jazz

2015年に公開されたミュージカル映画は?

2015年は「ディセンダント」「ストレイト・アウタ・コンプトン」「ティーン・ビーチ2」が公開されています。

記事を書いているのは…

元劇団四季、テーマパークダンサー。社割で映画が1,000円で観られたときは毎週劇場へ行っていました。最近はネットで映画をたっぷり。

kazu

この記事は「2015年に公開されたミュージカル映画」の紹介です。

※3分ほどで読み終わる記事です。

「ディセンダント」「ストレイト・アウタ・コンプトン」【2015年】ミュージカル映画まとめ

2015年に公開された作品はこちらです。

2015
「アルビン4 それいけ! シマリス大作戦」(Alvin and the Chipmunks: The Road Chip)
「セシボン」(C’est si bon)
「ディセンダント」(Descendants)
「ジェム&ホログラムス」(Jem and the Holograms)
「ロンドン・ロード ある殺人に関する証言」(London Road)
「ラブ&マーシー 終わらないメロディー」(Love and Mercy)
「ゆれる人魚」(The Lure)
「マイリトルポニー: エクエストリア・ガールズ – フレンドシップ・ゲーム」(My Little Pony: Equestria Girls – Friendship Games)
「ピッチ・パーフェクト2」(Pitch Perfect 2)
「幸せをつかむ歌」(Ricki and the Flash)
「ストレイト・アウタ・コンプトン」(Straight Outta Compton)
「ティーン・ビーチ 2」(Teen Beach 2)
「ザ・ ウィズ・ ライブ!」(The Wiz Live!)
Alleluia! The Devil’s Carnival
Lucky Stiff
Strange Magic

ここから日本で公開された作品を紹介していきます。(本国での公開年となっています。)

「アルビン4 それいけ! シマリス大作戦」(Alvin and the Chipmunks: The Road Chip)

出演:ジェイソン・リー、ジャスティン・ロング、マシュー・グレイ・ギュブラー、ジェシー・マッカートニー
監督:ウォルト・ベッカー

歌うシマリス3兄弟の映画第4弾です。今回は最新ヒットナンバーがたくさん登場します。

シマリス3兄弟の同居人デイブが結婚間近。結婚相手には子供がいますが、シマリス3兄弟と仲がわるい…。結婚を阻止するためにシマリスたちが動き出す。

予告編

予告に使われている音楽はマーク・ロンソンとブルーノ・マーズの「Uptown Funk」をもじった「Uptown Munk」。全編通してシャレっ気があって、アレンジもカッコいいです。途中の「アールビーン!!」はお決まりのセリフです。

「セシボン」(C’est si bon)

出演:チョンウ、キム・ユンソク、ハン・ヒョジュ、キム・ヒエ、チング
監督:キム・ヒョンソク

韓国に実在した音楽喫茶「セシボン」。1970年代にフォークブームを巻き起こした。

フォークデュオ「ツインフォリオ」の結成秘話と、1人の女性をめぐる切ない恋模様が美しい音楽とともに語られます。

予告編

メローなフォークソングと作品のテーマの相性が抜群です。

「ディセンダント」(Descendants)

出演:ケニー・オルテガ
監督:ダヴ・キャメロン、ソフィア・カーソン、キャメロン・ボイス、ブーブー・スチュワート、クリスティン・チェノウェス

ディズニー・チャンネルのオリジナル・ムービー。ヴィランズに焦点を当てた作品で、現在のヴィランズ・ブームの火付け役となった作品です。日本にもヴィランズブームが飛び火し、東京ディズニーシーのヴィランズ・イベントや、スマホアプリの「ディズニー:ツイステッドワンダーランド」が登場しています。

ディズニー映画のその後の世界。ヴィランズたちは小さな島に隔離され、その子どもたちも同じように島から出ることができません。そんな状態を問題に思ったベルとビーストの息子。ヴィランズの子供のうちの4人を自分の王国に招待します。「眠れる森の美女」のマレフィセント、「アラジン」のジャファー、「白雪姫」のイーブル・クイーン、「101匹わんちゃん」のクルエラの子どもたち4人が親の復讐のためにやってきます…。しかし、悪者のこどもは果たして悪者なのか…。

予告編

記憶に残る音楽はあまりないですが、悪カッコいいコンセプトで大ヒットしました。

「ジェム&ホログラムス」(Jem and the Holograms)

出演:ジョン・M・チュウ
監督:オーブリー・ピープルズ 、ステファニー・スコット 、ヘイリー・キヨコ 、オーロラ・ペリノー

平凡な女の子が、人気バンドの一員として世界中のティーンの憧れであるスターに!

予告編

ツッコミどころもあるんですが、ポップな音楽がかなりキャッチーです。そして、家族愛のストーリーです。

「ロンドン・ロード ある殺人に関する証言」(London Road)

出演:オリビア・コールマン、トム・ハーディ
監督:ルーファス・ノリス

2006年、イギリスで起きた売春婦連続殺人事件。英国ロイヤル・ナショナル・シアターが舞台化しました。この舞台をキャストをほぼそのままで映画化した作品です。

いかがわしい雰囲気の街を、そこに住む住人たちが環境を変えていくというストーリーです。ちなみにトム・ハーディは本当に少ししか登場しません。ですが、さすがの存在感です。

予告編

この予告編からもわかるように歌のクオリティは微妙です。こわいものみたさがある人はぜひおすすめです。

「ラブ&マーシー 終わらないメロディー」(Love and Mercy)

