバーレスクショーのクオリティの高さが光る作品です。音楽、踊りにどっぷりハマります。

歌姫クリスティーナ・アギレラ、大御所シェール、「アナと雪の女王」でアナ役を演じたクリスティン・ベル、そしてダンサー出身のジュリアン・ハフと登場人物も魅力的。

予告編

クリスティーナ・アギレラ、シェールのパワフルな歌声とゴージャズなバーレスクダンスです。

「キャンプ・ロック2:ファイナル・ジャム」(Camp Rock 2: The Final Jam)

出演:デミ・ロヴァート、ジョナス・ブラザーズ

ディズニー・チャンネル・オリジナルムービー「キャンプ・ロック」の続編。

世界的スタートなったデミ・ロヴァートとジョナス・ブラザーズの子役時代全盛期、かなりパワフルな作品です。キャストの数が多く、舞台シーンのスケールの大きさがみどころです。名曲も多く、ディズニー・チャンネルの抱える子役たちのスゴさを実感できる作品です。

『It's On』

次々とキャストが入れ替わるミュージカルらしいナンバーです。

「スターにアイ・ラブ・ユー」(Starstruck)

出演:スターリング・ナイト、ダニエル・キャンベル

ディズニー・チャンネルのドラマ「サニーwithチャンス」のおとぼけイケメン王子キャラ、スターリング・ナイトのために作られたような作品。スターリング・ナイトに落ちるティーンネイジャーが続出したキュンキュンする映画です。王道シンデレラストーリーで、曲もキャッチーです。

予告編

LAを一緒に旅している気分になれます。

「塔の上のラプンツェル」(Tangled)

出演:マンディー・ムーア(声:中川翔子、歌:小此木麻里)、ザッカリー・リーヴァイ( 畠中洋)

ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ長編作品第50作目。はじめて3Dで描かれたプリンセス・ストーリーです。

ディズニー・プリンセスの中でも人気が高く、自ら切り開いていく新しいプリンセス像となっています。

『I See the Light』(輝く未来)

アカデミー賞にもノミネート。作中の中で一番美しいシーンです。

kazu

今回は「2010年に公開したミュージカル映画」のご紹介でした。 ぜひぜひチェックしてみてください。
ありがとうございました。