出演:ジョン・キューザック、ポール・ダノ、エリザベス・バンクス、ポール・ジアマッティ
監督:ビル・ポーラッド

1960年代、真夏のビーチが似合うポップサウンドのヒットを出し続けた「ザ・ビーチ・ボーイズ」。その中心にいたのが、作詞・作曲からボーカルにいたるまで一手に引き受けていたブライアン・ウィルソン。サーファー音楽が大ヒットする中、ビートルズに影響を受けまったく違うサウンドを発表する。しかし、この挑戦は失敗に終わり、その後脱退にまでいたってしまう。

ここからブライアン・ウィルソンのつらい時期が始まる…。ときは1980年代に移り、再起の様子が描かれる。この映画では現代の部分は出てきませんが、ブライアン・ウィルソンは「ザ・ビーチ・ボーイズ」の活動に再度参加することになります。

予告編

1960年代をポール・ダノが演じ、1980年代をジョン・キューザックが演じます。どちらも個性の光る俳優で、ポール・ダノはこの映画で数々の賞を獲得しています。音楽も演技もかなり見ごたえのある作品です。

「ゆれる人魚」(The Lure)

出演:キンガ・プレイス、ミハリーナ・オルシャンスカ、マルタ・マズレク
監督:アグニェシュカ・スモチンスカ


美しい人魚の姉妹が陸に上がってくる。たどりついたのは1980年代の共産主義まっただなかのポーランド、ワルシャワ。ディズニーの人魚とは違い、もっと妖怪にちかい人魚の物語。

人魚にとって人間は餌。しかし、人間に恋をする姉。グロテスクで不思議でエロティックな映画です。

予告編

説明的な描写も少なく、歌と音楽がかなり多く使われています。

「マイリトルポニー: エクエストリア・ガールズ – フレンドシップ・ゲーム」(My Little Pony: Equestria Girls – Friendship Games)

出演:沢城みゆき、塩田朋子
監督:ジェイソン・ティエッセン

マイリトルポニー: エクエストリア・ガールズの第3弾映画。4年に一度開かれる学校対抗試合がテーマです。その名も「フレンドシップ・ゲーム」。

王道ミュージカルのつくりになっていて、音楽もかなりキャッチーで、つい口ずさんでしまいます。

Friendship Games

日本ではテレビで放送されましたが、DVD化はされていません。字幕なしで売っていますが、中学英語くらいのレベルであれば問題ありません。

「ピッチ・パーフェクト2」(Pitch Perfect 2)

出演:アナ・ケンドリック、レベル・ウィルソン、ヘイリー・スタインフェルド、ブリタニー・スノウ
監督:エリザベス・バンクス

アカペラコンテストを描いて大大大ヒットした「ピッチ・パーフェクト」の続編。前回プロデューサー・俳優として参加していたエリザベス・バンクスが、長編映画の初監督をつとめています。また、1の出演者が続投しているのでクオリティも高いです。

全米アカペラ大会で優勝したアカペラチーム「バーデン・ベラーズ」。スキャンダルを起こし、大会の出場資格が停止されている。復活のチャンスをもらい、優勝するために再度アカペラ大会に挑戦する。

予告編

ふたつの音楽をマッシュアップやアレンジがさすがです。

「幸せをつかむ歌」(Ricki and the Flash)

出演:メリル・ストリープ、ケヴィン・クライン
監督:ジョナサン・デミ

ロックスターになるために夫と3人のこどもを捨てたリッキー。いまもミュージシャンを続けているが、かつてみた夢とは離れた場所にいる。そんなリッキーのもとに娘の離婚の知らせがくる。

メリル・ストリープが実の娘と共演し話題となりました。カバー曲が多いのが特徴です。

予告編

メリル・ストリープ好きなら見ておきたい作品です。

「ストレイト・アウタ・コンプトン」(Straight Outta Compton)

出演:F・ゲイリー・グレイ
監督: ジェイソン・ミッチェル、オシェア・ジャクソン・Jr、コーリー・ホーキンズ、オルディス・ホッジ、ニール・ブラウン・Jr、ポール・ジアマッティ

ヒップホップグループ「N.W.A.」のグループ結成から解散、その後を描いた映画。1986年にカリフォルニア州コンプトンで結成された「N.W.A.」。

暴力ではなく、ラップで理不尽な社会や権力者たちに立ち向かう。警察やFBIにも目をつけられ「世界で最も危険なグループ」と呼ばれるようになる中、大人気グループになっていく。

予告編

とにかくパワフルな作品で、音楽のちからをビシバシ感じることができます。

「ティーン・ビーチ 2」(Teen Beach 2)

出演:ロス・リンチ、マイア・ミッチェル、グレイス・フィップス、ギャレット・クレイトン
監督: ジェフリー・ホーナデイ

ディズニー・チャンネルのオリジナル・ムービーである「ディーン・ビーチ・ストーリー」の続編。1がヒットし、翌年に公開されました。日本ではDVDは発売されていませんが、サントラは発売されています。

前回は映画の世界に入ってしまった主人公たちでしたが、今回は映画の世界の人物たちが現代にやってきます。ギクシャクした世の中が、1960年代の明るい登場人物たちのちからで変化が起こります。

Gotta Be Me

結末はけっこうびっくりします。

「ザ・ ウィズ・ ライブ!」(The Wiz Live!)

出演:クイーン・ラティファ、メアリー・J・ブライジ、デヴィッド・アラン・グリア、NE-YO
監督:ケニー・レオン、マシュー・ダイアモンド

黒人版「オズの魔法使い」のミュージカルです。1974年の初演から断続的に何回も舞台で上演されています。

1978年に映画化された際、マイケル・ジャクソンがかかしを演じたことで、世界的に大ヒットとなりました。今作はアメリカのテレビ局(NBC)が制作した生放送ミュージカルです。

予告編

カラフルでポップで力強いミュージカルです。見て損はありません。

kazu

今回は「2015年に公開したミュージカル映画」のご紹介でした。 ぜひぜひチェックしてみてください。
ありがとうございました。